beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

臭うんです

鳥インフルエンザ情報を調べ続けているうちに、しだいに悪臭が立ち込めてきました。
なぜ養鶏場間の二次的な感染が意図的に隠蔽あるいは無視され続けているのか、
最初から「それはなし」、という前提ですべてのことが進められているような気がします。

これまでの発生は、韓国も含めてですが、すべて工場形式の養鶏業で起こったこと
だったと思います。鶏はすべて遺伝的に均一に管理された工場生産用につくられたもの
だったはずです。ニュースとして表に出てこない情報でもインターネットで調べれば、
かなり出てきます。どうやら、問題の根本の部分で、陰謀くさい仕掛けが施されている
可能性までささやかれています。

007映画の一つで、ヒトラーによる(優秀な)ゲルマン民族を支配者として残すために、
劣等民族を消し去る(過去の誤った優生学を根拠にしたホロコーストの)動きをモデルに
して、宇宙空間の軌道衛星に優秀な若者達を運んでおいて、地上に残っているおばか
な人々を中性子爆弾か何かで殲滅させ、「浄化」された地上にユートピアを作ってしまう
計画のお話がありましたね。ボンドの活躍で見事に失敗するので結局は娯楽映画です。
(細かいことは記憶があいまいで不正確に記憶しているかもしれません)

最新の大量生産技術を使って工場式の養鶏業を世界的に広め、そのシステム中で
鳥インフルエンザが新型の人型インフルエンザに変異してパンデミックが起こりやすく
なるように、養鶏業を「増幅装置、あるいは培養装置」にしてきたかのようにも見えます。

結果としてこのような構図になってしまったのが実態なのでしょうが、これを先読みして
健康弱者(栄養不足、アレルギー体質の人たちや老齢者など)の淘汰の陰謀があった
としたら、どうでしょう。パンデミックは戦争と同じようなものですから、戦争でもうける
やからと同様にパンデミックでもうけようとしている人たちがいたとしたら、ヒトラーの
再来です。鳥用と人用ワクチン生産の陰で、かなり臭いようです。

空想話はさておき、実際の問題は養鶏を工場形式で続けてよろしいのかということに
なるでしょう。鶏糞の過大な環境負担は原子力発電所の核燃料廃棄物の処理問題と
似たような構図です。後始末のつけを後の世代や環境に回しておいて、目先だけの
生産性を向上させるのが許されるか、ということと、持続的な産業として健全な経営を
続けるための環境コストを誰が負担するか(生産者か消費者か)という基本的な課題
が出ています。
[PR]

by beachmollusc | 2007-02-12 12:12 | 日記
<< 奥野川 久々に >>