beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

農と自然の研究所

宇根豊さんが2000年5月に開設した研究所の理念はすばらしい。
それを集約した文章を下に引用する:百姓仕事が自然をつくるワケ、のしめくくり
http://hb7.seikyou.ne.jp/home/N-une/2-d-1hyakusyousigotogasizenwotukuruwake.htm

<ここから>
私たち百姓は、長い間、自然に抱かれて農業生産を持続させてきた。しかし、これからは自然を意識的に支える生産へと転換しなければ、自然に報いることはできない。そのためには、カネになるものだけを求める「狭い、浅い、短い生産」から、カネにならないものを守る「広い、深い、遠い生産」へと転換しなければならない。
<ここまで>

この研究所は、減農薬運動を全国にさきがけて推進してきた宇根さんを中心に設立されたもので、その舞台が福岡県の糸島半島である。
http://www.nishitetsu.co.jp/nnr/inf/news/backnumber/n0106/special_main.htm

糸島半島の付け根にある加布里の干潟でハマグリが漁獲されている。
http://www.jf-net.ne.jp/foitoshima/sigenkanri.htm
http://www.sof.or.jp/ocean/newsletter/125/a03.php

このハマグリ漁場でハマグリ資源は壊滅状態になっていたが、それが1995年ころから復活している。減農薬運動の地道な運動が広がり、その成果として干潟に流れ込む農薬の悪影響が改善されてきただろうことが想像される。

全国的にハマグリが消えてしまった理由は複合的であり、マクロに見れば埋立てが進んでしまった海域が大きい。しかし、干潟が形をとどめているにもかかわらず消えてしまった場所では水質汚染が疑わしい。鉱工業からの排水汚染は1970年代までに規制が強化されて改善されてきたはずであるが、ハマグリ集団が消えていったのはむしろその後のことであった。

1980年代までに海辺でどのような大きな環境変化、特に水質面で何が起こっていたのか、それが問題である。当時は全国的に農業生産の増大を目指し、水田の大型化、機械化とともに肥料と農薬の大量使用に依存する営農形態に変化した時代であった。残留性が高く、生物の体内に濃縮されるような農薬は排除され、水に溶けて流れ出しやすい物質が代わりに使われだしたのも特筆できる。

沖縄では、1972年の本土復帰後に本土並にするための公共事業が一斉に始まり、サトウキビ畑の耕地が作り直された。1980年代末、沖縄本島のサトウキビの町である佐敷でその事業が終わった頃、佐敷干潟では異変が起こっている。砂底の干潟に多く生息していたアラスジケマンガイやシラオガイなどが激減し、それまで見られていた潮干狩りの風景が見られなくなった。

本島北部で農地の少ない流域の河口にある砂質干潟と佐敷干潟の生物相を見比べて驚いたが、佐敷干潟では小型甲殻類、特にアミ類やエビカニ類がほとんど見られなかった。そして、単純化した貝類群集でアシベマスオという小さな二枚貝が大発生していたのが印象的であった。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-08 08:55 | 田んぼと里山
<< レンゲ畑 東京湾のハマグリ集団復活に向け... >>