beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

五ヶ瀬川水系のカワシジミ

これまで集団遺伝サンプルを求めて探索してきた結果、カワシジミ集団が維持される環境条件を満たす水路の共通点が浮かび上がってきました。その基本条件は水が涸れないで流れ続けていることと底に砂が堆積していることの2点に尽きるようです。宮崎県の場合はそれに加えて上流部での水質汚染(畜産施設から流出しているかもしれない消毒剤など)がないことも重要です。

延岡市では南の沖田川と北の北川にカワシジミが生息していることから、中央の五ヶ瀬川(大瀬川)でも生息しているかどうか昨年12月から数回現地を見て回っています。

昨日(2月25日)は五ヶ瀬川(大瀬川)本流の岩熊井堰から導かれている水路を改めてチェックしました。

堰のすぐ下流で左岸に九州保健福祉大学のキャンパスがあって、その付近を流れている水路からゲンジボタルがかなりたくさん現れます。2007年だったと思いますが、それを自分で見た場所で昨年12月にカワシジミの生きたもの2個体を採集しました。
e0094349_8495411.jpg

このコンクリート水路は急流になっていて、底には礫がたまっている場所が少しだけあり、カワシジミが繁殖するには厳しいようです。
e0094349_8522060.jpg
e0094349_8522854.jpg

水路がカーブしているところに階段があり、この砂礫が薄く堆積している場所で前回は2個採れましたが、今回は網が届く範囲でゼロでした(死殻あり)。集団のサンプルにはなりません。

この水路のある吉野町に隣接する天下(あもり)町の農業用水路も見て回りましたが、死殻がたくさん転がっているだけでした。

五ヶ瀬川の岩熊井堰と用水路は、延岡藩によって建設が進められ、1734年に完成したものです。

ようこそ宮崎サイト、岩熊井堰
http://www.0503ak1025.net/zz-iwaguma.html

水路の総延長は30キロとされていますが、右岸の岩熊では水路の本体が確認できませんでした。ただし、地図で見ると、この用水路は沖田川と立体交叉しているようです。

岩熊井堰の右岸にある堰の案内板です。
e0094349_915235.jpg

川岸には神社と鳥居、石碑などがありました。
e0094349_9163519.jpg
e0094349_9164334.jpg

右岸の魚道です。
e0094349_9171540.jpg

左岸の貝の畑側にも同様な魚道が作られていました。
e0094349_918463.jpg

長良川河口堰ではもっと複雑な魚道が両側の川岸に作られています。

この岩熊井堰は上流側の洪水水位の上昇に貢献しているはずです。貝の畑で土地の人に話を聞いたところ、昔は洪水被害があったが高い堤防ができてから問題なしということでした。(2005年9月に大洪水に見舞われて、五ヶ瀬川に架かっていた高千穂鉄道の鉄橋が二つ流出しました)

2005年の五ヶ瀬川の洪水で水に浸かった延岡市の写真は下のURLにあります。
http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/kasen/gaiyou/panf/gaiyou2007/pdf/c1-6.pdf

岩熊井堰は河口から約6キロ上流にあるのでおそらく海水の遡上を止めているでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-26 09:35 | シジミの仲間 Corbicula
<< 西都市の杉安井堰と用水路 塩見川のミミズハゼ >>