「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

資源変動と海流

昨年の初夏(?)に生まれてから数千キロの旅を続けてきたシラスウナギが日本の河川、
河口に接岸する時期のピークを過ぎようとしている。

今年度のシラスウナギ漁はきわめて不漁となっているようだ。

ウナギはどうやって来る(回遊)
http://www.unagi.jp/maker/process/trip.html
光の乱舞 シラスウナギ漁・・・高知・四万十川河口http://osaka.yomiuri.co.jp/season/20080206kn05.htm
水面彩る「シラスウナギ漁」 吉野川・那賀川河口で本格化
http://www.topics.or.jp/contents.html?m1=2&m2=&NB=CORENEWS&GI=Kennai&G=&ns=news_120157134231&v=&vm=1

出発点である産卵海域が黒潮源流の東沖にある。卵から孵化したレプトケファルスは
西にゆっくりと時間をかけて流されてから、黒潮に乗って、急速に北上してくるらしい。
その時代に食べる餌が良くわからないのが、卵からの人工飼育でネックとなっている

黒潮源流海域では北東からの貿易風で表面海水は西に向かって流れているだろうが
産卵期から後の時期は貿易風が弱まり、流れも弱まっていることだろう。そして上下の
水深移動をやっているらしいので、下層の反対向きの流れなどで拡散を続けるだろう。
黒潮本流で流されると、黒潮の東側で乗った後で、流軸の西側に運ばれにくくなると
想像される。

黒潮は浮遊して受動的に流動しているものを南から北に運ぶが、その流軸を中心に
して東西の表層流動のバリアーになっているらしいことに注意が必要である。たとえば、
イセエビの浮遊幼生は、黒潮の西側海域に運ばれるチャンスが乏しいらしく、九州西岸
の沿岸南下流が卓越していることもあって、日本海にはほとんど流れて行かないようで
ある。

黒潮の流域沿岸の主な漁場でイセエビの漁獲量は同調して増減する傾向がある。

シラスウナギの漁獲量について主な河川ごとのデータがオンラインではわからない。
これは、おそらく、九州西岸は除いて、太平洋の黒潮流域沿岸で年度ごとの増減が
シンクロしているのではないだろうか。この想像が当たっていれば、それはウナギの
単一ストック仮説を裏付けることにもなるだろう。また、台湾などでのシラスウナギの
接岸量の変動もシンクロしているかもしれない。

さて、中国大陸の河川に泳ぎ着くシラスウナギの量はどのくらいだろう:これがよく
わからない。もし中国沿岸で大量にシラスが漁獲されるならば、それが高値を呼ぶ
日本に流れてこないはずがないし、中国がヨーロッパウナギのシラスを大量に輸入
することも必要ないだろう。黒潮が西方向の流動のバリヤーとなっているならば、
台湾以西に向かうシラスは少ないだろうし、さらに日本海まで流されるものも少ない
だろう。しかし、イセエビと違って、ウナギは日本海沿岸でかなり漁獲されているよう
なので、このあたりがどうなっているのか、知りたいものである。

以上のような想像や空想はウナギを扱っている専門家は当然気づいているだろう。
このような海洋学的、生態的な全貌が、ウナギが自然界から消える前に解明される
ことになるだろうか。

<追記>
上を書いて投稿したすぐ後に、注文してあった本「ウナギ 地球環境を語る魚」 井田
徹治著、岩波新書1090 (2006年6月出版)が配送されてきて、一気に読み終えた。

学術、社会の両面について調査して取材され、文章も読みやすい良い本です。
これを読んで新しく知ったことは特になく、自分がわからなくて困っていることはやはり
わかっていないことだったのを再確認できた。

研究者レベルで東アジアのウナギ資源に関する情報交換の組織が出来ていることは
初耳であったが、水産庁をはじめ行政の取り組みが無いに等しいことは再確認した。

著者が締めくくりで書いた文、「日本人はどこかで、ウナギとの付き合い方を間違って
しまったのではないだろうか。小川や水田、溜池や干潟といったウナギにとって重要な
場所を次々と破壊した結果、ウナギはいつの間にか遠い存在になってしまった。」
全く同感である。

写真は塩見川の河口(小倉ヶ浜)に集合していたカモメ(多分セグロ)たち。
e0094349_1158215.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-02-24 11:58 | 評論
<< 無意味な義務放流 ウナギのストック >>