beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ウナギのストック

ストック(STOCK)という言葉は水産資源学では「系群」と呼ばれている。その学問的な定義はあいまいなところが残っているが、水産資源を持続的に利用する、つまり資源動物の再生産を維持し、(生産力の余剰から間引く)漁獲(とその基礎となる生産環境の保全)を続けるように科学的、合理的な管理を目指すための基礎単位と考えればよいだろう。
参考図書:
Stock Identification Methods: Applications in Fishery Science
Edited by Steven X. Cadrin, Kevin D. Friedland and John R. Waldman 
736ページ Elsevier/Academic Press (2004)
(この本の複数の章で、ウナギ類のストックについてかなり詳しく述べられている)

生態学の一分野として発展中の保全生態学では野外生物の集団を守る(あるいは有害生物を管理:排除する)ための基礎単位をどのように捉えるべきか、という課題がある。水産学と同様に、野外の生物集団を人為的に管理することが目標になった場合には、その繁殖・再生産の単位が時間的、空間的にどのようになっているのかを理解して具体的な方策を考えることになり、その単位は水産学の系群とほぼ同様な概念となる。ウナギの場合は水産資源の一つであると同時に河川・湖沼の生態系の中で高次捕食者として重要な野生動物であるから、水産学と生態学を融合させた広い視野での調査研究が必要である。

ウナギのストックを考えるためには、海洋学的な問題、つまり産卵場所とタイミング、そこで生まれた卵・稚仔魚の流動・分散などに関する情報が重要であることはいうまでもない。これについては東大海洋研究所の塚本研究室の皆さんなどの努力によって解明が進められてきた。産卵場所と産卵期がほぼ特定された結果から考えると、日本だけでなく東アジア全体のニホンウナギのストックは、おそらく同じ狭い海域から生まれ出て広がっているのだろう。これから解明されるべき重要な問題は、その産卵場に集まってくるウナギ、言い換えれば産卵集団を構成する親ウナギたちはどこからどのくらいの数が来ているかであろう。日本沿岸から産卵場に旅だっているものはどのくらいあって、どの程度貢献しているのだろうか。

ニホンウナギたちの未来:このままの状況が進むと絶滅が待ち受けているかどうかを占うためには何を知る必要があるのだろう。ニホンウナギの単一ストック仮説が正しければ、日本だけの資源管理の取り組みでは不十分となることは明らかである。クロマグロの漁獲を日本沿岸でいくら自主規制しても、東シナ海の産卵場に回遊する親マグロを台湾や中国の漁船が乱獲したらおしまいになるのと同様であろう。http://www.nissui.co.jp/academy/market/08/market_vol08.pdf

東アジア諸国の共有財産となっているウナギ資源については、国際協力によって維持管理できるような「枠組み」を構築しなければならないが、水産庁(と外務省)はこの重要課題を放置してきたのではないだろうか。これは資源の分捕りあいのための政治的な利害調整の次元のみでやるべき課題ではなく、科学的な情報を十分に集めて合理的な判断を下せるようにする必要があるだろう。日本はウナギの最大の消費国であり、リーダーシップをとるべき立場にある。

写真は宮崎県南郷町の港の駅にて2月13日昼、県知事が来てカツオの無料配布が行われる寸前。
e0094349_1081182.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-02-23 10:08 | 評論
<< 資源変動と海流 評価書の怪 >>