「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

良い放流と悪い放流

河川や湖沼の水産動物の義務放流に関する問題を前に指摘したが、魚介類の種苗を放流することは、「必ずしも資源の増加につながるわけではない、そして漁獲対象物に疾病や寄生生物をもたらし重大な被害を招く危険があること」について、行政、マスコミ、一般市民に理解されていないことは大きな問題であろう。事業の実施という行為が目的化して、放流事業が資源の涵養、漁獲増加の実績で評価されることもなく、単に予算の消化だけ記録されてきているのが実態である。

放流事業の多くは、対象資源の減少を受けて、漁民の生産支援を目的とした行為だったはずである。しかし、資源の状況、減少の要因などの実態を解明・把握して改善する努力は棚に上げられたまま、資源の持続的な生産を損なうような状況が生じているような場所に放流しても、それが生産に結びつくかどうか危ぶまれるのにもかかわらず、種まきだけが続けられている。

海産の貝類は通常1個体の雌親が百万単位の卵を産む。そしてその大部分は、種類によって環境によって変動するが、数日から数週間、海水中で浮遊分散してから、それぞれ親として成育できるような場所に定着する。

定着する時期の稚貝の大きさは極めて小さく、1ミリの5分の一から3分の一が普通である。浮遊期間中に強風で海水が激しく流動する場合には、親の成育場所にたどり着けない沖合に流され、「無効分散」で死滅してしまう幼生も多いだろうが、その反面、運がよければ稚貝の大量発生となって「貝が湧く」ことにもなる。

浮遊幼生は水中の温度躍層ができるような水塊の境界や渦流の中に集中し、初期稚貝は一定の場所(種場)に高密度に定着する傾向がある。カキの仲間のように固着したまま大きくなるもの、海草などに付着してから育った後に海底の砂泥中に移動するホタテガイ、モガイやタイラギなど、初期定着後に少し大きくなってから二次的に大移動するムラサキイガイやアゲマキなどがある。つまり、二枚貝の中には一度は定着しながら再び移動できるものがある。

ハマグリ類は長い粘液の糸を分泌し、かなり大きくなってからも、流れによる抵抗力を使って水中を「逆さ凧」となって流動・移動する習性がある。これにより、ハマグリ類では移植放流した場所からすぐに消えてしまうことがたびたび報告されている。このような貝を成育に適さない場所に放流した場合には、後で放流個体が回収できないという無意味な結果に終わることになるかもしれない。

定着した初期稚貝が高密度のままで狭い場所に集中して大きくなると餌不足が起こったり、エイなどの捕食者に集中的に食害されたり、病害による一斉斃死に見舞われるリスクが増大する。アサリやハマグリの養殖では、混みあっている種場から間引いた稚貝を成育・養成用の漁場に適当な密度で撒いて育てるという古来の技術がある。しかし、現在の日本の多くの干潟では種場そのものを破壊してしまっているので、この技術は幻となってしまった。これらの二枚貝の資源を復活させるためには、種場の環境保全を基本戦略にするべきであるが、他所から種苗を持ってきて放流する安易で効果が薄い対策しか採られていない。その種の供給も全国的に難しくなっているので、海外から輸入して種苗を撒くような状況が生まれている。外来種のシナハマグリを実際に放流した場所が全国各地にある。

小倉ヶ浜では1969年から最近まで鹿島灘産のチョウセンハマグリを大量に放流し続けている。
http://www4.ocn.ne.jp/~meretrix/mediac/400_0/media/HyuganadaRelease.jpg
ここでの漁獲量の変動と放流との関係を数量的に解析したデータが示されていない。つまり、放流が漁獲量の増加に効果的であったかどうか、肝心な点が検証されていない。稚貝と大きい貝では単価が異なるので、育てて収穫すれば放流された個体数が減少していても経済効果が生まれる可能性はある。しかし、鹿島灘産の小さい個体を放流して大きくなったものをどのように漁獲したのかも良くわからない。放流しっぱなしで結果を待つだけでは科学的な方策と言えない。経済効果がはっきりしない事業で税金の垂れ流しを続けることは行政の無責任行為である。

鹿島灘では稚貝加入が今世紀に入ってから減少していて、近年では移植放流用種苗が出せなくなっているらしい。鹿島灘では種苗を人工的に生産して放流する試験研究が長年続けられている。また、鹿島灘以外のチョウセンハマグリの主要産地、千葉県の九十九里浜でも鹿島灘の種苗を放流しているのが最近の実態であり、海岸侵食に悩まされているこれらの海岸では天然の種苗が大量に湧く状況は期待できそうにない。

チョウセンハマグリの集団は同種であっても地理的な変異がある。鹿児島県の種子島から宮城県本吉町の長須賀海岸までの日本各地の貝を比較検討中であるが、分子集団遺伝的な手法を用いた比較、そして殻の色彩・模様、そして形態を比較した結果、地域的な特徴が明瞭に認められている。たとえば、鹿島灘集団と小倉ヶ浜集団を比べると、殻のプロポーションの値が異なっていて、集団内で個体として重なり合っている部分はあるが平均値では鹿島灘集団の方が小倉ヶ浜集団よりも殻の膨らみが弱くて横から見た殻の高さが小さい。

殻の形は環境の影響を受け、複雑な遺伝要因が絡むのでわかりにくいが、遺伝的に単純な色彩模様の出現頻度を見ると集団間でかなり違っている。荒っぽく人類に比較して言えば、アジア人と西洋人の違いのようなレベル、つまり体格、髪の毛や眼の色の違いなどがあるような調子で、チョウセンハマグリの集団は日本国内の各地で分化を遂げ、それぞれの場所に固有な集団になっているようである。海流による幼生分散で連結されているため、近接した集団は互いによく似ている。しかし、黒潮流域の太平洋、東シナ海、日本海そして親潮流域でそれぞれ違っている。

同じ日向灘の海岸でも、かつてはチョウセンハマグリの殻の形と厚みが地域的に違っていたことが記録に残っている。残念ながら現在は小倉ヶ浜以外の集団が消滅してしまっているのでその再確認は出来ない。小倉ヶ浜の貝は特別に殻が厚く、貝殻から碁石を作る目的に適していたようである。もし、このような形質が遺伝的に固定されていたものであったならば、鹿島灘などの他の場所の貝を移植放流して遺伝子を混ぜることは望ましいとは思われない。国際、国内を問わず、地域間の移植放流を無批判に実施してきたのがこれまでの日本の水産行政であったが、集団遺伝を基礎においた移植問題の本質に迫る科学的な検討が必要になっている。やって良い放流と悪い放流を分けて考えるべきである。

写真は延岡市北部の漁業基地、浦城で見かけた看板である。漁業権が設定されている対象が多岐にわたっているのが驚きである。この近くの下阿蘇海岸はチョウセンハマグリの産地であったが、今は消滅していてリストに含まれていない。
e0094349_118436.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-03-07 11:08 | 評論
<< 早春の造形美 潮干狩りシーズン近し >>