beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アカウミガメの里帰り

Natal homing in juvenile loggerhead turtles (Caretta caretta)
著者多数のため、筆頭者のみ:BRIAN W. BOWEN 外18名
Molecular Ecology Volume 13 Issue 12, Pages 3797 - 3808
Published Online: 21 Oct 2004

お金を払わないと全文が読めないというサイトですので、後で某大学でダウンロードしてもらってpdfファイルを横流ししてもらうつもりです。アブストラクトは読めますので内容をちょこっと紹介します。

分子遺伝情報で系群を識別できる時代になっていますね。

大西洋西部(アメリカ)沿岸のアカウミガメについて研究した結果を報告しています。

産卵親は同じ海岸の砂浜にかなり正確に回帰していることが知られていますが、自分が生まれた海岸に戻ってくるかどうかは(回帰は想像されていましたが)良くわからなかったことでした。若い子亀は大西洋東部と地中海の外洋で生活した後に、西大西洋の沿岸部で育つという生活史を持っていると考えられています。

この研究の結果は、産まれ故郷の附近に戻って産卵する個体がかなり高い割合で存在していることを示唆しています。

ビーチごとに親亀の個体識別ができる(親子関係を特定できる)ほどの遺伝情報はまだ十分ではないでしょうから、ピンポイントで生まれた海岸に戻るかどうかを論じるまでには至っていないと思いますが、可能性はあるでしょうね。

大西洋でアカウミガメがやっていることは、太平洋でも同様かも知れません。

アブストラクトをコピペしておきます。

Juvenile loggerhead turtles (Caretta caretta) from West Atlantic
nesting beaches occupy oceanic (pelagic) habitats in the eastern
Atlantic and Mediterranean, whereas larger juvenile turtles
occupy shallow (neritic) habitats along the continental coastline
of North America. Hence the switch from oceanic to neritic stage
can involve a trans-oceanic migration. Several researchers have
suggested that at the end of the oceanic phase, juveniles are
homing to feeding habitats in the vicinity of their natal rookery.
To test the hypothesis of juvenile homing behaviour, we surveyed
10 juvenile feeding zones across the eastern USA with
mitochondrial DNA control region sequences (N = 1437) and
compared these samples to potential source (nesting) populations
in the Atlantic Ocean and Mediterranean Sea (N = 465). The
results indicated a shallow, but significant, population structure
of neritic juveniles (ΦST = 0.0088, P = 0.016), and haplotype
frequency differences were significantly correlated between
coastal feeding populations and adjacent nesting populations
(Mantel test R2 = 0.52, P = 0.001). Mixed stock analyses (using
a Bayesian algorithm) indicated that juveniles occurred at elevated
frequency in the vicinity of their natal rookery. Hence, all lines
of evidence supported the hypothesis of juvenile homing in
loggerhead turtles. While not as precise as the homing of
breeding adults, this behaviour nonetheless places juvenile
turtles in the vicinity of their natal nesting colonies. Some of the
coastal hazards that affect declining nesting populations may
also affect the next generation of turtles feeding in nearby habitats.

京都大学のメンバーが我がアカウミガメの外洋における移動を追跡して報告しています。
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/44126/1/4thSEASTAR2000_28.pdf
この報告では御前崎生まれの2個体の仔ガメに発信機をつけて追跡した結果、1個体が
265日で9800キロ移動、他の個体はまだ移動中で、似たコースを流動している。

このコースはいわゆる「黒潮続流」で、ジョン万次郎が漂流したコースと一緒でしょう。
漂流中は流れ藻などに隠れて寄り添って、周りのいろいろな餌を食べているでしょう。

Site fidelity and homing behavior in juvenile loggerhead sea turtles
(Caretta caretta) Larisa Avens外3名 Marine Biology Volume 143,
pp.211-220 / 2003年

これもアブストラクトだけですが、北アメリカの沿岸部に住み着いた若いアカウミガメは
違う場所に移動させた後で、同じ場所に戻ってくること、季節移動した後でも同じ場所に
戻ってくることを標識放流で確かめています。つまり、未成熟時代のアカウミガメ達は
自分が選んだ生活の場にこだわり続けていて、戻ってくる能力を持っているようです。
最後のまとめの部分:
Taken together, the results of this study indicate that juvenile
loggerheads exhibit fidelity to specific areas during summer
months and possess the navigational abilities to home to
these areas following forced displacements and long-distance
migrations.
[PR]

by beachmollusc | 2008-07-27 15:56 | ウミガメ
<< アカウミガメ情報 植樹のフォロー >>