beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地域絶滅寸前の富山湾産ハマグリ集団(その一)

<はじめに>

富山湾にハマグリが生息しているという事実を知ったのはごく最近のことである。地元に住む富山県立植物園の大原氏から富山市の神通川の河口の砂浜に打ち上げられたサンプルが送られてきたことから、それまではあきらめていた日本海のハマグリ集団についての興味に俄然火がついたわけである。

ネットで調べたら、富山湾の西部に朝日貝塚という縄文時代の史跡があって、ハマグリの殻が出土しているとあった。かつて富山湾の沿岸でハマグリが漁獲されていたことの証拠品がこの貝塚のある氷見市の博物館に保管されていたというのはラッキーであった。朝日貝塚(富山県、氷見市)http://www.city.himi.toyama.jp/~60400/bunkazai/2-kaizuka.htm

潮汐の干満差が小さくて干潟の発達することが期待できない日本海にあるだけでなく、沿岸部に大陸棚の発達が弱く、いきなり深海に落ち込むような富山湾である。全国的なハマグリ集団調査の対象地の一つになるとはまったく想定外の出来事であった。

富山湾は蜃気楼で有名である。蜃気楼という名前は、「蜃」と呼ばれる大ハマグリが沖合で「気」を吐いて、空中に「楼」(高い建物)を出現させると考えた中国人の想像からきていると言われている。現地に出かけて調べてみたら、富山湾にかすかに生息しているハマグリは、今まさに蜃気楼のような幻として消える状態に陥っていた。

日本海のハマグリ集団について調べることは、対岸の韓国南部海岸のハマグリ類集団との遺伝的交流を解明することを目指すことにもつながる。韓国の黄海側沿岸にはシナハマグリの集団が分布しているが、南部にはハマグリに限りなく近いそっくりさんがいて、それがシナハマグリであるかそれともハマグリであるかの判別が、形態的にも、分子集団遺伝的にも難しいのである。

大原氏は海岸などで植生を調べて見回っている間に神通川の河口の浜辺で打ち上げられたハマグリのみならず、西に数十キロ離れている射水市の富山新港の建設現場でも浚渫土砂の中に出現していたハマグリなどの殻を見つけている。しかし、今回(2006年8月)の訪問時に現場に案内していただいたときにはすでに貝殻を見つけることができる状態ではなかった。そのために、神通川以外の場所で見つかったハマグリのサンプルはわずかな数しか残されていないのが残念なことである。

<漁業資源としての富山湾のハマグリ>

富山市の漁協で聞いたところ、コタマガイは対象種であるが、ハマグリは漁業権対象になっていない。また、コタマガイと同所的なチョウセンハマグリは富山湾に分布していないようである。漁協の職員のほとんどが神通川河口にハマグリが生息しているということを認識していなかったが、参事の○○さんから詳しく聞いた話から判断すると、昔から時化のあとで、数は少ないが生きているハマグリが打ち上げられていたそうである。また、死殻は現地に行ったときにも浜辺に破片となって散乱していた。

神通川の河口付近には干潟らしき場所はなく、このような場所でもハマグリ(の稚貝)が生育できるのかと驚いた。河口沖には小さな砂州があり、干潮時に海鳥がたむろしていたが、その手前は岸辺から急な深みになっていて,歩いてわたることはできない。漁協の参事さんによると、この付近では水難死者が頻発していて、誰も海に入らないということであった。漁業者も入らないし、海水浴をする場所でもないので、ハマグリにとっては幸運な聖域となっていたのかもしれない。しかし、打ち上げられる数はとても少なく、大原氏が拾い集めた死殻は一回の採集で10に満たないし、生きているものは滅多に見つかっていない。

富山湾西部の氷見市沿岸では地形的に複雑になっていて岩礁海岸もあり、豊富な漁業資源に恵まれている。市内の魚市場と漁協に隣接している道の駅、海鮮館には定置網でとれたさまざまな魚とともにイワガキやサザエなどが山積みされていた。ここで聞きとった話をまとめると、氷見市の海岸ではかつて(10年以上前)ハマグリは漁獲されていたが、近年では海岸の工事で生息場所は消滅しているので、まったく漁獲されていない。すなわち、朝日貝塚から出土した殻と比較するための現生の貝殻は入手不能であり、また、分子集団遺伝の情報を得るための生きているサンプルが入手できなかった。海鮮館で販売されていた産地表示のないハマグリはシナハマグリであり、現地産のアサリとしてあったものはコタマガイであった。

富山湾の東側には黒部川などがあるが、これらの河口でハマグリの生息を期待することは無理であろう。富山市に隣接する射水市にあった潟の中に生息していた集団は、新港の建設で(あるいはそれ以前に)消滅している。結局、富山湾に注ぐ主な河川の中で神通川だけでハマグリが奇跡的に残っていたわけである。しかし、これも河川改修、河口部での浚渫などが計画されているので、消滅して幻となるのは時間の問題かもしれない。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-13 11:51 | Meretrix ハマグリ
<< けったいな奴 秋の谷津田 >>