beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

堆積環境にある小倉ヶ浜

今朝6時頃の小倉ヶ浜です。夏の間嵐がなく、安定した波がridgeを造っています。
e0094349_7485782.jpg

潮位予報:干潮 8:07 (54cm) 満潮 15:51 (162cm) 、この時点で干潮前約2時間で、最干潮の潮位とさほど違わない(つまり干潮状態です、最干潮の前後2時間が干潮時間であると思ってよい)。
e0094349_7573860.jpg

北の塩見川の河口を向いて遠景をみると潮間帯に独特の砂浜構造がみられます。つまり、砂が海岸に平行にデコボコの峰と谷を繰り返しています。沖の方の高まりがサンドバーです。

嵐が来ると、侵食でこのような構造が平坦化され、沖側に砂が堆積します。穏やかな海でうねりが安定的に続くと、再びウネウネしだして、高まりの列が岸のほうにゆっくりと移動するわけです。これがビーチサイクルと呼ばれます。
e0094349_834882.jpg

小倉ヶ浜は幸い侵食よりも堆積が勝っている砂浜であって、海岸林が陸地をしっかり守っているのにもかかわらず余計な護岸がわざわざ建設されていますが、それを砂が覆っています。小倉ヶ浜が遠浅で傾斜がゆるい海岸であるおかげで、護岸まで大波が届くのは嵐の時だけです。今年はそれがなかったので、護岸の上に堆積した砂の上に海岸植物がよく育っています。

赤岩川の河口では、嵐が来たときに護岸の一部が損壊しています。海岸の砂も一時的にかなり侵食されているはずです。しかし、古い空中写真を見ると、40年近く前の状態が(人間が手を加えた部分を除いて)今でも保たれています。繰り返しきた嵐の波浪で激しい砂浜の侵食があっても、そのたびに自然に修復されていた証拠と思われます。この場所に多額の税金を投じてコンクリート護岸を建設した行政はおつむがおかしかったと思います。

小倉ヶ浜が堆積傾向にあることは、ちょっとした謎です。この海岸に流れ込む河川は3本あって、北から塩見川、赤岩川そして吉野川ですが、どれも小さな川であって、流域面積が限られています。雨が降らないと吉野川の河口は海辺で伏流して消え、流量が多いときでも河口で膝までの深さです。赤岩川も似たようなもので、腰までの深さしかありません。塩見川が主要河川ですが、これも耳川や五十鈴川に比べるとごく小さい川です。つまり、これらの河川が浜に運んでいる土砂の量が大きいとは思われないし、浜の北側には自然のヘッドランドである日向岬があり、南側も、となりの金ヶ浜との間に小さいながら岬が突き出ています。二つの自然のヘッドランドで仕切られた中にあって、運ばれている砂が少なければ侵食傾向になっていても不思議ではありません。五十鈴川にはダムがありませんが耳川には多数のダムがありますから、理屈では耳川から運び出されている土砂は減っているはずです。耳川から出た土砂が北上して小倉ヶ浜に補給されているかどうかわかりませんが、金ヶ浜の北には海岸侵食対策としての離岸堤が建設されているので、おそらく来ていないのでしょう。

海岸侵食と砂浜侵食をごっちゃにして、一時的に侵食がおこるがその後に回復する砂浜にコンクリート護岸を建設することは、結果的に砂浜の消失を招くおそれがあります。小倉ヶ浜の護岸は明らかに間違っているし、嵐による砂浜侵食を増幅させる恐れがあります。市の天然記念物に指定されているアカウミガメの産卵の障害にもなっているようであり、国の認定した渚百選としてのすばらしい自然景観をぶち壊しているので、行政には小倉ヶ浜から護岸を撤去する責任があると思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-26 08:25 | 海岸
<< 雨の日 宮崎市の海岸の変化 >>