「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

士工商農 

農水省が零細補助金事業(全国規模であるから総額は零細とはいえないが、受けとる側で「はした金」)で税金をばら撒く仕事を今も続けていることは、今回の「農地・水・環境保全向上対策事業」で再確認できた。善意であっても「余計なお世話」を焼くことは行政の任務ではないはずである。親の過保護と過剰干渉が子どもをダメにしてしまうようだが、農水省の間違ったパターナリズムと地域性を無視した全国一律の行政が農林水産業を全体的にダメにしてきたとしか思えない。

農耕地と水利、漁港などの(過剰)整備事業を通して巨大なコンクリート土建行政部門と化した農水省であるが、今後は、現状(たとえば、代々苦労して維持してきた農地の放棄を促すような状況)をより深く認識したうえで、将来に備えることを考えながら動いてもらわないと、この国の食の未来は危機に瀕する事態を招きかねない。政治にも現状改革の足かせとなるような法律を改正するような未来志向の動きが求められる。

ビジネスマンから転身し、綾町でぶどう園の営農経営を楽しんでいるKSさんに今回の「農地・水・環境保全向上対策事業」について私がブログで書いた評論についてコメントをお願いしたら、「ノーコメント」という返事が返ってきたが、次のような情報をいただいた(本人の了解を得て引用)。

<ここから引用>
農水のひと達とも二日間にわたって交流があり、霞ヶ関で私的な交流会もしていただきました。その感想です。

農水は以前5万人の人員を擁していましたが、現在は3万人。最近も4000人の人員を削減しましたが、今回700人他省庁や大学などへの移動を募集したら3000人以上応募がありました。人員をどんどん減らすから残業が猛烈に増え、体を壊すひとが急増していて、全職員の45%が要健康管理、40歳以上では70%近いひとが健康問題を抱えています。

12日に農水と懇談会をやりましたが、農水は病んでいます。皆やる気が有りません。自分の職が危機にさらされていると職員皆が感じていると、皆さん堂々とおっしゃいます。上司の頭が固く古いので斬新な提案は職を危うくするから上げないとも言っていました。
<ここまで引用>

KSさんを招いて懇談会を持ったということで、農水省は腐りかかってはいてもまだ腐りきってはいないようである。屋台が崩れ落ちる前に、何とか改革してもらうように祈るしかない。自己改革が無理ならば、国立大学の場合のように農水省全体を独立行政法人化したらどうだろうか。

昔の日本では「士農工商」という「身分階層」を規範とした社会制度が支配者側の都合で守られていたらしい。これを最近の日本社会に重ね合わせてみると、基本構造はまったく変わっていないように感じる。KSさんが「放棄産業」と呼んだ「農」が現実には最下位の「身分」に置かれていることは過去も現在も同じことだろう。官僚統制国家体制は21世紀に入って足元が揺らぎ始めたが、まだ健在であるから「士(今の政治家と官僚)」が最上位にあり、それを丸抱えにしている「工」と「商」が並んで中間の位置を占めている。国立大学の受験学力レベルの平均値で農学部がもっとも低いことは、全体的に若い世代(とその親達)が農を低く見ていることの証左とも考えられるだろう。「水産」という看板では受験生が来ないので一部の水産高校や水産大学はついに名称まで変えてしまった。

過去の日本がやってきた産業立国を現在の中国が急激に再現している。Made in China製品が巷にあふれているし、貿易摩擦が中国とアメリカの問題となってきたことは同じような歴史が繰り返されていることを示している。しかし、中国でも日本と同様に経済発展の代償として大規模な環境破壊が起こっているのではないだろうか。たとえば、現地には行ったことがないが、Google Earthの画像を見ると中国大陸の海岸一帯ですさまじい環境改変が進んでいるらしい。日本海のエチゼンクラゲ騒ぎも根源にはこのような環境破壊が関与しているのだろう。

中国の今後の経済発展と環境破壊の影響が日本に対する農水産物の輸出に大きな変化をもたらすのは時間の問題であろう。経済格差を背景にしたアンフェア・トレードは終焉するだろうし、中国における農林水産の自給が怪しくなるだろう。日本は中国から輸入できなくなっても他国から輸入できるから大丈夫と思っていても、今後は輸入品目によってはお互いに国際的な競合関係になるだろう。おまけにインドなどでも中国と同じことが進行中である。日本が今のように輸入食品に依存したままで節度のない飽食の時代を続けることは本来やってはいけないし、そのうちすぐにできなくなるはずである。

いざとなったときに国内生産で自給するときの基盤となるべき生産システムが根本から崩壊し続けている現実が放置されたままでは大変なことになるだろう。食の自給率の低下問題はすでに表面化しているが、放棄耕作地が急増している大問題は強制的な水田の減反という矛盾に満ちた政策の陰に隠れているので一般社会での認識は低いだろう。根本的な問題は農林水産が「業」としてやりがい、生きがいのある仕事とは(おそらく多くの当事者にも)見られていないし、努力が報われないことである。

表面化している色々な症状に対応する必要はあるが、長期的な作戦として、農林水産や食に関する興味と関心を広くよびさますような取り組みが求められる。人は説教だけでは動かないから、まずは生産現場で親しく体験してもらうこと、さらに子ども達が里地や水辺で友達同士や親と一緒に遊べるような場所、空間という受け皿つくりからはじめる必要があるだろう。特に宮崎県はこのような取り組みをグリーン・ツーリズムとして実行することができる舞台要素を豊富に持っている、恵まれた環境を活かすべきである。
[PR]

by beachmollusc | 2006-10-22 05:30 | 評論
<< 都城市の湧水(長池)とホタル 奥野川の上流 >>