beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

TSD とウミガメの保護

ウミガメ類はすべての種で発生中の温度条件によって生まれる個体の性が決まるという、TSD現象(temperature dependent sex determination) が知られている。これはウミガメ類においては、胚発生中の性決定時期において、性ホルモンの分泌(正確に言うと雄性ホルモンと雌性ホルモンの転換における酵素作用)が温度によって異なるためである。具体的には約29度の発生温度を境界にして高ければメス、低ければオスが生まれるとされている。アカウミガメは他の熱帯海域で繁殖するウミガメ類と異なり、温度の季節変化が激しい温帯の海岸で産卵するので、発生中の温度環境の変動により強い影響を受けているだろう。これは、アカウミガメの保護活動においても重要な意味を持っている。

砂中温度は季節的に変動するだけでなく、局所的に大きく異なる。特に人間の環境に対する干渉で激しく変化する。海岸の砂の色や質はその供給源の地質によって変化するが、色の差異が熱吸収の変化で大きな温度変化をもたらす。また、海岸の海浜植物群落の種類とその有無は砂中温度に極めて強い影響を持っている。さらに、陸上から海岸に染み出る地下水の影響も重要である。これらの変動要因を無視して、アカウミガメの産卵巣の環境(主に温度と湿度)モニタリングをしないまま、安易に卵を移設している現状は憂慮されるべきであろう。

海岸構造物、特にコンクリート護岸の建設のとばっちりを受けたウミガメたちは、かつて産卵巣を掘るために良好だったはずの場所を見つけだすことができないまま、不適当と思われる場所に産卵するケースが増大し、それが高波による流出などの可能性を増大させているらしい。そのために、緊急避難的に卵の移設が頻繁に行われているようである。移設される場所は高波が届かない砂浜の上部に設定されると思われるが、その場所の環境条件が科学的に検討されているのだろうか。移設して生存率が高まる場合もあるだろうが、移設に伴う発生障害のリスクもあるし、孵化した仔ガメたちの性がどうなった検証されているだろうか。

以下に、ウミガメ類に関する最近の論文からTSD関連で面白いものを拾い出して解説しておく。ただし、全文を精読しないで要旨を読んだだけのため解釈のエラーがあるかもしれない。

爬虫類と哺乳類の先祖が系統的に別れたとき、性決定遺伝子(哺乳類のオスのY染色体にあるSRY遺伝子)がどのように進化したかについて研究した論文が見つかった(下)。
James R. Spotila, Loretta D. Spotila, Norbert F. Kaufer 2005
Molecular mechanisms of TSD in reptiles: A search for the magic bullet
Journal of Experimental Zoology Volume 270, Pp. 117 - 127


B. J. Godley et al. 2001
Thermal conditions in nests of loggerhead turtles: further evidence suggesting female skewed sex ratios of hatchling production in the Mediterranean
Journal of Experimental Marine Biology and Ecology Volume 263, pp. 45-63
地中海におけるアカウミガメの産卵場所の砂中温度条件は、生まれ出る仔ガメの性比を1:1にする約29度よりも高くなっていて、結果的にメスの出生率が高いことが推定された。

GRAEME C. HAYS et al. 2003
Climate change and sea turtles: a 150-year reconstruction of incubation temperatures at a major marine turtle rookery
Global Change Biology Volume 9, pp. 642 – 646
アオウミガメが産卵上陸する大西洋の孤島、アセンションにおける砂浜の温度について、経験的な気温と砂中温度の関係を基にして過去150年間の変化を推定した。ビーチ間のアルベド効果(熱吸収・反射率の差異をもたらす)の差異による大きな温度差(3度まで)が認められた:異なるビーチ間で保育中の温度に差異が大きかった。ただし、同じ海岸で同年度の繁殖期間中の温度変化は0.5度以内と小さかった。過去100年間の月平均砂中温度は0.36~0.49度の上昇傾向があったものと見積もられた。

JF WEISHAMPEL, D BAGLEY, LLYNM EHRHART 2004
Earlier nesting by loggerhead sea turtles following sea surface warming
Global Change Biology, 10, 1424-1427
http://www.seaturtle.org/PDF/Weishampel_2004_GlobChangBiol.pdf
フロリダ州大西洋沿岸の主要な繁殖海岸(海岸線延長40.5km)に産卵上陸したアカウミガメの過去15年間(1989-2003)のデータを解析した。年間上陸数は13000 – 25000の間で変動したが、特別な変動傾向は見られなかった。回帰分析によって、上陸日の中央値がこの間に10日早くなっていたことがわかった。この中央値と相関が見られた5月の沿岸表層海水温度がこの間に0.8度上昇していた。

(さらに何か良い論文が見つかったら随時追加する予定)
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-02 14:32 | ウミガメ
<< doomed eggs どうせ... 漁業とウミガメ >>