beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宮崎市の海岸の変化

宮崎港が建設された後で附近の沿岸で砂浜の侵食と堆積パターンが変化したこと、そして港の北側で侵食が激しく進んだこと、を押さえて、その上で、港の影響が北側でどこまで波及したかを空中写真の画像から読み取ろうと考えた。そのためには、最新の画像とより古い画像を一緒に見ながら考察する必要があるが、とりあえず1974年に撮影された港の建設前の画像とそれから19年経過した1993年の画像で比較してみた。代表的な2箇所についてはすでにクローズアップしたが、ここでは大淀川と一ツ瀬川の間の全体像はどうなっていたかを見て変化を比べる。

全長が17~18キロあるわりあい単調な砂浜海岸であった、その南端の河口部で港が建設された。過去の大淀川の河口部には砂州が伸びてバリヤーとなって内側に小さなラグーンを形成している。一ツ瀬川の方は宮崎川では規模が小さいが河口の北側に現在でもラグーンがある。このようなラグーン形成のパターンは、沿岸の漂砂(海岸に平行して移動する砂の動き)が北向けに卓越していることを意味しているだろう。宮崎港のすぐ北側で侵食が進んだことも、それを裏付けている。侵食された部分の砂が運ばれてから、どこにどのように堆積したかはわからない。一ツ瀬川の河口の両側には導流堤が建設されていて、1974年と1993年の写真で同様にその南側に砂が堆積している様子が読み取れる(現在はこの砂浜が消えているそうである)。

1993年の写真は海岸線に沿って飛びながら連続的に撮影された写真で、複数の写真を重ね合わせて繋ぎ合わせることができる。しかし、1974年の空中写真は海岸線に直角に飛んだ航空機の上から撮影されているので、南北の海岸線全体を複数の飛行コースでカバーしている。この部分では撮影高度のばらつきのため、ぴったりと重ねあわせすることが難しい。便宜的に一つ葉道路が海岸を離れる(料金所と動物園附近)から北側と南側の二つに分割して示した。
e0094349_8222654.jpg
e0094349_8224253.jpg

北側の海岸部分では海岸線全体で砂浜の変化はほとんど見られないが、南側、特にシーガイアが出来てゴルフコースが拡張された部分までの砂浜が1993年の写真で見ると狭くなっていること、そしてそのような場所では全体的に護岸が建設されていることが読み取れる。港に近い場所では離岸堤が並んでいる。

幅のある傾斜護岸や階段護岸は空中写真で明瞭に見えるが、垂直護岸ははっきり見えない。したがって垂直護岸の建設と砂浜の関係を読み取ることは出来ないが、幅広い護岸の建設と砂浜の消失は密接に関係している。普通に考えると、砂浜の侵食が進んだので、それを食い止めるために護岸が建設されたということになる。しかし、1993年の写真で離岸堤の部分では砂が堆積している様子が見えている。

空中写真が撮影された1974年から1993年の間に宮崎の沿岸を襲った台風で、強い勢力を保っていた(950ヘクトパスカル以上)ものを台風データベース情報サイトから抽出してみた。
デジタル台風:台風画像と台風情報 (http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/)

1975 05 
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/197505.html.ja
1978 08
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/197808.html.ja
1979 16
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/197916.html.ja
1980 19
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/198019.html.ja
1982 19
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/198219.html.ja
1989 11
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/198911.html.ja
1990 19
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/199019.html.ja
1990 20
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/199020.html.ja
1992 10
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/summary/wnp/s/199210.html.ja

宮崎の護岸建設はこのような台風襲来による砂浜侵食を受けて進められたと想像できる。
これらの台風は動物園の北側と南側で同様な力をおよぼしていただろうが、砂浜の侵食が南側で北側より激しかったかどうかを知るためには、途中の時期の空中写真を見る必要がある。結果的に言えば、北側ではこのように多くの台風の直撃が繰り返されても海岸線の砂浜には大きな変化は生じていなかった、と思われる。

http://henge.bio.miami.edu/coastalecology/windermere/Sea_walls_2006_condensed%5B1%5D.pdf
同様な内容で下のURLにも情報があります。
http://www.cavehill.uwi.edu/bnccde/bahamas/conference/papers/sealey.html

Neil Sealey: Coastal Erosion and Sea Wall Construction in The Bahamas - Walls will not stop shoreline erosion, and they will probably increase it at the same time that they remove another amenity, namely the sandy beach on which the economy depends! As the sea walls considered here are almost exclusively ...

護岸が砂浜の消失につながることが丁寧に説明されていて、護岸に代わる砂浜海岸の保全についていろいろな対策が示されています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-25 09:05 | 海岸
<< 堆積環境にある小倉ヶ浜 砂浜の砂の変化:ビーチサイクル... >>