beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貝塚出土と現生の貝の比較

ハマグリの貝殻は一様ではなく、殻の輪郭と表面の色彩模様が個体間で変異に富んでいます。そして成長に伴うそれらの変化、さらに地理的な集団間の差異も顕著です。つまり、ハマグリには形と色の違いが地域ごとにあって、それぞれの地域集団で特徴を持っています。

ハマグリは、ほぼ日本全国に分布(現在は北海道を除く)していて、貝塚から出る貝殻の主要な部分を占めます。残念ながら現生集団は各地で地域消滅(たとえば東京湾)あるいは衰退しています。

地球環境は時代を追ってゆらいで変化してきたので、同じ場所でも過去と現在の環境の差異があって、それが生物に影響を及ぼしています。縄文時代の前期は特に温暖な気候で、ハマグリの殻は北海道の遺跡から出土しています。その当時、九州南部は現在の沖縄の気候に近かったようです。

鹿児島県の南さつま市、金峰町にある<阿多貝塚>からハマグリの殻が出土していて、南さつま市歴史交流館金峰に収蔵されています。
http://www.jomon-no-mori.jp/sensikodai/182.pdf
金峰町教育委員会(1978)「阿多貝塚」『金峰町埋蔵文化財調査報告書』

南さつま歴史年表 http://www3.synapse.ne.jp/hantoubunka/kaidou/chronicle.htm
縄文前期BC4000~阿多貝塚:地球温暖化で海面が上昇し、阿多貝塚の付近が海岸線となる。ハマグリやマガキの貝殻や、轟式(とどろきしき)土器、鏃(やじり)、骨針などが出土するなど、安定した海辺の生活が見られる。

阿多貝塚の現在の位置は内陸部ですが、貝塚ができた縄文時代は海辺であって、吹上浜に流れ出る万之瀬川の河口近くだったはずです。

阿多貝塚から出土したハマグリの殻サンプルを借りて写真撮影と殻の各部を計測してデータを得ることができました。左右バラバラ、合計30個、殻の長さは4センチ以上で最大は9センチ弱でした。下は代表の2個です。
e0094349_14325768.jpg
e0094349_14324960.jpg


万之瀬川の河口の外側には吹上浜が広がっています。かつてはチョウセンハマグリの産地でしたが、砂浜の浸食が激しく、全長約30キロの海岸線のどこにも、死殻だけで生きている貝を見つけることができず、消滅状態となっています。

ところが万之瀬川の河口の内側にある河口干潟にはハマグリが健在でした。2003年、現地を訪問した時は地元の人たちがさかんに潮干狩りを楽しんでいました。このとき集めたサンプルは不十分だったので2007年に再び現地を訪れ、ハマグリの漁師が地元のスーパーに卸して販売していることを突き止めました。
e0094349_14371078.jpg

上は合計365個の生きていた貝の殻サンプルです。4センチ以下の大きさが大多数でしたが、4センチ以上が30個(左のトレイ)あって、貝塚の殻と統計的な比較が可能になりました。4センチ以下の貝は殻の色彩模様で型を分類しています。濃い茶色(チョコレート色)の殻は出現率が1割弱でした。

結果は、万之瀬川が育てた昔のハマグリは現在のものと明らかに殻の形が違っていました。それが何を意味するのか、その推論はここでは控えます。外の各地でも同様な調査を進めているので全体像が見えてくれば論文になります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-12-11 14:42 | Meretrix ハマグリ
<< ハマグリ稚貝の色違い ガマズミの赤い実 >>