beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

はまぐりの講演会


日向の至宝、碁石ハマグリ(チョウセンハマグリ)の復活のために

終戦直前の1944―45年に日向のチョウセンハマグリ資源・生態を調べた宮崎一老(著書:二枚貝とその養殖、いさな書房、1957年刊)は63頁に以下のように記している:

「宮崎県下で、単にハマグリといえば本種を指すのであって、河口付近に、極少量生息している普通のハマグリはこれをカワハマグリと称して、一部の業者が認識している。県内における主産地は、図示の通りで、外洋に面した比較的高い鹹度(: 塩分)の海区である。年産額1-2万貫内外が採取されているようである。しかし、この内でも、県中部の富島(: 現在の日向市)沖合のものが特に成長良く、老成すると、殻長13センチ、空殻の重量400グラム程度になる。貝殻は重厚、雄大という感じで、厚さ3分以上の高級碁石の原料として業者から賞用されている。食用としても優秀で、肉質柔軟、甘味に富み、鮮食、調理共に適している。この地区に、県下の碁石製造業者が集まり、その原料として生貝のみならず、地下数メートルに埋没している死殻の採取も行っている。(後略)」

下図は日向灘における1966-2013年の間のチョウセンハマグリの漁獲量を示す。
e0094349_04220322.gif

 漁獲量は、漁協データ(1969-2012年)、そして金丸(1980:日向灘のチョウセンハマグリについて、栽培技研、9: 1-11)に記録されたデータ(1966-1968年)による。


上に引用した文章にある、年産1~2万貫程度は50トン前後である。

日向灘のチョウセンハマグリの漁獲量は変動が激しく、約10年周期で大きな変動が見られ、1996年に約40トンを記録したが、1999年は13キロであった。その後は低迷を続け、2007年の8トン半と2008年の5トン弱を除けば2トン以下であり、2011年は240キロ、2012年度はゼロとなった。昨年2013年の数量はまだ出ていないが、ほとんど漁獲が無い。

2009年7月に塩見川の河口周辺でチョウセンハマグリ成貝の大量死が起こり、続けて2010年10月にかけて、小倉ヶ浜の南部で稚貝の異常な打ち上げ死が繰り返し見られた。

日向のハマグリ資源の復活のために何が求められるか

1. 稚貝のゆりかご:潮間帯(干満で水没、露出を繰り返す場所)の環境を守る

チョウセンハマグリは夏(7月頃が盛期)に繁殖し、2週間ほど幼生が浮遊分散し、0.2mmの大きさで砂底に定着する。浅瀬で3年余、5-6センチの親貝に育ってから沖に移動する。

稚貝が生育する「潮間帯」では、砂の中で繁殖する微細な藻類が重要な餌となっている。その藻類を養うのは川から海に、そして地下水が砂浜にもたらす無機の栄養分であって、川の流域全体の環境が良好に保たれることが望ましい。具体的には:
川の上流部で、杉の人工林ではなく、落葉樹を含む照葉樹林を維持すること
山間部の産業廃棄物施設と畜産施設が渓流に汚染物質を流さないこと
中・下流域で、農地から除草剤など農薬の流失を防止すること
下流域で、都市排水に流れ出る合成洗剤などを徹底的に削減すること
栄養分を含む(浜辺の湧水となる)地下水をコンクリートの壁で遮断しないこと
稚貝の集中する浅瀬付近のゴルフ場や松林で殺虫剤など毒物を噴霧しないこと

2  よそから貝の移植放流をしない

漁獲量が減ったことに対し「移植放流」を行うのは大きな間違いである。その理由は:
環境が悪化しているため資源が減っている場合、本来なすべき環境改善を放置する 口実とされてしまう。
悪化した生育環境に種苗を放流しても育たない。
別な場所からの移植放流には、天敵、寄生生物、そして病原体が一緒にやってくる危険がある(アサリやシジミの移植が盛んな海域で深刻な問題が起こっている)。
移植に環境汚染が伴うと、ウイルス性の疫病(新興感染症)が勃発する怖れもある。
過去の移植放流では追跡調査で放流効果の検証が行われていない。効果が認められない放流事業の費用として使われる税金や組合費が無駄になっている。

3   資源管理の情報収集と解析を漁業者と地元行政が主体的に行う

漁業者が資源の動きを知り、漁業活動を自律的に管理することが先進国では当たり前になっている。日向灘のハマグリ資源については漁業者がもっとも良く知っているが、資源量の変動予測のため、稚貝の発生状況など、科学的な情報収集を継続的に行うべきである。漁獲が減ったら県水試に丸投げして、やっつけ調査を実施しても何の役にもたたない。
         
2014年3月11日 はまぐりの講演会  (文責、山口正士)

[PR]

by beachmollusc | 2014-03-13 04:25 | 評論
<< レンゲに負けない花畑 ムラサキハナナにハチさんが来ました >>