beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

単為生殖の話 parthenogenesis revisited

コモチカワツボの染色体が3倍体で単為生殖してクローンをつくるという論文を読んで、自分が発見した単為生殖をするヒトデについてフォローされた仕事が発表されているか否か、論文検索して調べてみた。

30年以上も前に、オニヒトデの繁殖と比較するために、その他のサンゴ礁のヒトデ類各種について繁殖生態を調べていた。そのとき、思いがけなく単為生殖だけで繁殖する小さな不思議なヒトデに遭遇し、それについて卵から稚ヒトデまで飼育して観察した結果を報告した。グアム島だけでなく、パラオ、オーストラリアのリザード島、そして沖縄産の集団がすべて単為生殖だけ、つまりオスが全く見つからないままだったが、その後、誰かがこれに注目して追跡調査・研究をやっているか知りたくなった。

単為生殖する棘皮動物は、間接的に推論された南極海産のクモヒトデ類の一種以外に知られていなかった。また、自由生活、つまり寄生あるいは共生生活していない海産動物でこの繁殖様式は稀有である。

進化論としては、動物がこのような無性的な繁殖でクローンをつくって子孫を残すことは不利であることになっている。そのため、進化生態学や集団遺伝学的に見て、とても面白い研究対象であると思われた。ただし、単為生殖は多くの寄生動物や淡水産動物、そして一部の陸上動物で見られている。身近な動物ではヤモリやトカゲの仲間などにそれをやってしまう種がある。フナッコ、すなわちどこにでもいるギンブナは3倍体や4倍体のメスがいて、別種の魚のオスの精子を利用して繁殖することが知られている(別種の精子は発生の開始刺激にするだけ)。

染色体が3倍体になってしまうと通常は繁殖能力を失うので、人為的な操作で二枚貝のカキ類の3倍体を作出し、大きく身を太らせるだけで繁殖させず、食用品種として養殖するようなことも行われている。

自分が発表した論文は下で、共著者の Lucas には生殖巣の組織切片を調べてもらった。
Yamaguchi, M. and J.S. Lucas (1984). Natural parthenogenesis, larval and juvenile development, and geographical distribution of the coral reef asteroid Ophidiaster granifer. Marine Biology, 83: 33-42.

結果は、残念ながら、その後の発展が見られていない。

棘皮動物における例外的な繁殖様式として、下の総説に引用されていただけであった。

Life Cycle Evolution in Asteroids: What is a Larva?
L. R. McEdward and D. A. Janies
The Biological Bulletin, Vol 184, Issue 3 255-268, 1993

On the advantages and disadvantages of larval stages in benthic marine invertebrate life cycles
J. A. Pechenik
Marine Ecology Progress Series, 1999  177, 269-297

Larval and life-cycle patterns in echinoderms
Larry R. McEdward and Benjamin G. Miner
Can. J. Zool. 79(7): 1125–1170 (2001)

クモヒトデ類で無性的に出来たらしい稚クモヒトデを保育する種が見つかっている。
その中での引用は当然であろう。
Evidence of amictic reproduction in the brittle-star Ophiomyxa brevirima
F. K. Garrett, P. V. Mladenov, G. P. Wallis
Marine Biology, 1997 129(3):425-433

クローン動物としての引用は下の二つに見られた。

A Functional Biology of Clonal Animals
R. N. Hughes – 1989
348 pages Springer

Brooding and the Evolution of Parthenogenesis: Strategy Models and Evidence from Aquatic Invertebrates
Curtis M. Lively and Steven G. Johnson
Proceedings: Biological Sciences, Vol. 256, No. 1345 (1994), pp. 89-95

結局、このヒトデを材料にして、さらに突っ込んだ研究はまだなされていないようである。その理由としては、地理分布はインド洋と太平洋のサンゴ礁に広がっているが、本種の集団はサンゴ礁の特定のマイクロハビタットに生息しているため、見つけたくてもすぐには出会えないからだろう。材料の採取について情報の問い合わせを受けたこともなかった。棘皮動物の研究者は少ないし、単為生殖・クローン研究者でヒトデに興味を持つ人も少ないだろう。

生態的な面白さとして未解決の問題がいくつも残ったままで、ヒトデ類から軟体動物に研究対象を変えた自分が悪いのだが、誰かやっていて欲しかった。たとえば、受精の必要がない単為生殖をするくせに、発生段階から判断して、グアムの野外集団の個体(すべてメス)が同日の同じ時間に一斉に産卵したことである。そこから実験室に移動させて飼育していた個体までシンクロしていたのは驚異的であった。沖縄でこれが再現されるかどうか試みたが、成育密度が低すぎて、十分な材料が集まらなかった。サンゴ礁ヒトデ類の研究で困ったのは、少数の種を除いて大多数の種の生息密度が極めて低いことであった。

Ophidiaster graniferの水中写真のあるURL
http://www.scuba-equipment-usa.com/marine/AUG06/thumbs/Ophidiaster_granifer.jpg

下の画像があるサイトで干物標本が展示されていました。
http://www.conchology.be/images/Label/230000tb/230284.jpg
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-16 07:20 | 日記
<< 日本がウミガメ保護における世界... コモチカワツボのミステリー >>