beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向市のチョウセンハマグリ漁獲量

e0094349_18023687.gif
日向市の小倉ヶ浜と金ヶ浜のチョウセンハマグリの年間漁獲量の変遷について、漁獲データを整理中です。

2004年までのデータは水産試験場の報告などから得ていましたが、その後のデータ(1995年から2013年まで)を日向市の市議会議員の松葉氏から頂いたので、組み合わせてグラフを作成しました。1995年から2004年の10年間はそれぞれの数字が一致していませんので並べて図に示しました(変動傾向は合致しているので、会計年度とカレンダー年度の集計区間のずれかもしれません)。それぞれ、上の図で、旧データと新データとしています。

1996年のピークについては、地元の人たちが記憶していますが、一過性の豊漁で、1998年にはほぼゼロに減りました。その後は2006年まで不漁が続き、日向市から県水産試験場にSOSが出され、2007年度に緊急調査が行われました。

2007年の調査では、稚貝の生息量が高い水準であった上に、年間漁獲量が8トンに増えました。しかし、それも束の間、2008年以降はジリ貧状態となって、2009年には塩見川河口周辺で大型のチョウセンハマグリ(産卵母貝)の大量死が起こり、2011年から昨年まで3年間はゼロ漁獲となっています。

鹿島灘産チョウセンハマグリの放流の記録もあります。
e0094349_18385308.gif
2003年度の放流は母貝で、それ以前は稚貝のようですが、大きさや個数のデータは無く、放流された全重量の記録しか残されていません。鹿島灘では1990年代から稚貝の発生が乏しくなったため、日向市で入手できなくなっていました。2005年以後の放流はありません。

放流された稚貝がどれくらい生き残って、どれくらい成長し、それが漁獲増大に効果があったかどうか、については全く情報がありません。上の2つのグラフを見比べて、種苗放流の効果のあるなしは読み取れません。その判断に必須の、放流効果を調べる貝のマーキング調査が行われていなかったようです。

2009年の母貝の大量死は(水産試験場に検体が送られて調べられたようですが)原因不明でした。私の印象では、事件の直前にあった、まとまった降雨で流出した毒物による急性中毒ですが、後の祭りでしょう。一過性の現象を後から検証するのは困難です。

2010年以後、小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの稚貝の発生は乏しいままです。最近水産試験場が調査したデータでも、稚貝の生息量が低い水準のようです。このままでは地域絶滅の恐れも考えられます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-11 19:07 | Meretrix ハマグリ
<< 久しぶりの積雪 ハマグリの講演会 >>