beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本がウミガメ保護における世界の最悪国と評価された理由(補遺)

注文したSpotilaの著書Sea Turtles: A Complete Guide to Their Biology,
Behavior, and Conservation、が来たので、早速ウミガメ保護における「世界の最悪国」と評価された理由を探ってみた。jomonjinさんのコメントにあったとおり、この本では具体的に説明しないで最悪の評価が決め付けられてしまっている。

この本のウミガメ保全の章を見たら、jomonjinさんが紹介された5つのポイント:
(1)卵の盗掘の有無、
(2)成体の捕獲の有無、
(3)産卵場所の保全状態、
(4)ウミガメ保全に対する国全体としての取り組み、
(5)トロールや延縄漁獲でのウミガメ捕獲規制状況、
は原文をまとめなおしていたものであった。

原文では以下の9項目が立てられていた:

(1) degree of egg harvest (= 卵の採取の程度)
(2) quantity of adult harvest (=成体の捕獲量)
(3) extinction rate for populations occurring within the country
(4) quality of nesting habitat (=産卵場所の保全状態)
(5) quality of foraging habitat
(6) management of unique habitats
(7) presence of endemic sea turtle species and how well the country address that issue
(8) controls placed on fisheries including TED requirements and longline fisheries management
(=トロールや延縄の捕獲規制状況, TEDはトロール網からウミガメが脱出できるしかけ)
(9) impact of fisheries on sea turtle populations

上の(6と7)の項目がウミガメ保全に対する国全体としての取り組み、に相当するかもしれないが、(7)は固有種がいない日本には該当しない項目である。(6)特異的な生息場所の管理とは何を意味しているか明確ではない(特別保護区の設定かもしれないので、日本での産卵場所の天然記念物指定と、そこでの保護管理がこれに該当するかもしれない)。

(3)は国内集団の絶滅率であるが、集団の定義を極めて狭くとって、同じ種であっても産卵場所のまとまりがある地域ごと、たとえばアカウミガメであれば屋久島集団とか日向灘集団のようなユニットであろう。アカウミガメは日本では全体として減少しているだろう(上陸産卵するメスの数は年ごとに変動していて、今年は多かったがそれによって減少傾向が解消されたと考えるのは時期尚早)が、幸い地域的に絶滅してしまった集団はなさそうである。その他のウミガメ類については情報がよくわからないが、小笠原でアオウミガメの上陸数は増加傾向になっているし、沖縄でタイマイは漁獲されていることから、それぞれの地域集団として絶滅はしていない。

本の著者は、前に想像したとおり、ウミガメ類に対する漁業および全体的な環境悪化の影響を重点的に評価したようである。前の投稿ですでに指摘したことはさておき、(5)索餌場所の環境保全、そして(9)漁業による悪影響、に関して本の中で詳しく述べられていた問題点について補足説明する。

{索餌場所の環境保全}
アカウミガメなどの仔ガメは外洋で海流に身を任せて漂流しながら餌を食べる。日本の海岸で誕生した仔ガメたちは黒潮続流に乗って東太平洋に向かっている。ところがその海域には東アジアから流れ出た大量の浮遊ゴミが一緒に流れている。日本だけの責任ではないだろうが、アカウミガメは浮遊しているプラスチックゴミやオイルボールなどの異物を摂取して腸閉塞で死ぬものが多いかもしれない(具体的な程度については調査がないのでわからない)。これはアメリカの海岸近くに到達する仔ガメがそれで死んでいる様子から類推されているので、日本ウミガメ協会の会長がプラスチックゴミの影響を相対的に軽く評価した講演会での発言は軽率だったと思われる。

東太平洋から回遊して日本の沿岸に戻ってきたアカウミガメの餌場やその周囲の環境はかなり厳しいだろうが、これに関する情報は乏しい。日本のウミガメ保全では、産卵上陸だけ注目しているありかたが問題である。

{漁業による悪影響}
産卵上陸する附近を含む沿岸部の餌場の周辺での漁業活動、すなわち刺網や定置網での混獲死亡について、情報が開示されていないが、断片的な報告を見るだけでも影響の重大さは想像できる。そして東シナ海の大陸棚のアカウミガメの餌場ではトロールや延縄漁が盛んである。
国として、環境省はこのような問題にノータッチであり、水産庁が後ろ向きであって、むしろアオウミガメやタイマイなどを水産資源として漁獲対象にすることを認めている。

日本では産卵していないオサガメは延縄漁業でアカウミガメと同様あるいはそれ以上に大きな影響を受けているようである。日本の遠洋と沖合い漁業、特に延縄漁業が世界中でどのくらいウミガメを混獲しているのか、それに対して対策を講じているかは情報が不明確(隠されているとしか思われない)である。通達で漁業者に注意を促しているが、ただそれだけのことである。漁業セクターにおいて水産庁がウミガメを保護しますよ、というメッセージだけ出しているが、何もやっていないと見られても仕方がないだろう。

最悪の日本に続いているワーストテンは、台湾、スペイン、韓国、フィリピン、インドネシア、タイ、モロッコ、キューバ、赤道ギニア、とされている。これらの上位の各国でも漁業の影響が大きな比重を占めているように思われる。

余談であるが、モロッコでは沿海域のタコ資源を無法な底引き漁業で壊滅状態にした実績がある。その過程でウミガメの混獲死亡と餌場の環境破壊はすさまじかっただろう。そのタコはほとんどが日本で消費されていたはずである。日本人が廉いタコヤキや回転すしネタを楽しんでいた陰で大西洋の各地のタコが獲りつくされ、ウミガメがその巻き添えになっていたわけである。
これに関する面白いブログ。
レッドデータ新規登録:タコ焼き
http://hfh01452.cocolog-nifty.com/notebook/2005/04/post_1.html
このブログで紹介された新聞記事でコメントした水産庁の偉い人は「他人事」、つまりモロッコの漁業者に問題があるといった風であった。しかし、日本人の胃袋を満たすために、水産物の輸入業者が大活躍し、水産庁や外務省がそれを後押しして相手国に様々な経済・技術支援をしている。資源管理の技術支援ではなくて、漁獲技術支援など結果的に乱獲を促すような仕組みになっている。
.....................

以上、日本漁業の全世界での圧力の強さを考えると、それが海の野生動物であるウミガメ類を巻き添えにしている現実に対し、世界的に合意されている希少動物の保全について(先進)国にふさわしい行動をとっていないことが著者の強い反感の元になっているのだろう。

国内の砂浜で産卵に上陸したウミガメの保全に関する取り組みをいくら熱心にやっても、この評価は変わらないだろう。希少種の存続を大きく脅かす、最大の影響をおよぼしているのが日本という国だというメッセージが我々に突きつけられている。国としてそれに反論できるだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-17 13:38 | ウミガメ
<< 'head-start... 単為生殖の話 partheno... >>