beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向市塩見地区での農地・水・環境保全向上対策事業

10月10日夜、日向市塩見区の住民が公民館に集まって「農地・水・環境保全向上対策事業」の説明会とその事業の受け皿となる地元組織結成の呼びかけが行われた。近所に住む農業委員の黒木さんに誘われて、この集会に参加してみた。この集会では日向市の担当部署の皆さんも出席して、事業の説明と質疑応答を行った。黒木さんからは、少し前にこの件について相談を受けていたので、事前に情報収集を行っていた。もともと農林水産省では全国的に急速に耕作放棄が広がっていることの危機感と、4年前から環境省と協力して行っている環境に配慮した農業、里地の環境保全問題についての事業(下のサイトの情報参照)の一環として、具体的なメニューを作成したようである。この事業に関する役所の動機と意図は評価したいが、その手段として薄く広くばらまくような補助金事業として計画を立てたことには大きな問題がある。税金(補助金)の無駄遣いに終わる可能性が高いからである。

「農林水産省農村振興局と環境省自然環境局は、平成14年度に環境基本計画推進調査費を活用して、農村地域での身近な自然の創出・保全活動の推進手法の検討を行い、その成果を「里地・田んぼではじめる自然回復~取り組みを進めるためのヒント~」としてまとめました。」(http://www.maff.go.jp/nouson/sigen/sizenkaihuku/kaihuku.htm)

今回の説明会は、中央で決められていて来年度に全国的に予算執行〔消化!〕しなければならない事業(ただし、すでにパイロット事業が今年度に進められている)に対して、地元側から積極的な応募がこれまでになかったので、申請のタイムリミット目前での行政主導のドタバタ劇となっていた。おそらくこれは日向市だけではないだろう。

説明会の資料として配布されたのは一ヶ月前に作成されたばかりの農水省のリーフレット(下のアドレスにpdfファイルとして出してあるが、アドレスでaramasi の後でreaf となっているのはご愛嬌:leaflet)であった。今回の事業について、実際には一昨年から進められている準備段階で、地元現場関係者に対する行政の働きかけ(情報提供)が弱かったことが歴然としている。

説明会での若い行政担当者の説明では、グループ組織を作ることが目標にすり替えられ、どうやったら補助金がもらえるかの枠組みの説明にとどまっていた。そもそも、この事業が何を狙っていてどのような成果を期待しているのか、地元行政の窓口の認識があいまいである印象を受けた。(もっとも、現地事情を知っている地元行政と抽象的にしかわかっていない中央政府との距離感が問題であって、担当している行政官には気の毒でもある)

農水省のサイトで書かれているこの事業の説明を以下に引用する(変な文章は私ではない)。
「我が国の農地・農業用水等の資源の適切な保全管理が、高齢化や混住化等により困難になってきていること、ゆとりや安らぎといった国民の価値観の変化への対応が必要なこと、我が国農業生産全体の在り方を環境保全を重視したものに転換していくことが求められていることから、地域ぐるみでの効果の高い共同活動と、農業者ぐるみでの先進的な営農活動を支援する「農地・水・環境保全向上対策」の導入を目指しています。平成19年度からの本格的な実施に向けて、平成18年度は全国約600地区においてモデル的な支援を行うなど、準備を進めているところです。」
(http://www.maff.go.jp/nouti_mizu/index.html
リーフレット http://www.maff.go.jp/nouti_mizu/0907aramasi_reaf_a.pdf)

さて、これからどうなるのか。どのようにしたら単なる予算消化に終わってしまわないようにできるのか、難しい5年計画の運営が待っている。準備不足と認識不足の二重奏でのもとで、走りながらの調整を強いられるのだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-11 08:02 | 評論
<< サルナシ? 良い子達のお仕事ぶり >>