beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向ドジョウと遺伝子かく乱

日向市から北に向かって車で約1時間のところに北川町の中心地がある。ここで毎年のシーズンに開催されるホタル祭りを冷やかしに行った。その町の中に「日向ドジョウ」という看板を見かけ、主を見つけて養殖ドジョウの種をどこから入れているのかたずねたら、熊本という返事であった。なんだこりゃ、山を越えて肥後のドジョウを連れてきて日向ドジョウに化けさせるのか。

自宅の脇の耕作が放棄された水田を借りて、その中でメダカとドジョウが群れ泳ぐようにしてやろうと計画した。幸いなことに日向市内に残っているメダカの生息場所を教えてもらって、そこからつれてきた10数個体のメダカを放流したら、夏の間に世代を重ね、わずか数ヶ月でメダカの学校ができてしまった。まだ小さいものが主力だが、とにかく数え切れないほどのメダカが田んぼに群れ泳いでいる。環境省がメダカを絶滅危惧種にしてしまったので、このかわいい小魚の生命力は弱いものと勘違いしていたのが明白な誤りであった。

外来種のカダヤシやグッピーとの競争に負けてメダカが消えたという話も眉唾ものである。それらしき悪者を仕立てて問題の本質を覆い隠す手法は情報操作技術の定番である。メダカが消えた本当の理由は、全国的に水田環境を作り変え、周辺の川と水路をほぼすべてコンクリートで固めた結果が最大の原因である。田んぼに水が張ってある期間は短く、乾燥状態が通常となり、水路に逃げ込んでも鉄砲水で流され、田んぼに残ると日干しになるから、メダカもドジョウも繁殖して子孫を残すようなことができるはずがない。農業の機械化と省力化、つまり生産効率一辺倒の政策のもと、水田がはぐくんできた多くの生命を切り捨ててしまった結果であった。国による過保護・過干渉政策の成果で、同時に莫大な面積の休耕田をもたらし、さらに谷間などの小規模な水田では放棄耕作地を作ってしまった。

宮崎の北隣、大分県ではドジョウの養殖が盛んで、県として技術開発と地場産業化の普及に努力している。大分では試験場で種苗を生産して養殖業者に頒布していることを知ったので、メールでたずねてみた。予想通り、県外には頒布しないそうである。「県の予算で生産している種苗は県外には出さないのだ」という封建時代の精神構造がこの国には染み付いている。メールの返信では、地域的な遺伝子かく乱のおそれもあるから、宮崎県の水産試験場に相談してくださいとあった。

宮崎県では、ドジョウはメダカとともにレッドデータブック入りしているほどであり、県北では生息がほとんど確認されていないと延岡市の環境基本計画サイトhttp://www.mnet.ne.jp/~seseri/nobeoka/nbok00.htmの魚類(淡水魚)の項に記載されている。

大分県で生産されているドジョウのルーツはドジョウの本場である柳川、つまり福岡県起源だそうである。豊後ドジョウは実は肥前から山を越えて来ていたものであった。大分県内のドジョウの集団遺伝について調査研究の結果、報告はありますか、という追加の質問に対して返事はもらえないままである。大分でも河川と水田環境は宮崎と同様であるから、野生のドジョウ集団はほぼ消滅していることだろう。ちなみに、養殖ドジョウは飼育場所から外に逃げ出すので注意せよと専門書に明記されている。

メダカでは集団遺伝の全国的な調査がなされている。その結果、地史的・地形的に不連続な流域、たとえば海や中央構造線などで遺伝的交流を妨げられている地域間で独自の遺伝マーカーを持っている集団の存在が認められている。このことを論拠にして、メダカの復活を願うサイトなどでは、異なる地域間で野外にメダカを放流しないことを訴えている(たとえば、野生メダカのホームページhttp://www.geocities.jp/tarosuga/)。原則的にこの訴えは正しいのだろうが、現実的にはどんなものか疑問が残る。つまり、放流して増えて遺伝子かく乱を起こす心配があるような生育場所が存在していないという現実、が問題である。ここでも本当の問題が別の問題に置き換えられているような気がする。

日向市ではメダカの保護運動に熱心な人たちがいて、公共工事などで生息場所が消えてしまうケースではそれを救出して違う場所に移すことが(美談として)ニュースになったりした。昨今ではメダカが生育できるのは野外ではなくて家庭や学校、公園の池などの限られた場所になっている。保護するために家庭で増やしたが、増えすぎて(困って)いるので分けてあげますという個人HPサイトがあるほど、メダカの繁殖力は旺盛である。保護して増やすことが目的化するとこのような錯誤も起こるわけである。

ドジョウは水産養殖対象魚であり人為的な移動の歴史はすでに深い時を重ねてきただろう。メダカの方は鑑賞生物としてヒメダカのような作出された品種は移動が盛んだったろうが、野生メダカではそれほど動いていないのではないだろうか。なにしろ、集団遺伝解析で地方集団が識別されたほどである。しかし、野生メダカというのはどこまでが野生なのだろうか。

飼育、栽培される生物では環境に合わせて強い選択圧を人為的に加えて、ヒトにとって都合がよい形質が世代を重ねる交配で固定されている。野生でもそれぞれの環境で原理的に同じことが時間をかけて行われて、アクシデントの積み重ねや環境の揺らぎ、地域的な差異などの影響を受け、(遺伝的交流が乏しければ)遺伝的な集団分化が進む。野生の地域集団が歴史的に分化していることは一般常識となってきているが、これはわれわれ人類だって同じことである。

遺伝的なかく乱という概念が野生生物保護、自然保護の中に出てきたのはごく最近のことであり、民族純血主義の風土の日本では基本認識においてかなり混乱を生じている。ダイナミックに変化を続ける生命、そして人間活動が強い影響を及ぼす現代の生態系において、過去の(一時的な)状態を固定保存することを至上命題として遺伝子かく乱を原理的に非難するかたくなな姿勢(環境原理主義)は現実的ではないだろう(ただし、まったく無秩序な現状は非難されるべきである)。

メダカとドジョウは野生生物と(人為的に維持された環境に依存している)人里生物のボーダーライン上にあり、食用や観賞用に利用されて流通もしている。こういった生物について、すでに過去となった昔のいわゆる「野生」状態を今の環境のもとで維持、管理しようとすることは無意味に近い。ドジョウのケースのように現在の集団遺伝的な構造もわかっていないままで放流の是非を云々するのは滑稽でもある。メダカでは確かに地域集団が識別されていて、その維持について配慮することは学術的な意味がある。しかし、ヒトの庇護に強く依存するようになった生物では、野生環境に適応していた形質をそのままで維持できないだろう。今後は、場合によっては異なる地域の集団間交配などで遺伝的なシャッフルも試みて、新しい環境に適応して生き残るような集団を作り出すことも必要かもしれない。望みどおりに野生集団の遺伝構造を操作することはもとより不可能であるが、遺伝子の組み換えで雑種強勢ということも起こるし、消え行くものたちに生き残るチャンスが広がる可能性があるかもしれない。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-06 03:13 | 評論
<< アオダイショウのこどもかな ヒゲの長いカミキリ >>