beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ラージブルーの復活とホタルの里つくり

イギリス南部の海岸地方に生息していたシジミチョウの一種、ラージブルーは蝶の愛好家の多いイギリスで人気があり、夏のわずか数週間に羽化して飛ぶ姿を鑑賞するのを楽しみにしていた人も多かった。ところが、そのすべての発生地(コロニー)がイギリスから消滅してしまったのは1970年代末のことである。ヨーロッパ大陸にも同じ種が広く分布しているが、多くの国で激減しているという。イギリスでは国蝶とでもいうべきラージブルーの減少を食い止めるために、発生場所を「守る」ための保護区を設置した。しかし、皮肉にも、それが結果的に絶滅を促したことが後で判明する。

イギリスでのラージブルーの絶滅と復活の物語は、同じように鑑賞生物として愛されてきた日本のホタルについて考えるためのとても良いモデルとなる。生態学的に見て、ラージブルーと日本のホタルの消滅は原理的にはほとんど同じ構図で起こっている。飼育されていない野生生物といっても、農業や牧畜などの人間活動に依存した環境で集団が維持されるような生物は、営農形態の根本的な変化があれば簡単に消えてしまう。つまり、そのような生物では、人間を締め出す保護区を設定するとか自然の成り行きに任せることでは保護にはならない。伝統的な営農形態の変化が、人里になじんだ生物たちを消滅に追いやっていることは世界的に共通しているようである。

絶滅を食い止めることはできなかったが、イギリスではラージブルーの生活史、生態についての詳細な調査研究が1970年台に行われ、その消滅に至った理由も解明された(その研究者の奮闘ぶりが本に詳しく書かれているWatching, from the Edge of Extinction by B. P. Stearns and S. C. Stearns, Yale Univ Pr, 1999; 日本語訳:レッドデータの行方―消えゆく生物を守れるか、大西央士, 成田あゆみ, 小林重隆 (訳) ニュートンプレス 2000)。
それを受けて、1980年代からスウェーデン産の同種の移植が行われ、生態的な環境条件を保護団体の人々が積極的に管理することで、2000年以降には半世紀前に見られた以上の規模にまでラージブルーが増えてきたそうである。
(http://www.nationaltrust.org.uk/main/w-nature-large_blue_2004_review.pdf)
(http://www.cornwallwildlifetrust.org.uk/nature/inverteb/largeblue.htm)
(http://www.ukbap.org.uk/UKPlans.aspx?ID=435)

半世紀前のラージブルーの生育環境は当時の牧畜に伴う野焼きや草刈などに依存していた。経営形態が変わった結果、それが行われなくなっている現在では、ナショナル・トラストという組織が土地を買い上げて生態的に管理することで生育環境が維持されている。面白いことに、ラージブルーを保護するための活動によって、減少していたほかの多くの生物が復活してきたそうである。このことからも、生育環境の破壊と再生が身近な「里地生物」の運命を左右しているということがわるだろう。

ラージブルーとその同属の蝶類の生態を詳細に調べた結果(Large blue butterflies 
http://www.zi.ku.dk/personal/drnash/Atta/Pages/LargeBl.html)によると、幼虫時代にアカアリの一種の巣に寄生する行動が鍵になっていた。そのアリが巣を作る環境条件として、草丈が短くて日当たりが良い場所と限られていたので、夏場に雑草が生い茂ると巣が維持されなかった。そのために、草食動物によるグレージングと適度な草刈など雑草の生育が抑えられる必要があった。また、親蝶はハーブとしておなじみの野草のタイム(画像の例は http://www.netlaputa.ne.jp/~miquette/thyme.htm)のつぼみに産卵し、卵が孵化して最初の数令期の幼虫が花を食べることで、タイムの開花周期と同期する必要もあった。幼虫はその後、花に穴を開けて自分で出した糸で地上に降りる。そこで、アリを待ち受けて、アリの好きな甘い蜜を出して誘い、アリは蝶の幼虫を自分たちの巣に運びこむという仕掛けである。その後のアリの巣の中での出来事がなかなか複雑怪奇で面白いが、ここでは省略する(上のpdfファイルを参照)。

日本にも似たような生態のシジミチョウがいるらしく、「蝶を育てるアリ」という題の本が出ている(蝶を育てるアリ―わが昆虫フィールドノート、矢島 稔著、文藝春秋2002、著者は「日本ホタルの会」の名誉会長)。しかし、育てるというのは結果であって、アリがチョウにだまされて自分たちの子供が食われてしまうのが真相であろう。チョウの幼虫の食欲を満たすためには、一つのアリの巣にチョウの幼虫が一匹までしか寄生できないようである。付き合うべきアリを間違えた時とか、相手をだまし損じるとチョウの幼虫はアリの餌になるし、さなぎからチョウに羽化する時に正体がばれるとアリに攻撃されるので、うかうかできない。

ラージブルーほど生活史、生態は複雑ではないが、日本のホタル(ここでは幼虫が水中生活するゲンジとヘイケ)の生態、生活史は詳しく解明されている。初夏の短い期間に成虫として飛び回り、成虫は吸水するだけで餌を食べずに交尾、産卵してから死滅することは同様である。幼虫の餌は主に水中の貝類、タニシやカワニナである。

日本各地でホタルが減ったのは、1970年代までに全国一律に展開された「構造改善事業」による水田と河川・水路の水利環境の激変であったことは間違いない。餌になる貝類ともども水田と水路、河川から生育場所を失った上に、農薬などによる水質汚染で追い討ちをかけられてしまった結果であろう。

宮崎県内では、あちらこちらでホタルの里の復活を訴える看板が立てられている。その多くは、「水質を改善すればホタルが戻ってくるだろう」という程度の単純な錯覚に基づいているように思われる。必要条件の一つだけでは結果は出てこない。つまり、ホタルそのものがライフサイクルを完結できるように十分な環境システムができていないと復活しないことに気がついてほしい。親が産卵する水際のコケ、増水したときに餌の貝類も幼虫も流されないような隠れ場所、幼虫が上陸して土繭を作ることができる土の畦や土手、そして成虫が休憩できる水際の隠れ場所(植生)なども必要である。ところが現在見られる水田と水路では、そのようなものがほとんど存在しない。機械化、生産能率一辺倒で作り変えられた田んぼには水が張られている時期は短く、幼虫が成育できない乾燥状態の時期が長い。ほとんどの河川と用水、排水路がコンクリートで固められているので、ホタルの生活史のサイクルが完成できる場がほとんどみつからない。

すでに生育環境が失われている場所でホタルの里を(復活でなく)改めて作ることのために、すでに安定生産の体制が確立されている水田耕作の営農形態を昔に戻すことはできない。そこで、水に恵まれている一部の休耕地や耕作放棄となった水田などを利用して、水利環境をはじめ、ホタルの生活史が完結できる環境セットを構築し、維持することが必要である。つまり、適当な場所、費用と手間隙がかかる。やるべき事は明快であるが、これを地域おこしの経済行為として行うかどうか、だれがその旗を振るかなどが課題である。

ホタルに関して国内に全国組織の団体が二つも(第三の組織つくりの動きもある)あるが、ナショナル・トラストについても日本にはなぜか似たような組織が二つもある:(社)日本ナショナル・トラスト協会http://www.ntrust.or.jp/ そしてさらに、財団法人日本ナショナルトラスト http://www.national-trust.or.jp/)。これらのような非営利的な団体組織が積極的に関与して事業化することは可能であろうか。すでにホタルの里つくりに長年の実績を持つ北九州市などのように地域住民が積極的に参画している場合には役所主導でも何とかなるであろう。さて、この日向市ではどうしたらよいものだろうか。ホタルの乱舞をみんなで愉しむことができ、生活に潤いがあって楽しく暮らせる里を作るのはそう簡単なことではない。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-01 08:51 | ホタル
<< レンゲの花 ヤママユの空繭 >>