beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

doomed eggs どうせダメな卵を移設する意味があるか

<この文章のタイトルを変更しました。また、一部追加して書いています。(8/3)>

IS NEST RELOCATION WORTH PURSUING IN NORTH CAROLINA?
Matthew H. Godfrey and Wendy M. Cluse
http://www.seaturtle.org/ists/PDF/final/2652.pdf

とても良い参考になる報告がありました。

アメリカの北カロライナ州では2002年以後、それまで行われてきた、高波で死滅すると懸念されたアカウミガメの卵の移設を禁止(モラトリウム)しています。そこで、モラトリウム以前と以後の孵化成功率を比較して検討した結果を報告し、移設の努力が報われたかどうかを検証しました。この海岸では産卵期中ハリケーンの高波の影響をしばしば受けていて、環境的には日本の本州南部から四国・九州の太平洋沿岸と似ています。

トータルの孵化率として、移設が行われていた1998-2001年の4年間では41.2%、そして移設が禁止になった2002-2005年の4年間では59.1%でした。

同じ年度内での比較ではありませんので、結果論しかいえません。たまたま2002年の孵化率が極めて高かった(84.6%)、つまりハリケーンは2回来ましたが外の年度よりも海が穏やかだったという要素が影響したのでしょう。しかし、2001年までの移設努力は報われていなかったようです。これも結果的に、ハリケーンで移設した卵も一緒にやられたためだったようです。わざわざ手をかけてもその結果が良くなければ意味がありません。移設に伴うリスクには、胚発生の障害と性比の混乱だけでなく、自然選択に干渉する(ダメなものを保護する)ことも指摘されています。

私は、これらのリスクを議論するだけでなく、日本ではさらに、海岸のコンクリート化に対しての免罪符的な行為として(結果的に)行政のアリバイつくりのために貢献する移設が行われているように見えてなりません。善意の行為であっても、当面の目的だけでなく、本質的に野生動物であるウミガメ類の「保護」についてどのように向かい合うべきか、どのような行動が理に適っているのか考えてから、取り組んで欲しいものです。

余談ですが、今年は日本で全国的にアカウミガメの産卵上陸が多いようです。これまでのところ産卵期を通じて海が例年になく穏やかです(太平洋高気圧の勢力が安定的)。ウミガメたちはこれを体感してせっせと産卵に励んでいるのかもしれません。秋に強い台風が来ておじゃんになるかもしれませんが、最初のサイクルの卵はそろそろ無事に孵化するでしょう。その中で移設された卵はされなかった場合よりも孵化率が低下するかもしれません。その場合には、大きなお世話をやってしまったことになるでしょう。

今年の産卵上陸シーズンは気温が高かったので砂の中の温度も上昇したでしょう。また、降雨量が極めて少なかったため、地下水も減っているでしょう。その結果、移設されたウミガメの卵は「干からびて」しまっていないでしょうか。これから発表される(?)孵化率のデータを見たいものです。ただし、卵を一つ残らず移設しているような場所では移設の気候がらみの影響を評価できません。科学的にデータをとってから客観的に解析し、それを元にして「保護」活動を評価する必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-02 21:37 | ウミガメ
<< 日本がウミガメ保護における世界... TSD とウミガメの保護 >>