beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

評価書の怪

ウナギ資源増大対策事業、という題目の平成14年度に9,000万円あまりが執行された事業の評価書を改めて眺めてみたら、不思議なことがてんこもりである。
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kikaku/hyoka/14/shudan_sheet/14shudanh69.pdf
ウナギに関する事業であるから、滑ってつかみどころがないのは当然かもしれない。

政策目標を見ると「資源増大対策」ではなくて資源の減少(実際は衰退)に関する対策事業である。「ウナギの資源量、資源補給量等の把握と人工種苗生産技術の開発」を二本柱としていて、ウナギ資源の持続的な利用(水産物の安定的な供給)を達成するために、「主要養殖生産国の持続的利用枠組み構築」という国境を越えた極めて野心的な概念図を示している。この資源衰退問題の根源は国内にあることぐらいは本事業の調査前にわかっていただろうが、水産庁が主導して国際間で「枠組み」を作る、ということは日本を反面教師として海外に情報提供するという意味なのだろうか。

この事業の達成度は、406%とされている。何がそのすばらしい成果の分母と分子になっているのか示されていないが、これは水産庁の担当者が、自分たちの(書類を作り財務省から予算を獲得して委託先の研究センターに回す)努力を正当に評価したものであろう。406%ということは、想定していた予算目標の4倍が認められたのかな。それにしても、この6という端数は何だろう。

政策目標との関連、という項目には、目標値(目標年度)として平成18年度(つまり14年度から5カ年計画か?)に2,016千トン(つまり約200万トン、4桁目までの端数は何を意味する?)の指標名:関係漁業生産量(主な栽培漁業対象魚種、海面養殖業等)の維持及び増大、が示されている。それに対して実績値が1,995千トン(ほぼ200万トン)。これがこの資料の最大の謎である。

統計数値によると、平成16年度の日本全国のウナギの生産量は天然で約600トン、ウナギ養殖の生産量は日本全国合計で445の経営体が21,777トン。これらの数字から、2万トン余りがウナギの全年間生産量であるが、200万トンという上の実績値の数字は一体全体何を示しているのだろうか。また、何がどのように本事業のおかげで「増大」したのだろう。

2008年2月12日公表の漁業・養殖業生産統計年報 > 平成16年漁業・養殖業生産統計年報(政府統計の総合窓口 e-Stat http://www.e-stat.go.jp/ からダウンロードできる)

日本のすべての漁業(海面、内水面、養殖)による生産量は、年間約600万トン(その約2割が養殖)となっている。200万トンとはその三分の一に相当し、海面、内水面の養殖業の合計約120万トンよりもはるかに大きい。

この事業評価書の締めくくり、総括意見は[廃止(一部)及び有効性、効率性の改善]としてあり、<本事業のうち、ウナギ資源の調査は必要性が低下しており、有効性、効率性について改善が必要なことから、本調査を廃止することを前提に検討を行い、重点化を計るなどして事業の見直しが必要である。>

えーーーー、400%の達成率の事業の総括が資源調査の廃止ですか。確かに調査を継続しても、資源が減少を続けていることが浮き彫りになるだけで、目標達成の助けにはならない。

人工種苗生産はなんとか進んでいるので、これだけを継続させるというのが水産庁の立場のようである。資源を増やし、持続的に利用できるようにするためには、何がどうなって資源が衰退しているかを把握して、その「対策」を講じることが求められる。しかし、水産庁はこれについて完全にそっぽを向いているように思われる。

ウナギの資源がなぜ減少したのか、定性的には誰もが「知っている」ことであろうが、具体的な数量的な証拠を出して因果関係を推定できるように示した調査結果がでているようだ。

ウナギ減少ダムのせい 四万十川は影響軽微  2006年11月04日 高知新聞の記事。
http://www.kochinews.co.jp/0611/061104evening01.htm
<河川の流域面積当たりのダムの貯水量が、河川に加えられた環境改変の大きさの指標になるとみて、四万十川や利根川などについて漁獲量との関連を分析した。
 すると、貯水量が少ない四万十川や筑後川は漁獲量の減少率が低く、貯水量の大きい利根川や那珂川、江の川などは減少率が高いことが分かった。貯水量が中程度の肱川や球磨川は、減少率も中程度だった。>(部分引用)

霞ヶ浦、北浦再生事業に取り組んでいるNPOあさざ基金のサイトに「カムバックウナギシンポジウム」の講演要旨が掲載されている。その中に上の新聞記事で紹介された調査を行った研究者の発表が含まれている。
http://www.kasumigaura.net/asaza/index.html

写真は日向市内の塩見川でくつろぐカモ。
e0094349_8354553.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-02-21 09:08 | 評論
<< ウナギのストック うなぎが絶滅する日(その2) >>