beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

潮干狩りシーズン近し

小倉ヶ浜は東に向いて開いていて、さらに海岸林がしっかりしているおかげで、北西の季節風が強い冬の日であっても浜辺を歩くのに支障はありません。ただし、北東から突風が吹くと飛砂が起こり砂が舞い上がります。

昨日は小倉ヶ浜の南端部の漁港があるところまで歩きながら、生きたまま打ち上げられたチョウセンハマグリを4個見つけました。その内2個から共生しているカクレガニ、ピンノが出てきました。カクレガニ類の研究をしている熊本大学のW君にサンプルを提供するために探したわけでした。

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリは昨年から豊漁が続いていて、昨年度は9トンくらいの漁獲量だったと教えてもらいました。その前にはほとんどとれない年が続いて、1昨年に県の水産試験場が調査に来たほどだったのです。その調査の時に稚貝が多いことがわかって、それが今大きくなり始めていますから、これから数年は良好な漁獲が続くでしょう。おもしろいことに、2005年には小倉ヶ浜以外の各地の砂浜でも一斉にチョウセンハマグリが繁殖に成功したようです。

e0094349_7574256.jpg

ここ小倉ヶ浜の南端部にはかつて赤岩川の河口があって、周辺にチョウセンハマグリの稚貝が濃密な集団を形成していたことが記録に残っています。その後、赤岩川は河川改修で直線化され、河口が浜の中央部に固定されました。砂浜の河口は自然の力で常に移動するものですが、現在は護岸で固められていて動けません。

河口部、汽水環境の部分は生態的に重要であり、人為改変すると水産生物に多大な悪影響を及ぼすのですが、それが全く認識されずに公共工事の餌食になっています。チョウセンハマグリの再生産サイクルを維持していたのは、このような河口近くの干潟状の遠浅部分の環境です。ここで、かつては年間30から40トン漁獲されていました。現在の単価で計算すると1億円に近い水揚げがあったはずです。漁協のドル箱を復活させるためには、漁業調整規則による禁止事項の看板を立てるだけではいけません。

砂浜が遠浅で干潮の時に干潟のようになる場所は日本中で極めて少なくなっています。遠浅の海岸は大波のエネルギーを吸収して海岸の内陸を守ります。護岸に大波が当たると砂が沖に持ってゆかれて、海岸侵食の悪循環が起こるようです。砂浜に護岸はいりません。

干潮の砂の上にチドリの群れが飛びまわりながら餌を漁っていました。このような風景が見られるのは小倉ヶ浜の健康状態が比較的良いことを意味します。
e0094349_810337.jpg
e0094349_8101215.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-03-06 08:10 | 海岸
<< 良い放流と悪い放流 天草のホタル >>