beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

天然記念物、アーマンたちの天国と地獄 (再)

オカヤドカリの仲間は沖縄ではアーマン(またはアマン、沖縄本島には3種類あり)と呼ばれ、地元では昔から釣り餌に使われ、また県外では夜店などで売られてペットにされてきた。いまどきのインターネット上の販売サイトでは、「商品説明: 天然記念物の珍獣オカヤドカリを沖縄より独自のルートで仕入れました。もちろん許可を得ていますので安心してください。」という風に、いつの間にか珍獣にされている。また、「オカヤドカリ(オキャッピー):カラーキャップに入ったオカヤドカリです」とか、大型のムラサキオカヤドカリなどはパープルアーマンとブランド名がつけられ、かなりの高値で売られている。とにかく天然記念物というタイトルを持つ付加価値つきの商品として生き物が「違法でなく」堂々と流通するのは世界的に見ても大変ユニークなことだろう。

天然記念物を拾い集めて釣り餌にできるほどアーマンが沖縄のどこの海岸でもゴロゴロしていたのは今は昔、沖縄の海岸では最近数十年でどこでも急速に姿を消してきている。「雑草のようなものを天然記念物に指定したのはナンデダロー」という疑問はすでに過去の話となってしまい、結果的に「先見の明」がお役人にあったのだと評価しなければならない状況ができている。このオカヤドカリたちの消滅を招いた原因は詳しく調べられていないだろうが、生息環境の破壊、すなわち埋立てや護岸工事、そして沿岸部の環境汚染などの悪影響が容易に想像できる。そこで、天然記念物についての「文化財保護法」の中身を見てみよう。

第三条「政府及び地方公共団体は、文化財がわが国の歴史、文化等の正しい理解のため欠くことのできないものであり、且つ、将来の文化の向上発展の基礎をなすものであることを認識し、その保存が適切に行われるように、周到の注意をもつてこの法律の趣旨の徹底に努めなければならない。」

オカヤドカリ類についての学術調査が琉球大学の仲宗根教授によって実施されたが、その結果を受けて、この法令のもとで「文化財としての保存」のためオカヤドカリたちについて何らかの具体的な方策がとられてきたとはとうてい思えない。法律が守られない場合の罰則もキチンと決められているのだが、今の悲惨な状況を招いた行政上の責任者が告発され、誰か処罰されたという話は聞いていない。文化庁の天然記念物行政とは、形だけ指定しておくだけとなる傾向が強い印象を受けてしまうのは沖縄のジュゴンについても同様である。

アーマンたちの地獄が続いている最中に、彼らのために天国を作ろうという計画が持ち上がっている。沖縄市の沿岸で、中城湾内の港湾浚渫工事で出てきた土砂の捨て場対策として浮上した埋立て計画がらみの事業である。その計画を実施している国の行政機関のサイトを見ると、「新たな環境の創出」という項目の中に「人工海浜・海浜緑地の整備:埋立地の南側には、海域から陸域への自然な連続性を持った、自然海浜に類似する人工海浜・海浜緑地を整備します。」というのがある。これとは別途に「中城湾港海岸(中城2地区):オカヤドカリ類の生活環境の創出【事業費(補助)170百万円】が計画されている。誰も頼みもしないのに一億七千万円使ってアーマン・マンションを建設しようというのだ。とにかくお役人は「創出」というキーワードが大好きなようだが、この場合に使うことが適切な用語とは思えない。事実は、公共工事で生息環境を失ったアーマンたちのために人工的な生息場所を作ってみようかという、(天然記念物保護を口実に使う)土建・公共事業のさらなる「創出」でしかない。

オカヤドカリ類はたしかに陸に生息している動物であるが、それは成体であって、幼生時代は海中を漂うプランクトンでもある。幼生をはぐくんでいる沿岸流を変化させて停滞させる埋立て、それに伴う海水の汚染、さらに海から陸へ移り住むときに海岸で見つけ、宿に使うための微小な貝殻の供給を阻止して、どうやってアーマンたちの生息を保証できるのだろう。「自然海浜に類似する人工海浜」が生態的な機能を持つかどうか、科学的な検討を重ね、アーマンたちの天国を「創出」できるという確信が得られた上でこの事業は計画されたのだろうか。土建・公共事業の補助金に眼がくらんで魂が抜けてしまった人々には幻のアーマンの群れが住み着いているようだが、その「まぶいぐみ」はできるのだろうか。  (2003.10.19)

上は昔のHPの独り言こーなーから再掲載した。
「まぶいぐみ」とは:
http://www.will-way.com/wan_will/alpha/majun/archives/2005/12/post_2.html
アーマンとの関連:目取真俊著『魂込め』 朝日新聞社(1999年)
書評の例 http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/1999/magumi.html
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-31 07:33 | 評論
<< 沖縄の紅葉 (再) 代掻き >>