beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

コモチカワツボのミステリー

高原町の自然をたずねて、というサイトにめぐり合いました。
http://homepage2.nifty.com/ryofuu/index.html
小林市と都城市の間に挟まれた小さな町に4年前に移住された方のHPです。

町の自然の紹介文から引用:
<高原町の西には高千穂の峰と小林市の夷守岳(ひなもりだけ)を結ぶ連山が連なっています。この連山から流れ出る水や山の麓の湧水が高崎川や岩瀬川になります。これらの川は最後は大淀川となって宮崎市から海に流れ込みます。>

宮崎県内でも極めて自然度が高そうな地域です。小林市には4回出かけていますが、この町をいつもただ通過していました。立ち寄って詳しくみるべきところでした。

出の山のホタル鑑賞が有名になった背景を探るために、現場のシステムを見たときには良くわからなかったことが、このHPの中で具体的に説明されていました。驚いたのは、湧き水を利用した養魚システムに依存していたことです。排水路にマシジミが大量に成育していて、それがゲンジボタルの主な餌になっていること、その現場の生息調査の様子が写真で紹介されています。もっと驚いたのは、シジミを攻撃して食べることができないホタルの初期幼虫の餌がコモチカワツボであるとされていたことです。

高原町の自然の紹介から抜粋して引用:

<コモチカワツボ:
 この辺りは湧水が多いのでその水を利用して鯉や鱒などの養魚が盛んです。この貝は日本の在来種ではなく、ニュージーランドから輸入された養魚用の魚の卵の容器に付着して来たらしいと言われています。
 高原町でカワニナもいないのに養魚池の下流で蛍が異常発生したことがあり、調査したことにより発見されたそうです。4ミリほどと小さいので蛍の一齢幼虫の生存率を上げるのに役立っているようです。>

小林市出の山の調査参加の記録から引用:

<06年発生数推計の為のホタルの幼虫の棲息調査:
 12月23日、前日までに降った雪の残った水路の土手でゲンジボタルの幼虫の棲息調査に参加させていただきました。この水路の上流、中流、下流の三ヶ所を淵、早瀬、平瀬の3ヶ所、計9ヶ所を調査しました。水路は南側が山になっていますので陽が当たらない寒い中、朝9時から午後3時まで行われました。
 水路内の土を約35センチ四方、厚さ約5cmを取ってその中の生物調査をします。ゲンジボタルの幼虫は勿論のこと全ての生物の調査をします。餌のシジミとホタルの幼虫に食べられたシジミの殻の数も数えます。その他にはトビケラやカゲロウの幼虫やサワガニ、トンボのヤゴなども数えます。
 ここのゲンジボタルの幼虫はカワニナではなくシジミを食べて大きくなります。孵化したてのホタルの幼虫はコモチカワツボという3mmほどの小さい貝を食べ、少し大きくなるとシジミを食べているようです。養魚池から出る水には養魚の排泄物が含まれるせいかシジミが大量に発生します。35センチ四方で百を越えるシジミが棲息しています。餌の豊富さがホタルの大量発生を支えています。
 カワニナではなくシジミだけで発生するゲンジボタルは日本中でここだけではないでしょうか。(2006.1.15)>

コモチカワツボは、ゲンジボタルの幼虫の餌に使うと栄養障害を起こし、ホタルの集団を壊滅させるものと、問題視されています。東京都の板橋区にある「ホタルさん」、現代の小松左京とも言われる阿部さんが詳しく調べて問題提起していて、最近のテレビの報道番組でこれが取り上げられて放映されたようでした。

報道特集NEXT “危険生物”が犯人か ホタルの光が消える? (2008/7/5 放送)
http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20080705_1_1.html

< 「板橋区ホタル飼育施設」(東京・板橋区)は約22,000匹のホタルを飼育し(ゲンジボタル約7,500匹、ヘイケボタル約15,000匹)、毎年6月からは一般にも公開している国内最大級のホタル研究施設だ。

 ホタルの生態を研究している施設長の阿部宣男さんは、15年前から全国300ヶ所以上のホタル生息地を調査している。そのほとんどで「ゲンジボタルが減っている」という報告が寄せられた。

 そしてホタルが減少している地域には、ある生物が大繁殖しているという。それは…

○阿部さん「調査に行くと実はコモチカワツボだった。」 >

阿部さんのブログ「ホタルのホンネ」でもこれを論じています。
コモチカワツボの危険性と駆除方法 2008/08/06 00:23
http://hotaruabe.blog72.fc2.com/?mode=m&no=36

<コモチカワツボは親貝で体長4~5㎜(注意1)で、ゲンジボタルの孵化幼虫から三令幼虫が食べます。コモチカワツボは雌雄同体であり、単為生殖を行います。>

単為生殖というのはメスだけで(オスなし)で卵子が受精しないで発生して育つことですので、上は自家受精の勘違いでしょうか。

コモチカワツボが栄養障害をもたらし、成虫になった時に繁殖に支障をきたす、というのが阿部さんの仮説です。コモチカワツボを初期餌料に使わないようにと警告しています。

ところが、出の山では20年前からコモチカワツボをゲンジボタルの初期幼虫の餌にしているそうです。そこでは野外の水路システムで半自然繁殖させているので、原理的には板橋の飼育施設(循環式生態水槽とせせらぎ)と大きな違いはないでしょう。違っている点は初期幼虫が育った後でカワニナではなくてマシジミが餌になっていることですが、これが栄養状態を改善させているのでしょうか。

阿部さんが現地に行って調べて確認するべきテーマです。

{追記}

コモチカワツボの繁殖などについて調べました。

アメリカにも侵入して厄介者扱いされています。アメリカでは約20年前に初見。
合衆国内で発見された場所の分布を見ると、五大湖周辺と中西部が多いようです。
http://nas.er.usgs.gov/queries/FactSheet.asp?speciesID=1008
Date of U.S. Introduction: The snail was first found in the United States in the 1987 in the Snake River near Hagerman, Idaho (Bowler 1991).
http://www.invasivespeciesinfo.gov/aquatics/mudsnail.shtml

この種の情報について簡潔にまとまったファイルはUSACEサイトにあります。
http://el.erdc.usace.army.mil/ansrp/potamopyrgus_antipodarum.pdf

インディアナ大学などではコモチカワツボの生殖遺伝について研究しています。
3倍体の染色体を持つメスが単為生殖する一方で、2倍体のオスとメスが存在していて
複雑な繁殖生態を見せています。
阿部さんの勘違いは「雌雄同体」の方でした。単為生殖の方は正しかった。
http://www.indiana.edu/~curtweb/Research/about%20the%20snail.html

文献情報を網羅しているサイトで繁殖に関する論文リストがありました。
http://aquaticinvaders.org/nan_browse.cfm?level=4&key=240201000000

オーストラリア、ヨーロッパなどにも移入しています。そのデータベースサイト。
http://www.issg.org/database/species/ecology.asp?si=449&fr=1&sts

科学ニュースでは最近の報道があります。2008080808と、トビトビのぞろ目です。
http://www.sciencedaily.com/releases/2008/08/080808104916.htm
殻にふたがあって魚に飲み込まれても消化されずに排出され、魚が栄養失調になること
が問題視されています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-14 08:56 | ホタル
<< 単為生殖の話 partheno... イノシシが作ったヌタ場 >>