beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

'head-starting' 仔ウミガメ放流の経済効果

Sea Turtles: A Complete Guide to Their Biology, Behavior, and Conservation

James R. Spotila著 Johns Hopkins University Press 2004年出版
この本はウミガメ類7種すべてについて、一般向けにわかりやすく解説した好著です。

体裁としては、いわゆるcoffee table bookですが、大きく印刷された美しい写真と
ショッキングな写真を対比させて、読者にインパクトを与えるように工夫されています。
世界的にまとめられたウミガメの情報と数値データがわかりやすく図と表で示されて
いるのもすばらしい点です。ウミガメ保全の国別ランキングのマップがその一つでした。

ウミガメ類の保全研究と活動を献身的に行ってきた各国の主要な人物のプロフィール
が紹介されています(日本人は紹介されていません)。筆者は海外のウミガメ研究者と
接触したことがほとんどない(例外としてハワイのPolovinaとは、南太平洋委員会の
会議でニューカレドニアで一緒になったことがある)ので、著書・論文だけで知っていた
人物に関する生い立ちやウミガメと関わった経緯、その他のエピソードが特に興味深い
ものでした。

故人ですが、ウミガメ類研究の開拓者であるArchie Carrの紹介もありました。海外の
主要なウミガメ研究者はこの人の弟子、孫弟子、ひ孫弟子ばかりです。

Carrが一般読者向けに書いた、本人の研究調査紀行がThe Windward Road:
Adventures of a Naturalist on Remote Caribbean Shores 1956年初版
という本です。筆者は20年くらい前に読んで感銘を受けました。アメリカで数多くのウミ
ガメ研究者が誕生したのは、この本の影響が大きかったと思われます。(もう一冊、
ウミガメ類に関する著書もあるようですが、見落としていたので読んでいません。)

この本の中でKemp's Ridleyというウミガメの産卵場所がわからなくて、それを捜し
求めて旅をするというエピソードがありました。大西洋のアメリカ東海岸に見られる
小型のウミガメですが、1960年代に入るまで上陸する砂浜の産卵場所が不明で、
幻のウミガメだったわけです。

メキシコ湾の産卵場所がわかった頃には、そのごく限られた産卵場所での卵の乱獲で、
このウミガメ集団は壊滅的な状態に陥っていました。その後のメキシコとアメリカ政府に
よる保全活動の経過がSpotilaの本に克明に記されています。産卵場所の保全に関して
メキシコ側、そして餌場であるアメリカ側が密接に協力して、絶滅の縁からギリギリの所
で食い止めたようです。以下に、本の中で書かれた概要を紹介します。

このKemp's Ridleyは、近縁のヒメウミガメと同様に「集団産卵上陸:アリバダ」を行い、
しかも産卵場所が事実上Rancho Nuevoという1箇所だけだったので、人間による卵
の採取の圧力には極めてもろかったようです。地元の住民が獲って食べるだけであれば
問題はないでしょうが、商品として流通するようになった時にはひとたまりもありません。
保全活動が始まった1960年代の年間2000頭から上陸数の減少が続き、1980年代
には300頭未満となり、1990年には成体のメスの総数が約550頭と推定されました。
1990年にアメリカで底引き網からカメが脱出する仕掛けが義務付けられた背景には
この危機状態があったわけです。メキシコでも1995年にそれが義務付けられました。

絶滅が目前と考えたアメリカの関係者は保全のための最後の手段に打って出ました。
生まれた海岸の記憶(刷り込み)があって、親になったウミガメが産卵場所に戻って
次の世代を繋ぐことが推定されていたことを根拠に、アメリカ側にも新しい産卵地を
造っておこう、という計画でした。つまり、メキシコで産卵された卵をアメリカに運んで
孵化させた仔ガメをアメリカ(テキサス)海岸で放流する、というものでした。しかも、
孵化した直後の「初期減耗」を防ぐために、捕食者に食われにくい大きさまで育てて
放流しました。そのために飼育施設を造り、専門の人員を配置したわけです。これは
1978年から1992年まで15年間継続され、全部で22,263頭の仔ガメが放流され、
その総経費(税金の支出)は2,782,875ドルだったそうです。157頁のコラムにその
経過と結果が詳しく紹介されています。

このような稚仔の放流は、日本では水産資源を増やして漁獲量を増大させる目的で
多くの水産動物で実施されていて、全国的に国と各地方自治体の栽培漁業センター
が大量の種苗を生産して、放流事業をやっています。組織的にこれが行われたのは
日本の海の場合は1970年代から、クルマエビを振り出しに行われました。しかし、
日本で行われている多くの水産動物のhead-starting、初期減耗を減らすように
種苗を育てて放流する事業では、その結果が経済的に分析されたことはほとんど
ありません。費用対効果を見積もることが難しい事業であることは確かですが、事業
計画として、何をどのくらいの数量放流するか、そして、その成果は目標数を達成した
かどうか、でしか報告されていません。つまり、本来の目的だった水産資源の増大と
漁獲の増加にどれだけ貢献したか、それは投資した費用に見合っているかどうか、
などの点は一瞥もされないというのが普通です。海外の水産研究者と情報交換する
際に、これについて質問されたことが何度もありましたが、放流効果の検証データが
ないために説明が出来るわけがなく、かなり困りました。

アメリカはさすがです。税金を使って行った事業がどのような結果になり、効果が出た
かどうか検証します。これは当然なことなのですが、日本ではありえない、あっても
お手盛りで都合のよい評価しかしない、失敗や都合の悪いことは表に出しません。
水産庁がオンラインで出した事業報告の自己評価を見るとそれが良くわかります。
失敗を隠すことは後の教訓にならず、同じ間違いが繰り返されることになります。

Kemp's Ridleyのhead-starting事業に話を戻すと、2万頭以上の仔ガメを育てて
放流した結果、全部で15頭(テキサスで13頭、メキシコで2頭)が親になって産卵
したことがわかりました。見逃しもあるかもしれませんが、産卵親1頭を作るための
コストが約2000万円ということがわかれば、これ以上事業を継続する意味が薄れて
しまいます。人為的に新しい集団産卵地を造ることは、結局棚上げされました。
それよりもトロール、延縄や刺網で巻き添えになって死ぬことを防ぎ、メキシコの産卵
場所をしっかりガードする方が効果的であることがわかったのです。実験は当初の
目的を果たせなかったのでしたが、この事業は多くの教訓を残し、社会的に強い啓蒙
効果があったそうです。つまり、対症療法的な手段で野生動物の保全活動を行うこと
の無意味さを浮き彫りにしたことでした。

沖縄では中城湾に生息する希少種、トカゲハゼが埋立て事業で生息場所を失うこと
になって、その養殖と種苗放流、新たな生息場所を造るための人工干潟の造成など、
大きな予算(総額はいくらか?)をもらっています。野生動物の保全としてこれが意味
のあることか、疑問に思っている人が多いはずです。放流しても無駄なトカゲハゼを
ペットにして売ったとしたら1尾いくらで採算レベルか聞いたら、たしか、数十万円か
それ以上と言っていました(設備費、人件費、運営コストのデータを見たいものです)。

埋立て予定地の海草を移植するという同じくアリバイ用環境保全対策費用とあわせれば、
おそらくアメリカの Kemp's Ridley の head-starting 事業以上のお金が宙に消えて
しまったでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-20 09:16 | ウミガメ
<< 後だしジャンケンの自然保護 (再録) 日本がウミガメ保護における世界... >>