beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜の中央部の堆積

小倉ヶ浜の最北部、塩見川の左岸河口にあるウドノセまたはGIビーチでは本年9月までに一時的に砂浜侵食が起こり、それが現在堆積が進んで回復中です。砂浜の一時的な変化は普段は届かない高い位置まで波浪の力が及んだ場合ですが、同じ海岸線でも場所によってその結果は異なります。

小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の左岸河口の誤岸ビーチのコンクリート階段に波が届くのは台風の高潮に限られているようです。ただし、今年の台風の大波でもコンクリート階段の一部には届いていませんでした。

本日、12月22日は若潮で、干潮は午前10時ころ、満潮と干潮の干満差は1mくらいで大潮の半分程度です。午後1時にこのビーチに到着したので上げ潮の真っ最中でした。
e0094349_178381.jpg

GIビーチと大きく異なり、乾いた砂のゾーンが幅100mくらいあって、広々としています。
e0094349_1710036.jpg

汀線から満潮線にかけてバームができています。しばらく海が穏やかだったので、バームを越える波が無く、平坦部は湿っていません。小倉ヶ浜は冬でも季節風の影響が弱く、冬晴れの日は快適です。

コンクリート階段では2006年に最初に観察を始めてからずっと堆積が進んでいます。今年の大波でも浸食は起こっていません。

本日の姿と9月1日の写真を比べてみてください。比較のため、同じ位置で撮影しました。
e0094349_17154769.jpg

e0094349_1717113.jpg

9月1日は大波が階段のすぐ下まで来た直後の湿った砂の表面を記録しています。その後の変化はわずかですが、階段の上の砂が少し増えていて、堆積が進んでいます。

階段の別の位置で、松が隙間から生えている場所の変化です。
e0094349_17224429.jpg

e0094349_17231731.jpg

前回の撮影は7月20日だったので5ヶ月前の様子と比較できます。この位置には9月の大波は届いていましたが、侵食は起こりませんでした。そして、引き続き、砂の堆積がゆっくり進行していることが明白です。

このコンクリート階段下で、2008年6月19日にウミガメの上陸跡を記録した時の写真です。修復(または付け足し)部分が白いことが印象的でした。
e0094349_17481741.jpg

あたかもコンクリート階段を守る防波堤のような形でコンクリートの堤防のような構造物が設置されていて、そこに大きな流木が引っかかっていました。

この防波堤モドキは、現在は完全に砂の下に埋没していて見えません。流木も本年9月までは砂の上のネッシーのような姿でしたが最近消失しています。階段が2段分近くの砂の堆積が過去3年半で起こっています。ここでは年に10センチ前後の堆積が起こっています。

大波が届いていなかった部分でも3年半で階段の1段分余りの砂の堆積が進んでいました。同じ位置の写真ではありませんが、階段の数を数えて比べることができます。
e0094349_1827914.jpg
e0094349_18271722.jpg


おまけとして、今年7月20日と9月1日の流木ネッシーの画像です。
e0094349_1753177.jpg

e0094349_1754891.jpg

砂浜の上にコンクリート構造物を置くことのあほらしさを示す証拠物件が見えなくなってしまいました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-22 17:55 | 海岸
<< GIビーチのカラス 海岸の変化(つづき) >>