beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

白鶴浜の惨状

e0094349_8242826.jpg

行政が立派な看板を立てるときは何かをごまかしている、と考えるべき時代です。
この白鶴浜の「アカウミガメを守りましょう」というものは、趣旨は立派なものです。
産卵上陸するアカウミガメに対する配慮など、注意事項はしっかり書かれています。

熊本県にはアカウミガメが産卵上陸できるような外海に面した砂浜はもともと
少なく、天草の牛深にある砂月浜や苓北町富岡海岸くらいなものであったのが、
どれも護岸で固められてしまってウミガメの産卵場所は失われていますので、
白鶴浜は最後の砦かな、と思っていました。

白鶴浜は熊本県でもっとも良い砂浜海岸であったと思います。チョウセンハマグリの
生息地であったし、ウミガメも昔は上陸して産卵していたでしょう。しかし、今の状態:
e0094349_8335576.jpg

砂浜が波打ち際まで完全に階段護岸にされています。これで、ウミガメに産卵して
ください、というのは無理な話です。もし産卵してしまったら、孵化するまで育つはず
がありません。海水が浸透しない、陸上から地下水が浸透していて適当な湿り気が
あり、発育温度条件が満たされた砂浜の上部に産卵床の孔を掘ってから産み落とす
必要があるので、上陸したウミガメは良い場所を探し回ります。

波打ち際のすぐ近くまで護岸で固められた海岸では、産卵GO!のサインが出る場所
にたどり着くことが出来ないまま、護岸の周りを徘徊し、あきらめて海に戻るでしょう。
しかし、外の場所も同じことになっているので、日本中ほとんどどこに行っても同じこと
です。ウミガメの保護をまじめに考えるならば、護岸階段を撤去して、海岸ギリギリの
建造物(道路も含む)を内陸に移動させる必要がありますが、それが出来ないので、
行政はアリバイの看板を立てるだけで逃げています。

ウミガメだけでなく、砂浜に生息していた生き物に対する護岸の悪影響は大きく、
チョウセンハマグリ集団はとっくの昔に消えています。大きな古い死殻や破片が
たくさん転がっていますので、昔は潮干狩りが楽しめたことがわかります。

前回、7年前に地元の人たちに話を聞きましたが、バブル時代の前には貝が多く、
チョウセンハマグリの潮干狩りが出来たそうでした。前回の写真が出てこないので
確認できませんが、垂直護岸だけだったと記憶しています。その時に採集できた
ナミノコガイの集団は、すでに消滅したかもしれません。波間に見えるはずの水管
を突き出す姿もなく、波間に躍り出る個体は全く見られませんでした。

前回訪問時には砂浜の砂は綺麗にソーティングされた粒のそろった細かい砂で
あったのが、今回は不そろいで粒が粗い、礫交じりの部分が広がっていました。
見苦しい姿の突堤で浜を仕切って海水浴と他のレジャーゾーンを仕切っている
ようですが、このような構造物は浜の堆積環境を大幅に変化させます。現地で
聞いた話では、この海岸の砂の侵食が激しいので、よそから砂を運んできて、
「養浜」をやっているそうです。構造物の建設で海岸侵食を招き、その結果を受け
て追加の公共事業を生み出すという、典型的な土建行政です。
e0094349_8584947.jpg

この浜を含めて、熊本県の外海の砂浜からは研究対象の貝類が消滅していますので、
再度訪問することはないでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-03-03 09:00 | 海岸
<< 天草のモニュメント:カッパとタコ 熊本県天草に遠征中 >>