beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

渚と日本人

明石の人工ビーチの砂浜でウミガメが産卵したということについては、複雑な思いを感じざるを得ない。この人工ビーチでは7年前に悲惨な事故が起こっている。親の目の前で子供がビーチの砂に飲み込まれて亡くなったからである。

YouTube動画
【裁判】明石砂浜陥没事故 「予見できた」で無罪破棄 20080710

動画映像で現場の砂浜の様子を見ることが出来た。
これを見て良くわかるが、かつての日本の砂浜海岸とは大きく様変わりしている。

たしかに子供達が楽しく遊べる海岸を取り戻す過程で起こった事故であったが、
コンクリートの箱ものばかりつくり続けている国と地元の役人たちの「無責任さ」
が象徴的に問われている。

ここでウミガメが上陸産卵してくれたことは「救い」になるのだろうか。

高度成長時代に瀬戸内海沿岸一帯で工場建設のために埋立てが進み、国家権力が
海辺、渚を蹂躙した過程で、それに抵抗しようとした人たちの記録がある。

渚と日本人 (副題 入浜権の背景) 高崎裕士・高桑守史 著 1976年
NHKブックス 254

上の本に記された「高砂海岸」は明石のすぐ西に位置している。関西地方の
海水浴場としてにぎわった高砂の沿岸はコンクリートで固められ、今は昔の
面影を全く残していないのだろう。

当時の写真が上の本にあるので、一部をスキャンしてここで紹介したい。
e0094349_7405894.jpg


無数の海鳥が魚のなぶらを追って飛び回り、遠浅の「自然」のままの砂浜で大勢の
人たち、子供達が楽しんだ場所を、工場建設用地にするために埋立てたのであった。

経済成長一辺倒で、国を挙げて、人々にとっての価値を無視し、大切な共有財産を
消してしまった。これに抵抗した運動は結果的に無力だったが、「入浜」の権利という
空気のように当然あると思われていて、人々の間で特に認識されていなかったことが
浮かび上がった。漁業補償だけで海を埋め立てる行政手続きが終わる理不尽さが
浮き彫りになったのであったが、そのまま今でも同じ状況が続いている。

この本の「まえがき」の4頁に以下の文がある。

<宮崎県日向市では学校の先生たちが中心になって児童憲章にいう「子供たちが
よい環境のもとで育てられる権利」の一環として海岸を守ろうと「日向・門川の渚を
守る会」(萩野忠行世話人)を結成した。>

この会は、想像すると、日向市と門川町でも埋立て事業で砂浜海岸を失うことに
危機感を抱いた学校の先生達がいたのだろう。今の姿を見ると、たとえば門川の
庵川にある町の「海浜公園」と漁港は、潮干狩りと海水浴を楽しむことができた
優れた砂浜と干潟だったと思われる。無残に埋め立てられて「公園整備」がされて
しまっている(護岸が張り巡らされている)が、少しだけ残された干潟には奇跡的に
ハマグリをはじめとする多様な生物が生息している。(今年改訂された宮崎県の
レッド・データに追加された干潟動物がほとんどそろっているだけでなく、県内
で記録の乏しい、RDBで忘れられているケマンガイなどの貝も生息している)。

町の観光協会がこの干潟に貝類の放流を計画していると聞いたが、それだけは
やらないでほしい。

それよりも、むしろゴミの撤去や干潟周りの植栽(公園の対岸のコンクリート岸壁
のある埋立地は無様な景観を晒している)など、住民が心地よく暮らせるように
埋立てで生じた傷跡の修復をやって欲しい。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-11 08:12 | 海岸
<< イノシシが作ったヌタ場 キセルガイ発見 >>