beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

芦田川河口堰と河川環境

14日、名古屋で開催された「愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会」に委員として出席した翌日、広島県福山市駅家(下流)と府中市河佐(上流)で芦田川水系のカワシジミの集団サンプルを採集しました。

シジミ採集が終わってから、懸案だった芦田川の河口堰を実地検分です。
e0094349_6484127.jpg

e0094349_6433916.jpg

芦田川は中国地方の一級河川で水質が最悪であることでよく知られています。
e0094349_6363598.jpg

この河口堰は、まさに河口のすぐ上流(右岸約1.5 km)に位置しています。川幅が約500mで、ゲートの数は10門。

上流側と下流側から見た堰です:
e0094349_6415292.jpg

堰き止められた川の水がよどんで濁っていますが、福山市民はこの水を水道用に使っているのでしょうか。
e0094349_6415966.jpg

河口堰と密着した河口大橋が架けられています。
e0094349_647430.jpg
e0094349_6471380.jpg

左岸の事務所には取水量と放水量が交互に電光掲示板で表示されていました。
e0094349_6485893.jpg
e0094349_649522.jpg

川幅全体が堰き止められ、左岸の端にある狭い放水路から川水が流れ出ていました。
取水も放水も毎秒1立法メートル足らずで変動していました。
e0094349_6512866.jpg
e0094349_6513539.jpg

芦田川河口堰は福山市に淡水を供給するために建設されたものですが、そのため海水と川水が混ざる汽水域を完全に失っています。

汽水環境に適応したヤマトシジミは、卵から孵化した幼生の初期において、真水でも海水でも育たないので、生育に適した汽水環境を失うと消滅します。

堰の建設以前と以後の漁獲統計の数字をまだ見ていませんが、地元民は河口でシジミを失っていることをよく知っています。また、モクズガニ資源や海苔の養殖なども大きなダメージを受けたようです。

芦田川ルネサンスネットワーク
http://asidagawa.sunnyday.jp/index.htm

芦田川河口堰に関する政策研究 - 大田祐介
http://kkochan.com/image/pdf/thesis_ysk.pdf

備後の武将と山城 2008-09-26  芦田川河口堰の常時開放を
http://d.hatena.ne.jp/matinoneko/20080926

川カニの王様-モクズガニ
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/1733/sub2/sub2001.html
<魚と違って少しぐらいの堰は越えることができるため,マスやアユのように減ってはいませんが,大型ダムの建設,河川改修による河床平坦化や石積み護岸の減少などで減少の著しい水系も多くなっています。また,汽水域と淡水域の境界付近に着底して稚ガニになり約1月生活するため,河口堰は着底生育場を狭くします。広島県では,河口堰のある芦田川では,ほとんどのぼってこなくなりました。>

長良川で実験的に進められている「堰の弾力的運用」:海水を遡上させずに川の水をできるだけ下流に流すようにゲート操作すること、が芦田川でも行われています。

芦田川河口堰 弾力的放流について
http://www.cgr.mlit.go.jp/fukuyama/kisya/kisya_090903.pdf
これは堰で停滞している水の中で発生するユスリカ対策のためであって、ヤマトシジミなど水産資源は考慮されていないようです。

芦田川の本流に流入する支流の一つ高屋川には国の浄水場(一級河川を管理するのは国)があり、そこに「見る視る館」という教育啓蒙施設があります。
e0094349_7393454.jpg

見る視る館でもらったパンフレットから一部切り抜いて紹介します。
e0094349_74813.jpg

芦田川水系の流域で降雨が少なく、流域面積が狭いことが(水量が少なくなっていて)汚染が激しい理由としされています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-21 06:52 | 河川・水路・堰
<< ゲンジボタルの幼虫が孵化しています ポポーの実 >>