beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

沖縄の紅葉 (再)

2000年7月の沖縄サミット開催を控えた琉球大学では全学の建物のお化粧直しが始まった。大学生の前で大見栄を切るのが好きな某国の大統領が来学するやもしれぬ、という情報が流(さ)れたらしく、建物の外壁がカビなどで黒ずんだキャンパスを貴賓客や海外からの報道陣に見られたくないという「体面上の問題」という外務省好みの理屈を立てたのか、サミット関連予算の食いつぶし合戦に文部省も堂々と参戦、聞く所によるとこれに14億円をせしめたそうである。全学の建物がシートで覆い隠され、外壁の塗り替え工事が行われ、その頃が丁度繁殖期で建物の各コーナーで巣作りしていたイソヒヨたちがひどい目に合わされていた。そして、ペンキの吹きつけ作業が予告なしに行われた区域では多数のエアコンの室外機が塗装されて働かなくなった。この間、うわべは綺麗になった建物の中で、教育・研究の充実のためにはお金が来なかったことは言うまでもない。

その同じ頃、沖縄ではすでに長年見慣れてきている琉球松の紅葉シーズンとなっていた。いわゆるマツクイムシにやられた松が、緑豊かな島中で真っ赤に染まる季節となっていた。そして、これもサミット関連予算に付けを回したのかどうかわからないが、サミット開催日までには、来島者の視野に入りそうな枯れ松は一本残らず処理されたようであった。それから2年余り過ぎた現在、再び大々的に松の紅葉が進行中である。沖縄県では、県木リュウキュウマツをみんなで守ろう!というスローガンを立て、「沖縄県松くい虫の防除に関する条例」を平成14年6月1日から施行した(県農林水産部、みどり推進課: http://www.pref.okinawa.jp/churahome/02-jul-kenugo2.pdf)。つまり、マツクイムシの被害が目立つようになったのは1980年代からであったので、20年くらい場当たり的な対策事業を続けて効果なしのまま、それでも降参しないで一方的な宣戦布告をしたというわけである。これは同時に進行中の「オニヒトデ対策事業」とまったく同じパターンである。

マツクイムシはマツノザイセンチュウという長さ1ミリくらいの線虫類の1種が樹幹の中で繁殖して松枯れが引き起こされるという寄生虫病である。そして線虫を運ぶ昆虫、マダラカミキリがその被害を広げるわけである。カミキリムシは本来は松と平和共存している無害なものが、不運にも厄介者の運びやというレッテルを貼られ、駆除の対象となってしまった。そして、すでに全国的に広がったマツクイムシの被害拡大を防ぐという名目でカミキリムシ駆除のため空中から殺虫剤が撒き散らされ、その他大勢の昆虫たちを巻き添えにしてしまっている。昆虫を食べる鳥たちや小動物もその影響で巻き添えになっているはずである。さらに海岸の松林を守るということから、沿岸の海洋生物がこの薬剤散布の影響を受けているはずであるが、具体的な情報がない。つまり、関係者には松とマツクイムシが視野の中にあるだけのようである。

この問題を「生物の生活」という文系学生対象の講義のトピックスとして紹介するために調べていて驚いたことに、マツノザイセンチュウは1970年代までにアメリカから日本に進入したという情報があった。そしてアメリカでは松の木がこの線虫と平和共存しているという。人間に寄生する線虫が喘息、アトピーや花粉症などのアレルギー病を抑える抗体を生産して宿主を助けているらしいという話があるように、寄生虫であっても宿主と平和共存しながらお互いに助け合っている姿も見られる。しかし、外来種として異なる場所に移入、侵入した生物の場合は既存の生態的な秩序を激しく乱すこともある。マツクイムシはこの典型的な事例であろう。それでも長い時間が経過すれば、自己破滅的な現象は次第に落ち着いてくるのが進化の仕組みとして働くようだ。マツクイムシで死んだ松はモザイクになっているし、生き残った個体では新しい共存関係も成立し始めているかもしれない。この寄生性線虫の原産地であるアメリカではどのように共存関係ができているのか、日本の松がなぜ寄生の結果で枯れてしまうのか、などの基本的な情報を得る研究・調査を進める先に、目前の不都合だけを乱暴な方法で除去するような駆除対策事業に突っ走るのは生物の生態を理解できていない愚者の行為である。 (2002.10.17)

追記 沖縄県では1986年以後は松枯れ対策事業で薬剤の空中散布をしていないそうである。しかし、マツクイムシの被害が出ている45都道府県中33県(7割)では2001年度も相変わらず散布を続け、民間でもゴルフ場などで散布を続けているという。薬剤散布の効果について科学的な検証もせずに、自然環境の破壊を続けることをやめようとしない国と地方の行政担当者の頭の中はどうなっているのだろうか。(2002.10.19)

追記の追記
今日は平成18年度の最後の日であり、沖縄県にとっては特別な日でもある。
上のエッセイは5年前に書いたものであるが、その年から5年間でマツクイムシを根絶
という宣言が県から出されたのをネット上で見たので、まさに今その成果が確認される
べき時。文中のpdfファイルはすでに消えているが、更新されたサイトには乗っている。
ただし、当初のいさましかった根絶宣言は消去されている。

5年間で税金をどれだけつぎ込んだのか知らないが、おそらく100億円くらいであろう。
沖縄の林業の総生産と比べてみたいが、データが見つからない。
県の担当者にはすでに事業の成果の総括について問い合わせのメールを出してある。
どのような返事が返ってくるのかお楽しみ、なのだ。(2007.3.31)
[PR]

by beachmollusc | 2007-03-31 18:54 | 評論
<< カラスの勝手でしょう 天然記念物、アーマンたちの天国... >>