beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アメリカに移植されたアサリ

e0094349_18262049.jpg
カリフォルニア州のDepartment of Fish and Game, Marine Fisheries Branchが1953年に出版したCommon Marine Bivalves of California (John Fitch, Fish Bulletin No. 90)の67頁にアサリの記述があります。

日本のアサリがアメリカに移植されたのは1930年代と推定されています。日本からカキの種苗がアメリカに輸出されていたので、それに伴って偶発的に移入したという説もありますが、ハマグリも同じ頃に移植が意図的に試みられ、その結果は失敗に終わったことが報告されていますので、アサリの移植も意図的だったかもしれません。

この本は1950年代の情報ですが、すでにアメリカの北、カナダまで分布を広げていました。

アサリはワシントン州でもカリフォルニアと同様に重要な水産資源となりました。

Manila clams (Venerupis philippinarum)
http://wdfw.wa.gov/fishing/shellfish/clams/manila_clams.html

ハワイのカネオヘ湾でも移植され、資源研究報告があります。
Yap WG. 1977. Population biology of the Japanese little-neck clam, Tapes 
philippinarum, in Kaneohe Bay, Oahu, Hawaiian Islands. Pac Sci 31(3): 223-244.

アサリの学名は、上のように、属名がTapesからVenurupisに、種小名はdeccusatusから philippinarumに変わっています。

さらにヨーロッパでもフランスに移植されたアサリが重要な水産資源となりました。ところがスペインなどでは在来の同じ属の(ヨーロッパアサリ)との関係で、あまり歓迎されていません。

フランスの国営水産研究機関であるIFREMERが、1997年にアサリに関する水産関係の論文と報告をまとめていて、1400編以上あります。
A bibliography of the Manila Clam TAPES PHILIPPINARUM
http://archimer.ifremer.fr/doc/1997/rapport-3221.pdf

<The overal1 worldwide production reached a total of 632,925 metric tons in 1994 
with 90% from aquaculture, and mainly from China. > 

おもな産地は中国、1994年の世界全体の生産量は63万トン以上でした。(当時、日本では、約5万トンの生産量、最近は激減して1万トンを割っています)。

中国産のアサリが日本のアサリと同種かどうか、最近発表された分子集団遺伝の解析結果から疑問視されています。

アサリとカキは日本から欧米に移植され、新しい重要な水産資源となりました。このような移植放流の(経済的)成功例もありますが、最近では環境原理主義が強まっていて、水産資源生物の国際間の移植は問題視されています。また、移植に伴うマイナス面も表面化しています。

ニュージーランドに移入した海藻のワカメは嫌われています。これは船舶に運ばれたもので、非意図的な移入です。移入した場所で新たな資源として利用されるならば歓迎されたかもしれません。

Status of the introduced brown seaweed Undaria in New Zealand
http://www.conservation.gen.nz/documents/science-and-technical/casn112.pdf

ワカメは、世界の侵略的外来種ワースト100 (IUCN, 2000) 選定種の1つとなっていますが、アサリはOK、というのは人間の勝手な評価です。

[PR]

by beachmollusc | 2014-01-25 19:21 | その他の貝類
<< 東北大を訪問 下関王司のハマグリ >>