beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宮崎市の海岸侵食

宮崎市の海岸侵食問題を受けて、ヘッドランド建設計画が進められていますが、よく調べてみたら、その基本的な根拠が不透明です。

この事業計画について報道されている内容では、宮崎市の海岸が一方的に侵食を受けて陸地が消えるように言われていて、緊急対策が必要であると主張されています。たしかに侵食を受けている部分がありますが、逆に堆積が進んでいるところがあります。河川から海に運ばれている土砂がダムなどでせき止められて減っているとも言われていますが、流域の山間部では斜面崩壊が続いていて、主な河川の河床は高まっているようなので、この点も本当かどうか検証を要します。とにかく事業を進めるために好都合な情報だけを表に出していて、不都合なことが隠されているように思えてなりません。河川や港湾で溜まりこんでいて、浚渫したい土砂の処分事業としてヘッドランド建設とそれに付随する「養浜」、つまりヘッドランドだけでは侵食は止まらないので砂を投入し続ける事業をセットでやりたいという政治的力学が働いているように見えます。

建設が計画されている海岸部の空中写真をオンラインでダウンロードしてみることが出来ます。国土地理院が提供している「国土画像情報」
http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html
そして、海上保安庁が提供している「空中写真閲覧システム」
http://www4.kaiho.mlit.go.jp:8082/Air_code/INDEX/s_index00.htm
があって、問題の海岸部は前者で1974年撮影、後者で1993年撮影の画像があります。
それ以外にも、有料ですが、空中写真センターから過去に繰り返し撮影された画像があって、米軍が太平洋戦争当時に撮影した写真も入手可能です。

ここでは1974年と1993年の画像を比較して、何が起こっていたのかを眺めて見ます。
この海岸には一ツ葉道路の北線が走っていて、それは丁度1974年に供用開始されています。
1974年の空中写真には道路を走る車が写っています。

この道路が宮崎港の脇を通って海岸沿いに出るあたりからシーガイアにかけての海岸侵食が激しいようです。1993年の空中写真には侵食対策としての離岸堤が並んでいます。
1974年と1993年の写真を並べて見比べると、海岸の激しい変化がよくわかります。
e0094349_1033214.jpg

一方、この道路がさらに北上して動物園の脇を抜けてから佐土原方面の内陸部に向かう部分では、下の比較写真のようにほとんど変化していません。植林が進んでいて海岸の様子が少し変化していますが、海岸線が後退しているとは思われません。
e0094349_10352679.jpg

この動物園下の浜は自分の眼で最近の状態を見てきましたが、1993年当時の空中写真の姿とほとんど変化がないように思われました。

河口の入り江を改造して、沖に長大な堤防を伸ばしている宮崎港の現在の姿は、1970年代に工事がはじまり、1980年代に出来上がったようです。県のHPで宮崎港の建設の様子が空中写真で時系列で示されています。宮崎港の沿革(PDFファイル:1,362KB)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000036170.pdf
昭和62年(1987)の写真では港の本体は完成していて、その後に周辺のマリーナや海水浴場が整備された様子が伺えます。

1974年と1993年の空中写真映像の比較で、海岸侵食は宮崎港の建設と密接な関係があり、港湾に近い部分の海岸で激しく進んできたことは明瞭です。沿岸部を海岸に平行に流動する砂の動きを遮断した結果だったことは確かでしょう。しかし、その影響はどうやら北に離れるにしたがい弱まっているようです。また、道路を海岸に至近距離で建設して、それをコンクリート護岸でガードしたことが海岸部の砂を沖に追いやっている可能性も考えられます。

以上のように、侵食の実態は複雑な姿を示しているようであり、海岸が一方的に侵食を受けていると考えることについて疑問が湧きます。事業を進めようとして準備している国が、以上のような情報を知らないはずはありません。計画立案段階で詳しい検討を重ねてきたはずです。確保した予算を執行することは官僚の責務ですが、その事業の根拠とされている侵食現象そのものについてしっかりした検討をやってきたのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-23 11:00 | 海岸
<< 砂浜の砂の変化:ビーチサイクル... ハマナタマメの実がなった豆 >>