beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アカウミガメは絶滅の危機に瀕しているか

これまでネットサーフィンで遊びながら、適当に都合よく情報を拾い集めて、勝手な話をバラバラの文体で書きなぐってきました。この中での八つ当たりで不快感を感じた人がいたかもしれません。全部まとめなおし、真っ当な評論に仕上げて広く読んで貰えるような形に昇華させることもありでしょう。しかし、ハマグリの論文カキを中断しているので、そっちにエネルギーを向けなければなりません。ということで、そろそろ、そもそも論で締めくくりましょう。

ウミガメの保全について、情緒にふたをして、学術的にデータを分析して議論することは難しいようです。カメや野生動物に対して特に関心・興味を持っていない、そして「環境保全」が野生生物の持続的な存在を守る基礎であることを認識できていない人々が世の中の大多数を占めている、つまり政治・行政的に環境保全の優先順位が低いのが日本の現状です。この状況の中で個人的に出来る範囲の「保護」活動、そのほとんどが卵をいじること、を善意でやっている人々の団体が各地にあり、その行動が一部では「自己目的化」しているようです。

さて、アカウミガメは本当に絶滅の危機に瀕しているのでしょうか。種としては南北の大西洋と太平洋の両方に分布していて、アメリカやオーストラリア沿岸では日本と比べ物にならない桁違いで多く生息していると思われます。両国ではウミガメ類の保全に関する研究調査、啓蒙活動を続け、行政的にもしっかりしています。それに比べて、日本では行政が税金を投じて一生懸命砂浜の環境破壊を続けています。いまだにかなりの数のウミガメが産卵上陸できているのが奇跡ではないかとさえ思われます。

保全生物学の現在の標準的な考え方では、種だけでなく、それを構成する地域個体群(地域的に独立した繁殖のまとまりがある構成単位で、水産学では資源管理の単位として同様な概念を系群と呼ぶ)を考察の対象にします。そこで、これからは海外のことは一時棚上げして、日本沿岸で産卵上陸するアカウミガメに的を絞りましょう。最近の分子遺伝の研究情報では太平洋の南北両半球で遺伝交流の存在が示唆されている、つまりオーストラリア産まれのアカウミガメが回遊の結果日本に流れ着くことがそれほど珍しくないかもしれませんが、それをとりあえず無視しておきましょう。(日本の個体群規模が小さいので、その逆向き回遊拡散、移動はほぼ無視してよいでしょう)。

大西洋と太平洋の個体群が分断されたのはパナマ地峡が形成された数百万年前だったと想像されます。それ以来、両海洋間ではおそらく遺伝的な交流をやっていないでしょう。ただし、南アフリカの南を回ってインド洋経由でわずかにつながっているかもしれません。(そういえば、インド洋でアカウミガメがどのようになっているのか情報があったかしら。)

北太平洋で日本の領土以外に(温帯性である)アカウミガメが産卵上陸する場所は少ないとして、日本全体の産卵上陸数が成熟したメスの何割となるでしょうか。毎年上陸するわけではないので、沿岸で待機している個体があり、(性比が1:1ならば)同数の成熟オスがいて、さらに未成熟の個体が東太平洋から回遊して戻っているはずです。

アカウミガメの保全を考察するためには、日本沿岸の個体数、その年令構成と自然死亡率、そして漁獲や事故などによる死亡率を推定することが必須です。年度ごと産卵上陸数と産卵数はデータがありますが、これだけでは不十分です。産卵上陸した個体の年令構成のデータは見当たりません(年令形質が確認されていません)。個体群動態解析に必要な基礎研究にエネルギーが投入されていないのがウミガメ保全では明白です。アカウミガメは水産的にお金になりませんので、水産庁はその資源解析と保全のための研究には税金の投入を控えています(捕鯨と違って、天下りに無関係)。石垣島の水産研究所では(名目的に)ちょっとだけ手をつけていますが、資源管理目的ではありません。

漁業に関連する事故死について、最近になって多少注目されているのは下の論文が出版されたからでしょう。Duke University Marine Laboratoryの研究者達の報告です。

Ecology Letters Volume 7 Issue 3, Pages 221 - 231
Published Online: 24 Feb 2004

REPORT
Quantifying the effects of fisheries on threatened species: the impact of pelagic longlines on loggerhead and leatherback sea turtles

Rebecca L. Lewison*, Sloan A. Freeman and Larry B. Crowder

この論文のアブストラクトはダウンロード無料ですが、全文を見るためには数千円を出版元に支払うことが要求されているので、年金受給者には負担が大きすぎますので、まだ読んでいません。要旨のコピペにクレームが出るかもしれないので、そのエッセンスだけ紹介します。

外洋における延縄漁業で絶滅危惧種、アカウミガメとオサガメがこうむる影響の定量化、が題目です。(これになぜアオウミガメが入っていないのか:おそらく食性の関係で釣り餌に興味を示さないのでしょうか)
...................................................
40カ国以上の漁獲データと13の国際漁業監視計画のデータから全世界の2000年度の混獲状況を推定した結果、20万個体以上のアカウミガメと5万個体以上のオサガメが混獲されたらしい。

この分析から、太平洋だけでも万の桁でウミガメ類が延縄漁獲の巻き添えで死んでいることが示唆された。過去20年間で太平洋のこれらのウミガメは 80–95% 減少したと言われているので、このような事故死の影響が続くことはウミガメ類の持続的な存在を脅かすだろう。
....................................................
要旨だけでは、北太平洋の日本沿岸のデータをどこまで使っているのかわかりません。
延縄以外の日本沿岸での底引きや刺網漁業などの影響はわからないままです。

80–95% 減少の数字の根拠がどこにあるかは、引用文献などを追跡すればわかると思いますが、これがオーストラリアを含むとすれば、恐ろしいことです。

毎年、日本のアカウミガメが漁業などの巻き添えで万単位で事故死していると仮に想定すると、日本全体で千単位で産卵上陸する数とどのように比較できるだろうか。若い回遊中の個体が事故死の中心であるとすればつじつまが合うかもしれません。親になったカメは長寿で自然死亡は本来少ない(かもしれない)でしょう。古い者が溜まっている、超高齢化社会は日本人だけではなさそうです。この点をもっと明確にするためには、産卵上陸する個体の年齢構成を明らかにする必要があります。栄養条件が成長や成熟、繁殖に強く影響するウミガメだから、大きさだけでは年令は決まらないでしょう。年令形質の研究も少しは行われているようですが、ここに注目して調査を進めて欲しいものです。そうすれば、表題の疑問に間接的に答が出るかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-06 10:31 | ウミガメ
<< 今年の早期耕作米 日本がウミガメ保護における世界... >>