beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本がウミガメ保護における世界の最悪国と評価された理由(2)

(3)産卵場所の保全状態

これについては日本ウミガメ協議会が取りまとめた情報:
「日本のウミガメの現状と各地の取り組み ― 各地の抱える問題」
http://www.umigame.org/J/genjyou_torikumi/kakuchinomondai.htm
の中に簡単に述べられています。
この協議会が出版した報告書「日本のアカウミガメの産卵と砂浜環境の現状」
には各地の生の声が聞こえてきます。

このような報告書はpdfファイルにしてHPで公開し、広く一般市民に見てもらうべきですね(HPでは教育・啓蒙・啓発というカテゴリーの中で紹介されていますが、表紙の写真しか見ることが出来ないので全く啓蒙にならない)。もし報告書の販売収入を当てにしているようであるならば、この協会の先は危ないでしょう。以前、事務局の人が私宛のメールで協議会が絶滅危惧種になっているとこぼしていましたっけ。

私は砂浜の貝類調査(集団遺伝研究)の目的で、これまで南日本各地の砂浜海岸を歩き回っています。まだ自分の足を踏み入れていない所も少し残っていますが、離島(壱岐、五島、下甑島など)を含めて主な砂浜の最近の状況を眼で見て知っています。どこに行ってもピカピカの階段護岸と傾斜護岸、そして古い垂直護岸だらけです。そして、多くの海岸で「ウミガメの保護」を訴える看板が行政によって護岸の脇に立てられています。ウミガメが上陸して産卵するべき場所をなくしておいて、アリバイ用の看板を立てて保護を訴えるという虚しさに悲しくなるばかりです。

護岸の存在は産卵場所を奪うだけでなく、砂浜の砂を失わせてコンクリート岩礁海岸に変貌させるようです。護岸は砂浜の侵食を防ぐ、後背地の生命と財産を守るために建設されていることになっていますが、多くの砂浜海岸で、侵食を防ぐことは予算を取って消化するための単なる口実であって、建設するために建設されているとしか見えません。もし護岸が建設されなければ侵食が進むという「脅し文句」がありますが、それは的外れでしょう。コンクリートでなく、津波、高潮、塩害などに対する防災は海岸林がもっとも効果的であると考えられています。砂浜の侵食を招いているのは海砂の採取をはじめ、河川から海に流れ出る土砂をダムなどがせき止めていること、そして沿岸域で砂の流動を阻害する海岸構造物の建設が主な要因であることが明らかです。日本各地で同じ問題が起こっているようですが、それから考えると、技術的に無能で先例の失敗から学べないのではなく、あえて問題を起こすような(賢い)設計をして、追加の公共工事(浚渫や防波堤の追加など)が発生するようにしているとしか思えません。

宮崎日日新聞サイト
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=4661&catid=153
県内の特集 自治再生第4部 「東国原県政と民力」  4/費用対効果

<ここから引用>
総事業費294億円。昨年末に示された財務省原案で、海岸侵食が進む宮崎市の住吉海岸などの沖に丁字形突堤を設置するなどの海岸保全整備事業が盛り込まれた。

 同市の宮崎港北側から一ツ瀬川河口までの海岸は過去40年で最大90㍍幅、平均40㍍幅の砂浜が消失。学識経験者や行政などでつくる対策検討委員会は、原因として河川や港湾などの人工構造物建設による流砂の変化などを指摘する。

 同海岸の侵食が進むのとは逆に、北側に2001年建設されたサンマリーナ宮崎周辺には砂が堆積(たいせき)。02年以来、約2億1200万円がしゅんせつに投じられている。

 巨額の公共投資に税金が使われる現実に対し、侵食対策工法の見直しを求める市民グループ「ひむかの砂浜復元ネットワーク」の林裕美子代表(48)は「将来を見通した時に過去の公共工事、海岸整備の在り方が本当に良かったのか、抜本的に検討すべきでは」と疑問を投げかける。

 サンマリーナ宮崎の整備には約170億円が投じられた。「壊すも地獄、維持も地獄」と東国原知事は頭を悩ませる。「だから海岸侵食は本当に無駄にならないような事業にしないと本末転倒になる」
<引用終わり>

海の公共工事では直接的な受益者が費用を負担することもないようです。宮崎のサンマリーナというプレジャーボートの港では出入り口で砂が堆積するように設計されていて、定期的に浚渫しないと使えないようになっているそうです。もしその費用を税金からでなく、港の利用者に負担させるとすれば問題は解決するでしょう。その理由は費用を負担しきれないので、港を利用する人がいなくなるはずだからです。

かなり脱線しているので本題に戻すと、日本の砂浜海岸の環境は世界的に最高レベルの人工改変が行われてきています。その過程でウミガメはもちろん、水産資源生物も含めて沿岸生態系に関して何も考慮されていないのです。このような日本のコンクリート文化は海外ではすでに広く知られています。ウミガメの保護にとって致命的な環境破壊が全域で起こっていることが大きなマイナス評価につながっているのは疑いないでしょう。

(さらにつづく)
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-04 19:00 | ウミガメ
<< 日本がウミガメ保護における世界... 日本がウミガメ保護における世界... >>