beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貝類の移植と外来種問題(特にシナハマグリについて)

有明海原産のシカメガキという貝が、米国のoyster barではKumamoto oysterと呼ばれ、一番人気になっているそうである。これは西海岸、特にワシントン州などで盛んに養殖されているようである。たとえば、
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/chronicle/archive/2002/04/28/CM240350.DTL

1928年に雨宮育作はシカメガキをマガキとは異なる種として(新種)記載したが、最近までこのカキは貝類の分類専門家の間では独立した種とは認められずにいた。また、成長が遅いことなどから、国内では養殖対象とはされてこなかった。

アメリカで産業的に重要となり、その遺伝資源としての重要性が認識されてから本種の分類が再検討された。その結果、マガキとは成育環境が異なっていて住み分けていること、そしてシカメガキの精子はマガキの卵とは受精しないこと(その逆の組み合わせは交雑する)、さらに分子遺伝的な差異が認められて、1994年に独立種として認識されるようになった。
M. A. Banks, D. J. McGoldrick, W. Borgeson and D. Hedgecock (1994)
Gametic incompatibility and genetic divergence of Pacific and Kumamoto oysters, Crassostrea gigas and C. sikamea. Marine Biology Volume 121, 127-135.

シカメガキの種としての独立性はマガキとの部分交雑が起こるため、その養殖では系統の維持について注意が必要になっている。アメリカの養殖ストックで起きた遺伝子の劣化を回復させるために原産地、有明海のストックの調査がアメリカの研究チームによって10年余り前に行われた。それは諫早湾の締め切り堤防が完成していた頃で、有明海では多くのの貝類が激減、壊滅状態に陥っていた。現地調査を実施したアメリカ人研究者の眼に映った当時の有明海の姿は悲惨だったことと想像できる。しかし、絶滅が心配されていたシカメガキはかろうじて残っていた。

国境を越えて意図的に移植され、産業的に重要な資源となった例にはシカメガキ、マガキのほかにアサリもある。これはハワイ、ワシントン州、そしてヨーロッパ(フランス)まで広げられた。その一方で、非意図的な移動も多く起こっていて、アジア原産のシジミの仲間が米国の河川水系で問題となったり、中央アジア原産のゼブラ貝が五大湖にもたらされ米国内で急速に広がって大問題となった例もある。なお、日本では東京湾が水産外来種の見本市状態となっている。
http://members12.tsukaeru.net/aono/

人間が意図的、あるいは非意図的に広範囲に移動させてきている水産生物は資源として受け入れられる反面、在来種を圧迫する外来種として排斥の対象ともなっている。この点について日本国内で現在進行形のシナハマグリの問題を考えて見たい。 (つづく)
[PR]

by beachmollusc | 2008-02-05 09:56 | 評論
<< 貝類の移植と外来種問題(特にシ... mummy? >>