beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鳥インフルエンザ情報

韓国では昨年11月下旬から今年の1月にかけて5例の鳥インフルエンザ発生があったが、
それを受けて日本ではどうなっていたのかを検索してみた。引用しながら説明する。

3年前の事例を受けての調査結果と最近の韓国での発生を受けて、関係者の間では
一応の動きがあったことが検索してわかった。

マスコミのニュースでは、国際ニュースとして各社が韓国における発生については簡単に
報道していたが、過去の経験と情報を踏まえて国内での警戒まで踏み込んだニュースは
出していなかったようである。

まず、前回3年前の情報であるが、韓国と日本の密接な関係がすでにわかっていた。
この時は国内の野鳥について「かんたん」な緊急調査が行われていただけであった。

<2004年5月27日 「高病原性鳥インフルエンザ対策に関する緊急調査研究」の研究成果について 平成16年5月27日 文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/05/04052701.htm#betten
緊急研究の主要な成果
(1)  ゲノム疫学研究
成果の要約:
  日本の分離ウイルス全て及び韓国の分離ウイルスは遺伝的に極めて近縁な同一遺伝子型で、タイやベトナム分離ウイルスとは遺伝的に異なる型であることが明らかになった。野鳥のウイルス検査を実施したところ全て陰性であった。
1) 日本および近隣アジア国で分離された高病原性鳥インフルエンザウイルスについて遺伝子の解析をしたところ、日本および韓国の分離ウイルスは互いの遺伝子が99%以上一致し、同一遺伝子型の極めて近縁なウイルスであった。一方、タイやベトナム分離ウイルスは日本の分離ウイルスと一部の遺伝子が異なっており、異なる遺伝子型であった。
2) 高病原性鳥インフルエンザの発生地域(山口県、大分県、京都府)周辺の野生鳥類から検体を採取し、ウイルス分離ならびに血清抗体調査を実施したところ、各々の現地調査で得られた野鳥個体合計292羽、水鳥及びカラスの糞合計577検体の全てが高病原性鳥インフルエンザウイルス陰性であった。
3) 韓国の高病原性鳥インフルエンザ発生地から日本に渡ってくる可能性のある渡り鳥として9目20科67種の絞り込みを行った。  後略>

以上の情報があるから、日本では韓国からの発生ニュースが極めて重要であったはず。
その後、過去3年間に緊急調査以後の取り組みがないようだったのは遺憾。

<平成19年1月12日 環境省 報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7901
環境省では、昨年11月25日に韓国南部の全羅北道(チョルラプクド)において鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)が確認されたことを受け、渡り鳥等の高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査を強化しており、昨年12月の調査結果がまとまりました。
1.昨年12月の調査結果について
 鳥取、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の各県18調査地点において採取したカラス類、カモ類、シギ類等の野鳥糞便の144検体(681個体分)について検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウィルスは、確認されませんでした。 また、カラス類、カモ類、シギ類等の野鳥が多く集まっているねぐら等の場所で生息状況の確認を行いましたが、現在まで野鳥の大量死等の異常は確認されていません。
 なお、引き続き、今月も同様の調査を継続することとしています。>

一応、対応の動きを見せていたが、なぜ、宮崎県で調査していなかったのだろう。

京都府は、前回の発生を経験しているので、警戒態勢を敷いていた。

<平成18年11月29日 京都府農林水産部畜産課
韓国における高病原性鳥インフルエンザ(H5N1:強毒タイプ)の発生に伴う対応についてhttp://www.pref.kyoto.jp/news/press/2006/11/1164776481881.html
11月23日に韓国の肉用種鶏場において、高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、京都府では本病の侵入を防ぐとともに万一の発生に備え、下記のとおり対策を進めておりますので、お知らせします。>

京都と同様に過去に経験している大分と山口の二県ではどうなっていたか。

大分県のHPでは「食べても大丈夫」の情報のみ。韓国での発生は注目されたのか不明。
http://www.pref.oita.jp/13900/toriinflu2/index.html

山口県では宮崎県での発生を受けてから後で対策が始動していたらしい。

経験済みの県でこのような状況であるから、他の各県では推して知るべしだろう。
韓国情報を受けて「警戒」体勢に入った関係者が極めてかぎられていたことがわかった。
3年経てば担当部署が変わってしまう行政慣行も影響しているのだろうか。

なお、韓国と日本で発生したウイルスは中国のある場所から来ているという報道がある。
それが事実であれば、渡り鳥の種類と経路を絞り込んだ上で、詳細な国際協力研究調査
を計画して「渡り鳥説」を検証するべきであろう。ちょこっと調べてみて、陰性でしたという
報告で止まってしまう、日本の行政による調査というのはいったいなんのための調査なの
だろうか。調査のための調査というジャンルもありでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2007-01-27 19:53 | 評論
<< カラスの潮干狩り 鳥インフルエンザ >>