beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

後だしジャンケンの自然保護 (再録)

中城湾の埋立て問題を振り返ってみて、現在進行中の宮崎市の海岸で計画されているヘッドランド建設計画がダブって見えるようになった。行政的に予算執行が決められた事業に対して、その問題点を後から指摘して反対運動を始めても、行政側に適当にあしらわれてしまう。

いわゆるTREE HUGGER方式、つまり体を張って事業阻止をやろうとしても「威力業務妨害」を理由に排除されるだけで、何も止めることができない。予算が決まる前に問題を浮き彫りにしておかないと、いつまでも昔の同じ構図のままで、負の遺産を増やし続けることになる。海岸構造物を無理やり全国に造り続けた公共土木建設事業が日本の海辺をどれだけ無様な姿に変え、環境を損なったかは計り知れない。

宮崎県でも希少動物として保護対象となっているウミガメの産卵場所の保全を持ち出しても、行政側はトカゲハゼ方式で逃げるに違いない。つまり、保全に最大限の配慮はします、問題を回避するためにできるだけの対策を講じます、といって見かけだけ、そしてムダで余分な費用をかけるアリバイ工作を続けるだろう。そして、それに対する批判と応答という「後だしジャンケン」の応酬が続くことになるだろう。

ヘッドランド建設の問題は、防災が錦の御旗となっていて、国がほとんどの費用を負担することにある。地元の独自予算だけの事業であれば、選択肢の一つとしてさえも考慮されないはずである。実際、海岸侵食が影響をおよぼしそうな生命と財産として、(赤字の?)有料道路くらいしかない。個人的には、無用の長物以下である(海岸林を損ねてる)この幽霊道路の廃止の良いチャンスが来ていると思っているが、善良な宮崎市民はそのような考え方はしてくれないだろう。

フィーニックス動物園の場所の海岸の様子は、空中写真で見る限りでは、30年以上前からほとんど変化していないようである。侵食が起こっているのは港などを建設したアオリであって、その近辺の砂の沿岸流動が乱れたためである。ヘッドランドを建設すれば、そのアオリを拡大させることが予想される。建設側にしてみれば、結果的に仕事が増え続けるのでハッピーであろうが、税金を喰らって景観と自然を破壊し続けることは市民の利益になるだろうか。台風の高波があるごとに大きく損壊して、そのために「災害復旧」事業が続くだろう。大津波が来たときには波を海岸に向けて増幅させるのではないだろうか。地元には何のメリットもない、余計なお荷物となるに違いない。

下に3年以上前に書いた評論を再掲する。行政による合法的な自然環境破壊と戦うときに、希少生物を盾に取る方式は戦略的に効果がないと考えて、あえて書いた文章である。
(表示したリンク先はすでに切れていて見られないものばかりとなっている)
........................
スマトラ沖のインド洋で2004年12月26日朝、大津波が発生して、莫大な数の死者と行方不明者を出し、2週間以上経過した現在もなお混乱が続いている。この津波はクリスマス休暇のさなかに起こり、発生源にかなり近いタイのビーチリゾートであるプーケットなどを襲ったために、世界中から集まっていた大勢の観光客が惨事に巻き込まれてしまった。この時、インド洋の真ん中にあるイギリス領のサンゴ礁島、ディエゴ・ガルシアに軍事補給基地を持ち(http://www.globalsecurity.org/military/facility/diego-garcia-imagery-3.htm)
、常駐艦隊を配置しているアメリカ軍は即座に津波の警戒態勢に入っていたらしい。しかし、それ以外は、ハワイの津波警報センターや日本の気象庁など環太平洋で警戒態勢を24時間体制でとっている組織も、被害が予想される地域に警報を伝え、避難勧告を出すこともできないままに終わった。後付で警報システムの不備などの問題点が指摘されているが、このような大きな自然災害は、不幸にも誰も予想していない場所で、思いがけないタイミングで繰りかえされている。事後に色々な問題点を指摘することは誰にでもできるが、それでは後だしジャンケンにしかならない。

沖縄近海で大津波が発生したらどうなるだろうか。琉球列島では過去に大地震、大津波が繰り返し起こっていることは改めて指摘するまでもないことだが、沖縄県民の間にはなんら危機感は共有されていないようである。新潟県で最近起こった中越地震でも対岸の火事といった風であり、さらにまた、お隣の台湾でも大地震が起こって大きな被害が再三でているが、それを教訓に生かすような被害防止対策などが考えられているという機運も見られない。それどころか、防災上の危険をわざわざ招くような浅瀬の埋め立てや海岸林の破壊が進められているのが沖縄の現状である。

西表島の北には地震の巣があり、群発地震が活発になっては避難騒ぎが繰り返されている(http://seis.sci.u-ryukyu.ac.jp/hazard/recent_event/20040215/20040215.htm)。
ここでもし大地震が発生して大津波が起こったら、特に西表島の北にある海岸で最近建設された大型リゾートはどうなるだろうか。ここの海岸は鳴き砂の砂浜(http://www.bigai.ne.jp/~miwa/sand/03okiniri.html)であり、ナミノコガイとハマグリの一種が生息している。ナミノコガイが見られるのは八重山ではここだけ、ハマグリ属の貝については現在のところ琉球列島でここだけである。ナミノコガイが生息していることから明らかなように、これは外洋から入ってきた波が絶えず当たって砕けている砂浜である。もしも大津波が湾外から侵入したら、ここではサンゴ礁で守られていないので、海岸部分を一呑みにしてから湾奥の川を駆け上がって内陸の奥まで一気に押し寄せるだろう。この浜の海岸線近くに集落は元々はなかったのが、波よけになるはずの海岸林を切り開いてから、渚の至近距離にホテルの建物が建設されている。

沖縄本島中部の沖縄市沿岸では現在泡瀬干潟の埋め立て工事が進行中である。この干潟の埋め立て予定地内で「貴重な」海草藻場の一部が破壊されるということで、環境に配慮した自然保護の名目で、海草の移植が取りざたされてきた。行政側は学識経験者などを含む環境監視検討委員会を何度も開き、実験移植をあれこれやってきた。このような海草の移植がナンセンスであることは、地元民間のマスコミで取材を続けていた記者の目にも明らかな欺瞞、偽善と映っている(http://www.qab.co.jp/content/n-etc/vol24/index24.html)。埋め立てが実行されて地形が変われば潮流や波当たりが変化するから、海草群落だけに注目しても、その位置や規模が大きく変化するだろう。陸地になる部分にあった海産生物の一部を付近に移動させても、それがどうなるかは埋め立てをやってみないとわからない。そもそも移植実験そのものが無意味なのであるが、そのために莫大な経費と時間を費やしてきたし、実験の結果がどうであれ50億円かけて移植を実行する構えのようである。行政として環境に配慮したという実績アリバイ工作だけのためにである。

泡瀬干潟の埋め立ては、その北側ですでに埋め立てが大規模に行われた「中城新港地区」に関連した航路浚渫の土砂の捨て場として事業主体の国と地元沖縄市との利害が一致して始められた公共事業である。中城湾港事務所が出している土地利用計画図(http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/tochi.html)を見ると、もしそのままできれば、新たな海岸リゾートの創出となる。そして、その周囲では、「新たな人工環境の創出」には熱心に取り組まれるが(http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/aratana.html)、大津波の襲来は全く想定されていないように思われる。

西表のリゾート建設も泡瀬干潟の埋め立ても、地域住民の総意としてこれらの事業が支持されているとは言いがたいだろうが、共に計画段階で地元の行政の長(町長、市長)が熱心に誘致したと言われる。そして、穴のあいている所をうまく突いて、事業は合法的に行われている。たとえば、西表島の場合は、なぜこの海岸が国立公園の中の重要な場所の一つとして保全のための施策の網があらかじめかけられていなかったのか、不思議に思われる。しかし、国立公園の策定時点では、人々の生産活動とぶつからないような配慮がなされ、石垣島の西部海岸にある景勝地でさえ公園地区には組み込まれてこなかったのは地元がそれに反対したからであったと現地で聞いている。

西表のリゾート建設でも泡瀬干潟の埋め立て問題でも、いわゆる「自然保護」を訴え、工事の中止を求める声が上がっている。とりわけその中でも「貴重な」希少生物が損なわれるおそれを訴えている。現場からは新種の植物や動物が次々と「発見」されて記者会見が開かれている。しかし、これらの訴えが一般市民に広く浸透しているとは到底思えない。これはなぜであろうか。これまでの経過を冷静に振り返ると、沿岸開発に反対する自然保護運動が津波のように一般社会で高まらない理由の一つは、事が起こってから後で生物調査などが初めて行われるような、沿岸海洋生物に対する社会的な無関心であろう。そのような状況の中で、調査研究の手が届かず、見過ごされていたに過ぎない希少生物を見つけ出しても、研究者にとってはたしかに学術的に「貴重な」生物かもしれないが、一般社会から見ると、過去に何も価値も縁も無かったものが突如として貴重な存在となることは受け入れられがたいことであろう。そして、一般人の深層心理では、このような後付の訴えは「後だしジャンケン」にしか思えないのではないだろうか。
                                               2005.01.11
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-21 08:15 | 評論
<< バーニーズ仲間 'head-start... >>