beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うなぎが絶滅する日(その2)

河川(そして汽水域、河川に上らない個体、海だけで暮らすものが発見されている)でニホンウナギが何年かけて成魚になって産卵場に向かうようになるか、という点を知りたくて情報を集めようとしてみたが、明快な数字が見つからない。

内水面重要種資源増大対策事業(ウナギ資源調査)というのが全国的に展開されてきた。(水産庁が日本水産資源保護協会に委託し、日本水産資源保護協会が各県へ再委託。平成15年度に水産庁と日本水産資源保護協会との委託事業が終了)

このように、資源そのものが危なくなってからしか調査をやらないのが日本の水産(行政)の特徴でもある。増大しないようにする対策と見えるから、「資源増大対策事業」という言葉はどこかが変ですね。国の官僚が予算獲得行事に臨むときに「アピール」するための用語にはこのようなヘンテコがよく見られる。

鹿児島でのウナギ資源調査報告がオンラインで見つかった。
http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/naisui/news/2001/74_unagi.htm
それから引用:
<今後の課題
 本調査結果を踏まえた淡水域でのウナギの生態に関する今後の課題を列記すると、
・なぜ漁獲ウナギは大きく雌に偏っているのか?
・梁で漁獲されるウナギは産卵回遊なのか、季節的な移動なのか?
・産卵回遊に向かうウナギはいつ、どのようにして海へと向かうのか?
・稚ウナギはどこでどういう生活をしているのか?
・海水の影響のある河口域に生息するウナギは遡上するウナギと異なるのか?
等、未だウナギの生態については淡水生活期ですら殆ど解明されていないといっても過言ではなく、ニホンウナギという種の存続のため長期的、総合的な調査が必要であるものと思われる。>
だそうである。

資源を守り、持続的に利用するための情報に関して肝心なことは何もわかっていない、というのが現状なのか、と驚くばかり。ウナギの養殖関係の技術革新は目覚しかったと思われるが、資源調査のような、直接お金にならないことは後回しであったということであろう。

大分県でも資源調査が行われた:
http://www.mfs.pref.oita.jp/planning/paper/H15/H15jihou66.pdf

吉野川のある徳島県の調査では:
http://grwww004.pref.tokushima.jp/suisan/books/jiho/h11/h11-46.pdf

これらの報告を見ると、簡単な捕獲調査結果と環境パラメーターの数字を出しておしまい。調査予算もわずかで、日常業務のかたわら予算消化の、つまり「ついでの仕事」であろう。

国のプロジェクトというものの実態がこれである。

元締めの水産庁で総括している情報としては:
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kikaku/hyoka/14/shudan_sheet/14shudanh69.pdf
結局、天然ウナギの消滅の前に採卵して全生活史の段階を人工的に育てる完全養殖技術の開発が間に合うかどうかに賭けている、としか見えない。

上では大淀川の調査結果の一部が出ているが、宮崎県ではいかがなものかと調べてみた。県の水産試験場の百年史の試験研究課題一覧:
http://www.suisi.miyazaki.miyazaki.jp/pdf/02.pdf
* 昭和45年度、ウナギ種苗の安定的供給に関する試験
* 46年度、黒潮離接岸と宮崎県におけるシラスウナギ漁との関係
* 50年度、国産ウナギ越冬試験
* 55年度、塩酸オキシテトラサイクリンによるウナギ薬浴後の体内残留性
* 平成8年度、シラスウナギALC標識試験:アリザリンコンプレキソン(ALC)による標識、つまり生きている動物体の硬組織を染色する手法
以上が掲載されていた。

情報は古いが、「みやざきの自然」サイトで、宮崎県の河川の魚(5)という解説記事がある。
http://miyazaki.4zen.jp/011/15/index.html
ウナギ養殖が発展した陰で河川の天然ウナギの漁獲が激減していった様子がグラフで示されている。

ウナギの養殖では海から河川に上るシラスを捕獲して池で育てる。そのシラスの量が国内需要を満たさず、一時はヨーロッパウナギの稚魚を輸入して育てることも行われたが、結局それは日本国内では定着しなかった。しかし、中国ではヨーロッパウナギをシラスから育てる養殖が発展することになった。

シラスウナギの[池入れ」、つまり養殖池に使われた量の情報がネットでだされているのでそれをグラフ化してみた。(うなぎネットサイトhttp://www.unagi.jp/)

ヨーロッパウナギのシラスを使っているのは中国だけかどうかわからないが、とりあえずニホンウナギのシラスからの養殖を日本、韓国、台湾で競っているとして、中国は除いてグラフにしてある。中国が最大のウナギ養殖生産量を誇っているが、それがヨーロッパウナギ資源の存続を脅かしているようである。
e0094349_10563326.jpg

日本では国内での供給が減り、台湾などからの輸入で支えられてきた。しかし、台湾がシラスウナギの輸出禁止を打ち出してきたので、日本のウナギ養殖の種苗供給における混乱は避けられないだろう(密輸など、裏道があり、産地表示は滅茶苦茶となる)。
http://mainichi.jp/select/world/scene/news/20080204ddm007030143000c.html

資源保全管理のコストを負担しないで自然から収奪を続けてきたつけが取り立てられていると考えられる。
[PR]

by beachmollusc | 2008-02-20 11:00 | 評論
<< 評価書の怪 北小倉ヶ浜 >>