「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無意味な義務放流

豊かな海つくり、などという行事が、やんごとない方々とか子供たちを巻き込んで、日本各地で繰り広げられている。マスコミは(水産資源問題の現実には眼を向けないまま)これを好意的に報道し、一般市民は水産資源を養う努力が続けられている、と受け止めているだろう。このような官民あげての努力にもかかわらず日本の漁業生産の衰退が改善されずにいるのはなぜだろう。

下の図は日本の漁業生産量の経年変化である。1980年代のピーク時代には約1200万トンあった養殖を含む全漁獲量が、最近の実績で600万トン前後と半減している。
e0094349_9521548.jpg


海外の漁場から締め出され、遠洋・沖合漁業の燃料コストは増大し、漁船員にはなり手がいなくて、海外から「研修生」という現代版「ジャパ行きさん」制度を国の補助金でやっているしまつ。沿岸漁業の建て直しが重要課題であるが、水産庁は小規模漁業者を絶滅させるような行政運営を強化している。さらに、漁獲量の減衰を補う形で伸びてきた養殖は頭打ちになっている。一部の水産関係者によって「大本営」とあだ名を付けられている水産庁は、行政の手詰まり状態を打破するために、南氷洋商業捕鯨の再開による日本漁業の建て直しを訴えることで、当面の仮想敵「過激派、自然保護団体」に市民の関心をそらせる作戦をとっているようだ。

一方、河川の資源、アユ、ウナギ、シジミそしてハマグリなどについては河川漁協に対して行政指導による「義務放流」という制度があるようだ。漁業権の認可条件として、これらの主要な(減衰の著しい)資源の増殖につとめなさい、ということらしい。日向市の行政資料をオンラインで調べていたときに、ハマグリやアサリが放流されることに「補助金」が支出されていることを見つけ、当地に移住してから河川漁協の理事長さんなどとの情報交換を通じて、その実態がいかなるものかを知った。結論は、今の姿でこの「公共事業」を継続することは無意味であり、税金の無駄遣いに過ぎない。なお、ハマグリが河川漁業の対象になっていることは不思議なことかもしれないが、宮崎県では外海に生息するチョウセンハマグリが海域漁協の(第一種)漁業権対象となっているのに対し、河川の河口部に生息するハマグリは河川漁協に対して漁業権が認められている。

ウナギの放流は、河口部でシラスウナギを養殖のために大量に採って、産卵・再生産するべき親ウナギに育つものの数を減少させていること(その乱獲を行政として適正に管理していないこと)に対する補償が目的であるはずだ。そのために必要な放流用ウナギは、天然ウナギがどこかで余っているわけではないから、養殖されたものから間引くしかないことになる。ここで、ウナギ類各種(ニホンウナギ、ヨーロッパウナギほか)はウナギ、ハマグリ類各種(ハマグリ、チョウセンハマグリ、シナハマグリほか)はハマグリと言って、分類はもちろん資源の系群(ストック)の識別に全く無関心である水産庁は、総称の範囲にあるものならば「どの種でも放流してよろしい」という行政をやってきた。これは多分、水産庁の官僚たちが「いきもの」としての水産生物に関心が乏しく、生産・流通する「もの」としてしか興味がなかったということを裏付ける証拠であろう。

ブラックバスやカムルチーなどは遊漁対象として多くの人々に親しまれている一方で、在来種、特に琵琶湖などの固有種に生態的な悪影響を及ぼすとして環境保全問題になっている。しかし、ヨーロッパウナギやアメリカウナギがすでに外来種として日本に定着していることはほとんど知られていないし、問題としてとりあげるメディアもない。関係者たちは、いずれ成熟して海に出て河川や湖沼から消えてしまうだろう、と「期待」しているだけかもしれない。

大西洋のウナギたちは、ニホンウナギと同じように、成熟した個体がそれぞれ多くの別々の出発点から回遊して、結果的に大体同じ海域に集合して産卵集団を形成するようである。同じ場所に集まって同時に放卵・放精しないと子孫は出来ないので、それぞれが集合する目的地に到達するような仕組みを持っているのだろう。日本や中国沿岸から出発するヨーロッパウナギの成熟した個体の運命やいかに。日本でヨーロッパウナギが大量に放流されてから、親ウナギに育つまでの時間は十分に経過しているので、そろそろ、再生産した外来シラスが混ざってとれているかもしれない。また、ヨーロッパウナギとニホンウナギが交雑した雑種も誕生しているかもしれない。しかし、そのようなことが実際に起こるためには多数の親ウナギが産卵回遊に出ていなければならないだろうから、多分調べても検出できないと想像される。ニホンウナギにはもちろん、ヨーロッパウナギにとっても日本の河川や湖沼は住みにくい環境になっていて、放流されても成熟するまで育つ個体は少なかっただろう。

外来種としてのヨーロッパウナギが在来種のニホンウナギに対して生態的な優位性を持っていて、生存競争関係で悪影響を及ぼすかもしれない、という見解もある。しかし、現実を見つめれば、餌や生息場所などについて生態的な競争関係が発揮されるような「健全な」環境が大きく失われている。つまり、資源を増強させるための種苗を放流しても、十分に生き残れないような生産環境を構造的に完成させている。その結果として、予算が消化されるだけで、流通業者の利益があるだけで資源について何の経済効果も検証されない放流事業が蔓延しているようだ。ウナギの放流事業の場合は、特異的な産卵生態のおかげで、放流効果の検証・実証が極めて難しい。それをよいことに、行政主導の放流事業には養殖場の落ちこぼれになった規格外の個体が中心になり、外来種までが充当されてきたというお粗末。いったい何をやっているのだろう。

(貝類の放流について、次回につづく)
[PR]

by beachmollusc | 2008-02-26 09:58 | 評論
<< 野焼き 資源変動と海流 >>