beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

加江田川のカワハマグリ

宮崎県では外洋(日向灘)に面した砂浜にチョウセンハマグリ、そして砂浜に出る河川の河口にハマグリが生息しています。

昔からチョウセンハマグリが単に「ハマグリ」、そしてハマグリは「カワハマグリ」と呼ばれていました。
e0094349_10340017.jpg
e0094349_10341683.jpg
青島に流れ出ている加江田川の河口で、昨年潮干狩りで宮崎市在住のHさん夫妻によって採取されたカワハマグリの殻サンプルを借りています。中身を食べた後、殻を保存していて、大小84個あるので立派な集団サンプルです。1昨年のサンプルも保存してあるそうなので、それも借りて殻の計測と色彩型の頻度のデータを出すつもりです。

門川町の庵川の内湾干潟で採集されたハマグリのサンプルと比較するためのよい標本です。

門川では外来のハマグリを放流していませんが、日向市の塩見川はもちろん、宮崎県内の河川ではほとんどの漁協が「移植放流」つまり、よその産地のハマグリを放流しているようです。熊本県産のハマグリは宮崎の土着のカワハマグリと識別が難しいのが困ります。(チョウセンハマグリは日向灘の集団と鹿島灘など外来集団とは殻の形と色彩模様の頻度が違っているので識別可能です。なお、分子集団遺伝での検討はまだこれからの課題です)。

外来集団の移植放流は原則禁止にすべきなのですが、漁獲が減ると短絡的に放流事業が行われ、また漁協の「漁業権」の更新に条件付けで「義務放流」という間違った行政慣行があります。漁業者は放流の効果に疑問を抱いているのですが、行政のアリバイ実績つくりに同調しておかないと「漁業権」更新で意地悪をされる懸念があるようです。

近年のアサリとシジミの全国的な漁獲の減少に「放流事業」が貢献しているかもしれません。まだ証明されていませんが、新興病原ウイルスによる疫病が、国内と国外からの外来集団の放流事業で広がっているかもしれません。口蹄疫や鳥インフルエンザと似た問題です。

シンジュガイの養殖では、南太平洋で外来クロチョウガイの移植で疫病が広がり、日本でもアコヤガイのウイルス病が伊予灘で起こりました。最近では、マガキのヘルペスウイルス症がフランスから始まって移植でヨーロッパに広がっています。もし、このカキヘルペスウイルスが日本に入ったら、カキ養殖が壊滅する恐れもあります。ヨーロッパのカキ養殖のカキは元は日本のマガキと同種ですので、感染に種特異性が高いウイルスに感受性が高いはずです。

貝の病気の専門家が論文で「外来集団の移植について」警告していますが、水産庁は問題が発生するまで放置プレイでしょう。(脳衰官僚は権益には熱心ですが、検疫には興味がないようです)

二枚貝の病気 良永 知義(2005) 
日本水産学会誌 Vol. 71 (2005) No. 4 P 654-657 (特集 海外からの病気の侵入)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/suisan/71/4/71_4_654/_article/-char/ja/

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-14 10:54 | Meretrix ハマグリ
<< かわばる自然公園(木城町) パリ自然史博物館の「マシジミ」 >>