beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

庵川干潟の貝類

干潟の貝類調査で採集された主な二枚貝類を種類ごとに紹介します。

干潟の面積が1万平方メートルあまり、そして方形枠での採集面積は全部で3.75平方メートルしかありませんでした。つまり、わずか干潟の0.03%程度を調べただけです。
e0094349_834999.gif

上の地図は模式的に描いています。3本の調査側線のそれぞれの間隔は20m、定点の間隔は25mで、全体として干潟の西側に偏って調べました。

各採集地点で枠内に見られた貝の種類と数、大きさはテンデンバラバラですから、それぞれの貝がこの干潟でどれくらいの個体数で生息しているのか、生息密度と面積をかけて推定しても精度は極めて低いものです。さらに網袋のメッシュが約5mmですから、ごく小さい個体は採集されていません。

ハマグリは3本の側線のうちもっとも東側の1本だけでみつかり、線上の5地点中3地点から大小合計4個体でした。
e0094349_11164561.jpg

1平方メートル当たり約1個体の密度なので、干潟全体の生息密度が同じであったとすれば、網目にかかる大きさのハマグリの数は1万個体のレベルとなります。ただし、この貝は稚貝が粘液糸を出して流れに乗って移動する習性があるため、集中分布している場所があるはずです。

スダレハマグリは合計6個体で、中央の側線に集まっていました。
e0094349_11293898.jpg

アサリとシオフキは3本の側線全部でほぼ満遍なく現れ、それぞれ40~50個体、つまり1平方メートル当たりに10個体以上の生息密度でした。干潟にはおそらく10万個体のレベルで生息しているでしょう。

下はアサリの大きい個体だけの集合写真です。殻の色彩・模様に個体変異が激しいのはアサリが二枚貝の中のチャンピオンです。
e0094349_11343668.jpg

次はシオフキの大きい個体の集合写真です。
e0094349_11344566.jpg

サクラガイの仲間がかなり数多く採集されていますが、これは食用にならず、潮干狩りで相手にされません。多分ユウシオガイという貝です。
e0094349_11405530.jpg

この貝も同じ種で個体による殻の色彩変異が見られます。ピンク、黄色、そして白に分かれているようでした。外海の砂浜に多いカバザクラというサクラガイの仲間でも同様な色彩変異があります。

シオヤガイは泥干潟に多い南方系の二枚貝です。
e0094349_11474423.jpg

オキシジミも南方系で泥干潟の貝です。
e0094349_11501283.jpg

沖縄の干潟でオキシジミは泥に深く潜っていて、干潟の表面を鉄筋棒で突くと、泥の中の貝が反応して潮を砂泥の上にぴゅ-と吹あげます。表面から深さ5センチくらいまで掘って採集した中に大きい個体が1個出てきて、びっくりしました。

沖縄ではこの種をハマグリと呼ぶ人たちがいて、調査で混乱しました。鹿児島では牛のひづめと呼ばれていました。シジミという名前がついていますが、シジミの仲間ではありません。

2007年の宮崎県のレッドリストの改定で、干潟の貝類の多くが追加されています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/shizen/reddatabook/2007kaitei.html

このリストに追加された二枚貝の中にハマグリ、オキシジミ、シオヤガイ、スダレハマグリ、シオヤガイ、ユウシオガイが含まれています。また、今回の採集調査で1個体だけ出てきたソトオリガイもリストに含まれています。
e0094349_1255484.jpg

以上のように、今回の調査で採集された二枚貝の大多数がレッドリストに含まれます。

宮崎県沿岸は熱帯性の貝類の北限分布域となっていて、干潟が少ないため、このような貝類がのきなみ絶滅危惧種となっているのです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-15 12:11 | 海岸
<< 熊本県甲佐町の水路と淡水シジミ 庵川干潟のハマグリ >>