beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂浜の砂の変化:ビーチサイクルと海岸侵食

海岸侵食、すなわち陸側への海と陸の境界線の後退は砂浜の消失と一緒くたにされているようだが、護岸建設に伴った砂浜の消失はそれとは別の問題として考える必要がある。海岸侵食を食い止める目的で護岸が建設された日本中の多くの砂浜で、建設前にあった砂浜が消えていることは何を意味しているのだろうか。陸地の侵食を防ぐことが結果的に砂浜を失うことになる、と見えるのは錯覚であろうか。

海岸の砂の堆積sedimentationと侵食erosionをもたらす様々な力は絶えず変化しているが、その中で重要なことは、たまに来る強い嵐による波浪と流動の影響であろう。ある砂浜における砂の供給と消失とが長期的にバランスを保っているとして、そのバランスを一時的に大きく崩すからである。護岸の建設は、そのような一時的な撹乱を嫌って、それを防止することを目的に行われていると考えられる。他の要因(たとえば沖合いでの海砂の大量採取)が加わってしまい、回復力が働かないで一方的な海岸侵食が起こっているところもあるだろうが、宮崎県の海岸ではそのようなことは起こっていないだろう。河川から海に流出する土砂の量が減少することもバランスを崩す要因になるだろうが、宮崎の河川はむしろ河床が山地の斜面崩壊由来の堆積土砂でかさ上げされていることから、逆に増大しているのではないだろうか。

一時的に海浜の堆積物、つまり砂を沖に運んで砂浜を減少させる嵐は大昔から繰り返されている。宮崎市の海岸は、その地勢的な特徴が幸いしているので砂浜の大きな変化は他の地域と比べて起こりにくいと考えられる。沖に向かって表層流を強めるような冬の季節風(北西風の嵐)は九州山地が緩めてくれている。夏の台風で西よりの風になる場合、すなわち東側沖を北上するときは勢力の弱い台風の眼の西側に海岸がある。東よりの風が吹くコースでは沖に向かって砂を運ぶ沿岸流動は比較的軽くなるだろう。したがって、稀にある直撃コースの台風以外で砂浜の様子が激変することはまずないと思われる。実際、現時点でコンクリート構造物が少ない海岸(串間市の石波海岸や日向市の小倉ヶ浜)を空中写真でみると、40年くらい昔の砂浜の姿をだいたいそのまま維持しているようである。

砂浜海岸は地質・地形(特に地盤の傾斜)、方向、気象条件、その他の多くの要素の影響を受けるので、どれも個性豊かである。海岸の姿は多様であり、変動因子が複雑でモデル計算をするパラメータを決めることも容易ではない。そこで、じっくり時間をかけて海浜の変化を観察して記述し、それに関わる要因について考察することが必要である。アメリカでは軍が海岸での上陸作戦のための情報収集を昔からやっている。その中で、広く一般的に見られる砂浜の周期的な変化としてbeach cycle という概念が出来上がっている。これはアメリカの西側カリフォルニア沿岸と東側のニューイングランド沿岸、そして五大湖の中のミシガン湖で長期的に詳しく研究された結果である。アメリカの海岸の結果をそのまま宮崎の海岸に当てはめることはできないが、一般的にどこでも共通して認められた事象は応用が利くだろう。Beach cycle はその一つだろうと思っているが、残念ながら日本の海岸でこれが詳しく調べられていないようである。ただし、海辺で暮らしていて、海岸に慣れ親しんでいる人々は、このサイクルを体験的に理解しているだろう。つまり、嵐で砂浜が一時的に縮小することがあるが、次第に元の状態に戻る、ということである。その過程で砂の移動がどうなっているかを知るために、嵐の前後でのビーチのプロファイル(断面の輪郭)の変化を調べたデータを紹介する。1970年台初期の古い報告であるが、示唆に富んでいる。

Forms of Sediment Accumulation in the Beach Zone. by M. O. Hayes, pp. 297-356.
In Waves on Beaches and Resulting Sediment Transport, edited by R. E. Meyer
Academic Press 1972 (Proceedings of an Advanced Seminar Conducted by the Mathematics Research Center, The University of Wisconsin, and the Coastal Engineering Research Center U. S. Army, at Madison, October 11-13, 1971.)
下に示した模式図と写真は本の中からスキャンして示した。
e0094349_18133315.jpg

上はニューイングランドの冬の嵐で平坦化された傾斜面(5日)から次第に堆積が進んだ様子と、その下はその後に27-28日の嵐で再び平坦化が進んで行った様子を示した。
e0094349_18145025.jpg

上の写真は春の嵐で平坦化された砂浜の様子(上空から見た写真で、手前が海側、)、
下の写真は堆積が進んでいた夏の様子であり、ridge-and-runnel システムと呼ばれる海岸構造が形成されている(今年の小倉ヶ浜は台風がこないまま、これに似た地形になっている)。
e0094349_18152329.jpg

上の図は25-26日の嵐で侵食を受け、平坦なプロファイルになった後で海岸の砂浜が夏の間に回復した様子を示した。砂浜のridgeがゆっくり陸側に移動した。

上でわかるように低潮線から上の波が覆いかぶるゾーンでは、海が穏やかな時期に砂が堆積して盛り上がるが、一過性の嵐で一気に平坦化される、ということが砂浜海岸では繰り返されている。アメリカ北東海岸の場合は、冬か春に嵐があり、夏は静穏であるから、このようなサイクルが季節的に繰り返される。宮崎の海岸の場合は、嵐の時期が主に夏の台風として不定期にやってきて、海岸の様子が変化すると考えればよいだろう。

もしビーチサイクルの侵食の力を護岸で食い止めようとしたらどうなるだろうか。たしかに内陸部の地形は守られるだろう。しかし、波が海岸の砂浜の斜面で崩れてエネルギーを失うはずのところを護岸が跳ね返してしまうだろう。その結果、護岸の周辺の砂は巻き上げられ、沿岸流と離岸流で岸から沖へと運び去られてしまうだろう。その後、嵐がなくても護岸に常時うねりの波が当たるような状態であれば、砂が沖から戻って浜に堆積するようにならないまま、砂浜が失われてしまうのではないか。護岸の建設と砂浜の消失の因果関係として、このような背景があるのではないかと思われる。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-24 18:15 | 海岸
<< 宮崎市の海岸の変化 宮崎市の海岸侵食 >>