beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持

国土交通省の官僚たちは自然の営みよりも役所の方が偉い:自分たちが自然を支配すると考えているらしい。

長良川河口堰検証プロジェクトチーム報告書
長良川河口堰検証専門委員会報告書
http://www.pref.aichi.jp/0000048111.html

これらの報告を見ていて不思議な事に気がついた。

「河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持」という概念の中で、「正常」という言葉が行政面で河川管理者にとって利害調整と管理上都合がよい(面倒が少ない)ことという意味で使われているようである。

河川改修事業に関連して「多自然」などという不思議な言葉を持ち出す連中であるから、「正常」という言葉を捻じ曲げてしまうことには驚かないが、彼らの頭の中が正常であるかどうか心配になる。

河川流水の「正常な」機能、その中で特に重要な「生態的な機能」を根本的に損ねるような構造物の建設事業の正当化のために、正常でないことを正常という言葉で粉飾して公金を使う口実にしているように見える。

長良川河口堰の開門調査を頑強に否定している当局の論拠は2点あって、海水の河川への遡上による流域での塩害の発生を防止すること、そして洪水に対する防災とがセットになっている。

海に流れ出る河川では、河口から上流に向けて海水が塩水クサビとなって遡上することが「自然の正常なしくみ:摂理」であり、それによって汽水域が維持され、川の恵みがもたらされる。しかしこれが「河川流水の正常な機能の維持に反する:塩害をもたらす」という正常でない論理を使っているのがコッコーショーのお役人である。

外洋に面した砂浜の侵食と堆積のサイクルは自然現象であってきわめて正常なことであるが、侵食は「正常」ではないのでそれを食い止めるために自然のサイクルを閉じ、事態を悪化させるような構造物を作るロジックとほぼ同じである。

<参考> 松山市サイトに「正常流量について」という説明文書が公開されている。
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/ICSFiles/afieldfile/2007/12/07/siryoseijyou.pdf

昨年3月11日の地震と津波で既存の河口堰の水門などがどのような影響を受けたのか、各地の詳しい情報がほしい。自分が津波の直前に現地を見ているが、津波後の空中写真から気仙沼市の小泉海岸の河口水門は破壊されたようである。津波の方向と平行な川岸の護岸は姿をとどめていても、津波の力をまともに受けた水門は破壊力に耐えられなかったように見える。

長良川の河口堰は長大であり、厚い堆積物層の上に建設されているため直下型地震や長周期の巨大地震にはもろいかもしれない。

1891年の濃尾地震(M8.0)では、長良川の鉄橋が破壊されている(写真が下のURLにある)。
http://research.kahaku.go.jp/rikou/namazu/04nobi/nobi1/nobi1.html

濃尾平野の地盤構造と濃尾地震の震裂波動線
http://www.sharaku.nuac.nagoya-u.ac.jp/laboall/reports/2003nobi/nobi-distr/pdf/05baba.pdf

上のサイトで示された濃尾平野の堆積構造の断面図を見ると、木曽三川の河口部付近では、地下深い地盤が西に傾いた沈降と隆起を繰り返していることが読み取れる。

このように、活断層の真上で、断層線と直角に長大な構造物を造った設計者の太い肝には感嘆するしかない。

大地震に伴って大津波が発生した場合、河口堰は全開して波浪を通過させることになっているが、津波が到達する以前に、地震で堰の支持構造が破壊されて可動部分が機能しなくなったり、電源喪失で動かせなくなったりすることは想定されているのだろうか。

津波とは違って上流から来る洪水については、堰による水位の上昇とそれによる周辺の堤防での越流はないのだろうか。洪水時にも堰の扉は全開となるが、堰の上流側で水位が上昇することは「正常」な現象である。

宮崎県で2005年に経験した大洪水では、耳川の場合はダムの上流側で越流が起こっている。想定以上の(正常でない)激しい降雨が原因であって、自然災害として問題にされなかったようであるが、ダムがなければ起こらなかった洪水であったかもしれない。

川の流水は激しく変動する。それを正常に(行政的に都合よく)維持するという発想が根本的におかしく、正常ではない。洪水の影響を拡大させる河口堰を防災施設と称して建設する役人の頭脳は正常とは思われない。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-14 09:42 | 河川・水路・堰
<< 河川官僚 PCの交代 >>