「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

長良川河口堰周辺のヤマトシジミ

建設省と水資源開発公団(当時の名称)が公表した「長良川河口堰調査報告書」(平成7年7月)全4巻を名古屋市の古書店に注文を出してあったのが、さきほど配送されてきたので、堰の運用直前に調査されたヤマトシジミなどシジミ類の分布データを見ることができました。

水資源機構、長良川河口堰管理所のサイトで事業者側が行った調査の概要が説明されています。

長良川河口堰事業で行った環境調査
http://www.water.go.jp/chubu/nagara/25_torikumi/kankyouchousa.html

e0094349_1503068.jpg

報告書の第3巻の第6章に動植物や魚貝類の生息状況(章全体で320頁)が記述されています。
e0094349_1522035.jpg

この報告の調査が実施されたのは平成6年(1994年)度で、堰が塩水遡上を止める前の状況がわかります。その後の5年間のモニタリング調査の報告書なども公表されていますが、まだその一部しか入手していません。

平成22年度以降のフォローアップ委員会報告はオンラインでpdfファイルが公開されています。
http://www.water.go.jp/chubu/nagara/20_followup/index.html

18年前の1994年には木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の汽水域、特に河口堰よりも上流側でヤマトシジミが高い密度で生息していたことをデータから見ることができます。

下は9月の調査結果(スミス・マッキンタイヤー採泥器で川底の砂泥を0.25平方メートル分の面積から切り取って、5ミリメッシュのふるいで残る生貝をカウントしたデータを地図の上で示したものです。図の中の数字を4倍すれば1平方メートルあたりの個体数となって、河口堰(当時は建設中)の周囲で特に生息密度が高く、1000~5000個体/平方メートルでした。木曽川が揖斐川・長良川より少ないこと、そして分布密度が上流側で高いことが印象的です。

この調査では河口から15キロ上流まで合計115地点が調査されました。(このほかに、より広範囲に、長良川では57キロ上流地点までの一般調査も行われていて、淡水シジミの分布データもあります)
e0094349_15242568.jpg

上と同じで河口堰に近い部分をアップしておきます。
e0094349_15243990.jpg

この報告では不思議なことがいくつかありますが、図の説明にある「ヤマトシジミ類」というのが理解できません。本文中には、ヤマトシジミ類とした理由を外来種のタイワンシジミが混在していると見られると説明しています。しかし、タイワンシジミとされるものはマシジミと同様に淡水産であり、通常では汽水域に分布していないはずです。また、殻の形態(特に同心円状の肋の突出状態の違いを見ればヤマトシジミとタイワンシジミは容易に識別できます。

ヤマトシジミはマシジミと同様に生育段階と生息環境の差異で殻の表面の色彩が異なり、また同一集団内での個体間で色彩変異があります。瀬戸内海や有明海のヤマトシジミは殻の表面が黄色やオレンジ色のものが多くありますが、木曽三川集団でも個体変異があるのかもしれません。

一般的に流通しているヤマトシジミは殻の表面が黒いので、シジミは黒い貝であるという先入観がもたれているようですが、実際はべっ甲色(褐色)などの地色に対して表面に沈着した硫化鉄によって黒く変色していると思われます。

ここで紹介している長良川河口堰調査の貝類に関するアドバイサーは当時の三重県水産技術センター所長の関政夫氏でした。この方はアコヤガイやハマグリなどの貝類についての報告がありますが、おそらくシジミ類に関して詳しくはなかったのでしょう。

別項目の稚貝調査では、川岸のヨシ群落の中にヤマトシジミの稚貝が多いかどうか調査しています。稚貝調査では1ミリメッシュのふるいを使っているので、ヤマトシジミの初期稚貝が0.2mmから定着することと、足糸を使ってヨシの植物体などに付着するのがごく若い時代に限られた生活様式であれば、見当違いの調査になっていたのかもしれません。(宍道湖では付着器で稚貝を集めているようですが、三重県の鈴鹿の研究センターの木曽三川での実験では付着器に稚貝の定着が見られなかったそうです)。

お金と手間をたっぷりとかけた調査ですが、事業者が運用開始を急いでいた時に反対運動が高まって大臣命令で短期決戦でやっ(つけ)た調査ですから、報告を詳しく読めば突っ込みどころはボロボロと出てくるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-20 16:16 | シジミの仲間 Corbicula
<< 日本自然保護協会の河口堰に関す... ウナギのニュース >>