beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シジミの殻の色

シジミの殻はどんな色かと聞くと、ほとんどの人が「黒」と答えるでしょう。

たしかに、ほとんどの魚屋やスーパーの鮮魚コーナーで売られている(ヤマト)シジミは真っ黒です。

ところが、この黒い色は貝殻の本来の色ではなく、殻の表面を覆う「殻皮」という膜に(二次的に)沈着した硫化鉄の色なのです。

近畿、中部から北の多くの河川の河口部で、ヤマトシジミの殻の色は「べっ甲色」の地色の上を、それが黒く覆っていますが、瀬戸内海や有明海のヤマトシジミにはべっ甲色のほかに黄色やオレンジ色の地色が見られます。

福岡県と佐賀県の県境を流れる筑後川の河口でとれるヤマトシジミは、その色彩が黒くないので別種と考えられたことがあります。和名「チクゴシジミ」が(日本産シジミ類について明治時代に研究した岩川友太郎によって)それに当てられましたが、結局新種としての記載はされませんでした。
岩川友太郎(1909):日本産の蜆に就いて{介類雑誌 3, 18-23.}

筑後川の河口のヤマトシジミには4つの色彩型が見られます。
e0094349_9141413.jpg

黄色い殻色のヤマトシジミです。
e0094349_9151072.jpg

岡山県の吉井川の河口でとれるヤマトシジミは黄色いものが多いそうです。

2007年04月21日 せのをや めがね道、ブログ 
幻の、吉井川の黄しじみ  http://senorya.seesaa.net/article/118506318.html

「吉井川の黄しじみ」は味のよいことで古くから知られておりましたが、その生息数は激減し、いまや絶滅危惧種になりそうなくらいです。

下の写真はこのブログに掲載されたものです。
e0094349_9212043.jpg


岡山県の高梁川でも、河川漁業組合の理事さんによれば、昔は河口域でヤマトシジミが漁獲されていて、黄色の殻だったので、店で売られる黒いシジミは気色悪いと思ったそうです。

琵琶湖特産(固有種)のセタシジミにも殻の色の個体変異が知られています。

琵琶湖固有種 セタシジミ(瀬田蜆)が美味しい  近江八幡の料理人は、のブログ
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/blog-entry-353.html
セタシジミは生息場所によって殻の色が違います。
泥地では黒、砂地では薄黄緑、赤いやつもいますが稀です。
基本、セタシジミは砂地が多く、薄黄緑が多いです。

下はこのブログで掲載されたセタシジミの写真です。
e0094349_9314744.jpg

さて、淡水産のカワシジミですが、その殻の外側から見た標準的な地色は(殻の外に二次的に硫化鉄が沈着して黒くなっていない場合)緑がかった褐色です。
e0094349_9451176.jpg

上の写真は滋賀県の愛知川水系の用水路にて採集したカワシジミの色彩変異です。

左は典型的なマシジミで、内面が濃い紫色(特に縁が濃い)ですが、黄色い殻皮を透過し、内側表面で反射、干渉した色が、結果的に緑を帯びた黄褐色となります。

殻の内側の紫色がない「カネツケ型」と「シロシジミ」のカワシジミは表面の黄褐色がそのままの殻色となります。日本の淡水産貝類の図鑑でマシジミとカネツケシジミの「種の違い」は殻の色に基づいているのですが、なぜか同じ種の個体変異とは思っていないようです。それがカワシジミの系統地理解析の混乱の元になっていると考えられます。

貝類図鑑では貝殻の形態とともに色の記載がありますが、殻色の多型(つまり個体による差異)に注意を払うことは滅多にありません。

殻色変異の激しいナミノコガイについて、学研生物図鑑(貝II 二枚貝・陸貝・イカ・タコほか)の図解は下のようになっています。
e0094349_9562277.jpg

殻の内側が紫色であると、わざわざ書いてありますが、これは九州から本州までの黒潮沿岸でもっとも出現頻度が高いため、少数の標本を元にした図鑑の記載者が、内側の白い殻を見ていなかったためのようです。

琉球列島と日本海沿岸のナミノコガイの殻では、このような殻の内側が紫色の割合が低く、極めて多様な色彩と模様が見られます。

下の写真はその1例で、沖縄本島、名護湾の砂浜に見られたナミノコガイの殻の色彩、個体変異です。
e0094349_1042618.jpg

これらの個体変異は「種」の違いではありませんが、沖縄のある高名な貝殻コレクターは、チョコレート色の個体は別種と信じていたようでした。

シジミの殻が黒いと思い込んだ人が、見慣れない黄色いカワシジミを見つけて、それを「外来種」ではないか、と考えても不思議ではありません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-21 10:13 | シジミの仲間 Corbicula
<< 貝あわせ遊びの準備 マクラガイのカメレオン技 >>