beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ウナギのニュース

アメリカウナギをはじめ、すべてのウナギ類についてワシントン条約で国際取引の規制対象にする提案をアメリカ政府が検討していることが2chのお祭りを招いています。

[時事通信社]米がウナギ規制を検討=日本は慎重姿勢 2012年 7月 17日
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_478920

<郡司彰農林水産相は同日の閣議後記者会見で「(ウナギは)特別に資源が枯渇している状況ではないだろう」と規制に慎重な姿勢を示した。>

脳衰大臣は水産官僚に洗脳されているのでしょうが、まさに「裸の王様」ですね。

米、ウナギ輸出入規制を検討 国際取引「保護が必要」Asahi digital
http://www.asahi.com/national/intro/TKY201207160321.html
e0094349_19583028.jpg

この朝日新聞社がつくった図には韓国が抜けているのは何故だろうか。

ヨーロッパウナギはすでにワシントン条約で国際取引が規制されていますが、アメリカウナギはまだでした(アメリカ国内業者の反発が理由でした:ニホンに売りたいからでしょう)。それを今のタイミングで出してくるのは、さすがに政治的なセンスがあります。

アメリカウナギの資源動向について最新情報が下のURLに詳しく出ています。
Species Profile: American Eel Stock Determined to be Depleted
16 July 2012
http://www.thefishsite.com/articles/1409/species-profile-american-eel-stock-determined-to-be-depleted

The 2012 benchmark stock assessment and peer review have
concluded that the American eel population is depleted in US
waters. The stock is at or near historically low levels due to a
combination of historical overfishing, habitat loss, food web
alterations, predation, turbine mortality, environmental changes,
toxins and contaminants, and disease. Although fisheries are a
fraction of what they were historically, eel support valuable
commercial, recreational, and subsistence fisheries. Reported in the
Atlantic States Marine Fisheries Commission April/May Newsletter.

フィリピンのニュースですが、ウナギのシラスの密輸出が検挙されたそうです。

These baby eels were not that slippery
Published on Monday, 09 July 2012 00:00 Written by JAY CHUA

THE Bureau of Fisheries and Aquatic Resources yesterday seized some two
million young eels or elver, declared as “live grouper,” as the shipment was
about to be loaded on a Cathay Pacific plane bound for Hong Kong.

カガヤン川で採捕されたと見られる2百万匹のシラスウナギが「ハタ(これも養殖されている高級魚)」と称されてフィリピンからホンコンに向け空輸されるところを空港でキャッチ。

これはニホンウナギとは別種のようです。ホンコンからどこに流れるかわかりませんが、最終的に日本で消費されるために養殖されるのでしょう。

おまけ:オーストラリア博物館サイトで紹介されているオオウナギの写真(東大海洋研のcopy right)
e0094349_2018851.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-07-17 20:23 | 日記
<< 長良川河口堰周辺のヤマトシジミ ポポーの苗 >>