beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本がウミガメ保護における世界の最悪国と評価された理由(3)

(4)ウミガメ保全に対する国全体としての取り組み

国レベルでのウミガメ類の保全について調べてみると、環境省サイトの情報ではhttp://www.env.go.jp/press/press.php?serial=2813
報道発表資料  平成13年8月30日 

<海域自然環境保全基礎調査 海棲動物調査(ウミガメ生息調査)中間とりまとめについて
 環境省自然環境局生物多様性センター(山梨県富士吉田市)は、海域自然環境保全基礎調査の一環として実施してきた海棲動物調査(ウミガメ生息調査)の中間とりまとめを行った。
 この調査は、国内のウミガメの繁殖状況を把握し、沿岸域の自然環境保全のための基礎資料を得るために平成10,11年度に30都府県に委託して実施したもの。
 調査の結果、調査年度を含む過去5年間にウミガメの上陸が確認された砂浜は、アカウミガメで365箇所、アオウミガメで86箇所、タイマイで9箇所、種不明で93箇所あった(これらの一部では産卵も確認)。これらのうち、ウミガメの上陸が新たに確認された砂浜は25箇所であった。また、ウミガメの上陸頭数に減少傾向が見られた砂浜は47箇所であった。> (引用終わり)

以上は日本ウミガメ協議会がすでに資料として出している情報をなぞったくらいのものである。この中間取りまとめの後で本格的な報告は出されたのであろうか。(誰か見ましたか。)

2007-06-14 地球環境報告・それから ~石 弘之からの報告~
ウミガメの危機
http://ameblo.jp/ishihiroyuki/entry-10036646362.html
石さんのブログで日本を取り巻く国際条約関連ウミガメ情報が取りまとめられていた。

< 世界25カ国が参加する「インド洋・東南アジア地域ウミガメ協定」(IOSEA)は、2006年3月1日からの1年間を「国際ウミガメ年」として、ウミガメの保護の国際キャンペーンを展開すると発表した。この協定はウミガメの保護とその個体数の回復、インド洋と東南アジア地域の生息地の保全を目的としている。日本は加盟していない。

環境省はこのような野生動物保全の国際組織に加わることが出来ないし、水産庁はそっぽを向いていることが明白に出ています。東南アジアと日本の間でウミガメ類の回遊がどのくらいあるのかわからないままで、国別・地域的な保全活動だけではどうにもならない状況であろう。日本の漁船が世界各地で漁業を営んでいるときに、ウミガメ類にどのくらいのインパクトをおよぼしているのか、関係各国は知りたいはずである。

引用を続ける。

<とくに、魚を捕るために仕掛けた漁網や釣り針にかかって混獲の犠牲になるウミガメの数は、世界で毎年数万頭にもなると推定される。
 このため、国連食糧農業機関(FAO)の水産委員会は今年3月、「混獲」を減らすために各国が取るべき対策を定めた初の国際指針案を採択した。そのなかで、えさの種類や針の形、針を投入する深さなどを工夫して混獲を減らす手法や漁網の改良といった技術的対策を示して、各国政府に取り組みを強化するよう求めている。日本政府もマグロはえ縄漁船に混獲の少ない釣り針を使うよう指導するとともに、東南アジアや中南米の各国に対する技術支援と資金協力を強化する方針だ。>

一応、水産庁としても自分達の領域でやるべき仕事はやる姿勢を見せたようである。しかし、自国でのby-catch すなわち混獲、事故死の状況把握とその対策をやっているような情報は見当たらない。お金は出せるだろうが、どうやって技術支援を(強化?)するつもりだろうか。また延縄がウミガメ類の混獲でどのくらいの割合を占めているのだろうか。外の漁業、底引き網や刺網がウミガメには特に危ないように思われるが、いかがなものか。何も調べたりせず、FAOの指針をもらってから一部の漁業セクターに通達を流しただけに終わっていませんか。

< 昨年5月から9月にかけて、神奈川県の鎌倉から茅ヶ崎を中心に、60頭ちかくの死んだウミガメが漂着した。腐敗していて死因の判らないものがほとんどだった。なかには、はえ縄の針が食道に刺さったものもあった。>

以上で石さんの文からの部分的な引用を終えるが、国としての取り組みがしっかりしていると国際的に認められるような実績はないと思われる。

(5)トロールや延縄漁獲でのウミガメ捕獲規制状況

規制以前の問題として、前提になる実態調査をやっていないだろう。日本がこれについて何もやっていないと認定されても仕方がないのではないか。

3年前に書かれた水産庁サイトにある海亀類(総説):
http://www.jfa.maff.go.jp/kokushi_hp/H17genkyou/H17syousai/42.pdf
この文書の締めくくりを引用する。

<現在、遠洋漁業による海亀類の偶発的捕獲に焦点が集中しがちだが、海亀資源を保全管理するためには、遠洋漁業のみならず沿岸漁業も含めた産卵場周辺の環境についても、包括的かつ継続的な調査の実施と適切な保全管理体制の構築が必要不可欠である。>

ということは、これらをやっていないのですね。これからぜひやってください、水産庁さん。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-04 20:43 | ウミガメ
<< アカウミガメは絶滅の危機に瀕し... 日本がウミガメ保護における世界... >>