beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貝類の移植と外来種問題(特にシナハマグリについて)その4

外来種による「遺伝的な撹乱」の本題に入る前に、移植放流に関するその他の問題点を整理しておきたい。外来生物法が施行されて、それ以前の無秩序な状態が一応解消されたが、反動で帰化・外来生物が外来種であることだけで「悪者」すなわち「不都合な存在」とみなされる傾向が強く出てきていることについても私見を述べておきたい。

外来種が生態的、あるいは経済的な問題を引き起こし、駆除対象となっているものは少なくない。しかし、多数の外来・帰化生物が日本国内で広く定着し、原風景の一部になっていることも事実である。在来種であっても人の経済活動や公衆衛生上で不都合な存在はいくらでもあり、多くは排除対象ともなっている。

そもそも外来生物法とは「特定外来種」という概念で個々の種について「不都合な存在」と公的に認定されれば、それぞれについて行政的に管理対象とするという精神である。すでに利用が定着していても、生態的な撹乱(特に在来種に対する影響)が認められるような外来生物では、資源利用と生態系保全とが緊張関係におかれ、水産生物では衝突が起こりやすくなっている。

多くの野生生物が環境あるいは生態的に「不都合な存在」となったのは、ほとんどの場合、人間側で自ら招いてきたものである。生態的な情報不足と誤った認識による導入(天敵の導入が問題を悪化させたケースなど)、ペットや養殖対象動物の飼育放棄による野生化などである。貝類では通称ジャンボタニシ、標準名スクミリンゴガイという淡水産の巻貝が養殖対象として導入されたが、逸散したあげくに農業ペストとなった。
http://www.knaes.affrc.go.jp/kiban/g_seitai/hmpgsctn.html
しかし、この貝は九州北部を中心に「稲守貝(ジャンボタニシ)稲作」として水田雑草を食べさせて除草剤の使用を抑える手段として利用されるようになった。
http://hb7.seikyou.ne.jp/home/N-une/2-d-4-kannkyouinaskaunosusume.htm

日本では水産関係で国境での検疫という概念が存在していなかったのが実態である。宮城県などで行われたアサリの放流では、天敵のサキグロタマツメタという巻貝が一緒にもたらされて大発生し、アサリの激しい食害が広がってしまった例は記憶に新しい。

貝類の病原生物が、外来集団の移植で一緒に運ばれる可能性は高い。貝類の病気についての知見が乏しいため、実際に感染症が蔓延していたとしても、その実態がわからないままに終わることにもなりかねない。近年、アサリ資源が全国的に急激に減少したが、それには原虫(アメリカで大きな問題となったパーキンサス症)の影響があったかもしれない。

二枚貝類の幼生を孵化場で飼育すると、ウイルス性の疫病で幼生が一斉に死滅することがある。カキの養殖などでは種苗生産管理上、これが大きな問題となっている。コイのヘルペス症やクルマエビのウイルス性疾病など、表面化している問題もある。とにかく、水産動物集団の移動は、国内、国外を問わず検疫の上で実行できるとする基本ルールの確立が求められる。

写真は南郷町の水中観光船、マリンビューワーなんごうが港に戻ってきたところ。
e0094349_18121596.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-02-16 18:12 | 評論
<< 貝類の移植と外来種問題(特にシ... 貝類の移植と外来種問題(特にシ... >>