beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フナが金魚に変身

カワシジミの養殖で給餌システムに必要な微細藻類を繁殖させるため、半年前から90センチ水槽でフナを飼育しています。

シジミ養殖水路の上流にプールを作り、魚を飼育して藻類を増やすシステムです。

実験用のフナは琵琶湖から来たニゴロブナで、5匹を4000円で購入しました。

ニゴロブナは滋賀県で郷土料理の発酵食品「鮒ずし」に使われる魚で、現地では養殖されています。

ニゴロブナを養殖し、昔ながらの「鮒ずし」を復活
http://www.watashi-kigyou.com/000595.htm

金魚用の餌を与えて飼育していたところ、5匹の中で「1匹だけ」オレンジ色に変色したのでびっくり仰天。
e0094349_820249.jpg
e0094349_820861.jpg


そもそも、金魚というのはフナの突然変異であるヒブナから派生したものですから、野生のフナ集団の中でオレンジ色の個体が生まれて出てきても不思議ではありません。

しかし、飼育途中で突然変身するというのはとても奇妙です。

皮膚組織にあるメラニン生産の仕組みが突然機能しなくなったのでしょうか。

カワシジミの殻の色彩で、ビリベルディンの濃い紫色の発色がヒンジのところだけに限定される「カネツケ型」の生まれる仕組みが気になっていますが、色素沈着の物理化学について研究が進んでいないので謎に包まれています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-26 08:29 | 魚類
<< 熊本県御船町の恐竜博物館 大分県臼杵のカワシジミ >>